« 激レアなカップ麺2つを食べてみた | トップページ | ソーダストリームの購入を躊躇した理由 »

今夏は家の周りで怪奇現象が多発

今年の夏はほんとうに暑かったですねぇ。
ボクは寒いよりも暑い方がまだ耐えられる体質だと思っているのですが
それでも体温を超える気温が毎日続くような時にはさすがに閉口しました。
そんな時はさすがにエアコンが欲しくなるわけですが
リビングのエアコンの能力不足で役立たずで買い替えたことは
この時の記事に書いた通りです。

おかげで熱中症にもならず、また夏バテにもならずに
今月さえしのげは無事に早期リタイア1周年をむかえられそうです(笑)
まぁまだ残暑がきびしい日もあるかもしれませんけどね。

と、自分の体調そのものには問題なかったものの
怪奇現象というほどでもないですが
家の周りのモノで不調になってしまったものがあり、
もしかしたらその原因が今年の酷暑にあったのかもと思える部分がありますので
それらについてちょっと紹介しようと思います。

 

まず、人感センサの誤作動が連発するようになりました。
特に酷かったのが玄関周りに取り付けていた防犯カメラです。

防犯カメラの録画は常時録画でなく
人感センサ(赤外線感知)での録画に設定しています。
他にも動体感知での録画(画像の変化?)も設定できるのですが
虫(特に蜘蛛)や明暗変化などにも反応して誤検知が多いので
人感センサ方式だけにしています。
それも、自宅前の道路を通る人や車にも反応してしまうので
センサー部分の一部をビニールテープで隠して
玄関前に入ってくる人(動物)のみ感知して録画するように工夫してあります。

玄関はいちおう北側を向いているのですが日が高い時には
玄関前やそこに上がる階段などには直射日光が射し込まれます。
そこで、今年の猛暑日などの時には人感センサが誤作動して
誰もいないはずなのに延々とカメラが録画状態になるということが発生しました。
カメラに映らない何かの霊か?なんてことは思いませんでしたけどね(笑)

必ず猛暑日など暑くて日射が強い日だけその症状になりますし
別の日陰の場所に向けていてるカメラではその症状は出なかったので
おそらく日射の当たった路面の温度が高過ぎて
赤外線センサが誤作動してしまったのが原因でしょうね。

まぁ、大きな損失があったわけではないのでどうでもよいのですが。。。

 

また、家の中の廊下、階段、トイレなどにも
人感センサ付きのLED照明を取り付けているのですが、
それらの誤作動もたびたび発生していました。
これらは人感センサ(赤外線センサ)以外にも照度センサも付いていて
明るい時にはライトは付かないようになっているはずなのですが
なぜか熱帯夜などの時に誰もいないのに
いつまでも点きっぱなしになることがあったんです。

最初は誰か居るの?と一瞬ビビリましたが
まっそんなことはないはずなので夜眠れないなんてこともありませんでした(笑)

おそらくこれらは床面などの温度が高過ぎて人感センサが誤作動したというより
LED照明周辺の温度が高過ぎて制御基板が
熱暴走状態になってしまっていたのかもしれません。
これは元スイッチを切ってしばらく放置しておくとまた正常に戻ります。

ですから、これまた損失はほんの僅かだけ電気代が無駄になったくらいなので
どうでもよいと言えばどうでもよいのですけどね。

 

最後のは、これまた防犯カメラについてのことなんですけど、
ある時からカメラ側と本体(操作・録画保存など)との通信が不能になってしまいました。
2箇所につけているカメラのうち最初は1つだけだったのですが
しばらくすると2つともダメになってしまいました。

今までも一瞬通信不能になることがあってもすぐに回復していたのですが
今回はそのままずーと通信不能になってしまっていて
アンテナの角度調整や端子の接触などを確認しても復活する気配すらありません。
もちろん、カメラまで電源が通じていることはカメラ本体のインジケータで確認済みです。

なんだか家全体が怪電波に包まれてしまったのか?
なんてこともないはずですがなかなか原因が掴めずに苦労しました。

この防犯カメラ一式はこの時に買ったものでカメラ4個がセットになってますが
ボクはそのうちの2個しかカメラを使用していなかったので
未使用のカメラなどを使ったりしてあれこれ確認してみると……

 

B180830_1
なんと、電源ACアダプターの故障と判明しました。
定格5.0V出力のACアダプターなのですが
なぜか4.6V(無負荷時)しか出力してないのです。
ちなみに正常のACアダプターで測ってみると5.3Vありました。

 

DC出力はしているのでカメラ本体のインジケータは点灯していても
電圧が低くてきちんと作動できていないか
電波出力が弱くて通信不能になってしまったのでしょう。

 

では、どうしてACアダプターが逝かれてしまったのでしょうか?
2つのカメラは使用開始時期も違いますし、動作頻度も違います。
なのに相次いで同時期に逝っちゃったのは何か共通の原因があるのでしょう。
と、考えるとやはりこの夏の酷暑が影響しているのではないかと想像しちゃいます。

この辺にはあまり詳しくないのであくまでも想像でしかありませんが
そもそも十分な余裕のある設計でなく経年劣化が進んでいたところに
想定外の高温環境下での使用が続いたために内部素子がパンクしたとか
そんなところではないでしょうかね。
もっとも3年も使っていないのに経年劣化というのもおかしいですが。
出力がまったくなくなったのではなく電圧が低くなったというのもよく分かりませんが。

とりあえず、予備というか使っていないカメラ用のACアダプターに
取り換えて事なきを得ていますが、
これでまた数年、あるいは酷暑のたびに壊れてしまうのは勘弁してほしいです。
まぁその時は別のACアダプターを流用するしかなさそうですけどね。
5V出力なら家の中を探せば幾つか出てくるとは思いますしね。

|

« 激レアなカップ麺2つを食べてみた | トップページ | ソーダストリームの購入を躊躇した理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夏は家の周りで怪奇現象が多発:

« 激レアなカップ麺2つを食べてみた | トップページ | ソーダストリームの購入を躊躇した理由 »