今年もコンビニ納税、ついでにセブンの「豚玉&焼きそば」

備忘録として書いておきましょう。
B210517_1 
今年も自宅の固定資産税(+都市計画税)と自動車税(+軽自動車税)を
コンビニで一括で期限内にニコニコ現金払いしてきました(笑)
昨日のことですけどね。

車輪モノのラインナップは不変なので昨年同様ということなんですが
厳密に言うと自宅の固定資産税は600円ほど減って少しだけ楽になりました。
まぁそんだけ自宅の評価価値が下がったとも言えるわけですが
別に自分の家や土地を資産と見なしているわけでもないので税金が安くなるのは歓迎です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

文庫「伊集院大介の私生活」栗本薫著を読了

B210513_7 
講談社文庫の「伊集院大介の私生活」栗本薫著を読みました。
昭和63年(1988年)発行のやたら古い本ですが
おそらくリサイクルショップで何年も前、たぶん早期リタイアよりずいぶん前に
何を思ったのか適当に手に取ってしまった本だと思います。

その後、随分と放置状態でしたが、前回読了の本と“伊集院”つながりで読んでみました。
ただ、伊集院大介って誰? 伊集院静ではないしもちろん雑学芸人の伊集院光でもないし(笑)
誰だか知らないけど“私生活”、しかも昭和の頃のを覗き見するのも面白いと思って買ったのかな

» 続きを読む

| | コメント (2)

キッチンカウンタの化粧板が浮いてきたので簡単修理してみた

自宅のダイニングキッチンはシンク等がダイニングの方を向いている対面キッチンではありません。
まっ独り身なので家族の顔を見ながら料理するわけでもなく対面キッチンの必要は全くないですね。
シンクや(IH)コンロは壁や窓に向かって設置されていて反対側には戸棚・食器棚がありますが
そこがセミオープン・タイプというのか、中抜けでカウンター台になっているというレイアウトです。

B210425_07 B210425_08 
安造りの家ですからそのカウンター台も合板に化粧板を貼り付けただけのものなのですが
その化粧版の接着が剥がれてきて浮き上がってきてしまってます。
中古購入時にすでに剥がれていたのですが年々と進行していって酷くなってきたようです。

普通はそんなに剥がれるものでもない気がしますけど
水分や熱の影響や調味料・調味油などの化学反応の影響などがあるんでしょうかねぇ。
少なくともボクはそんなに濡らしたり熱い鍋を置いたりはしてないんですけどね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

日清食品どん兵衛×U.F.O.スワップ・カップ麺がまずかった件。

B210511_06 B210511_03 
日清食品・NISSINの変などん兵衛と変なU.F.O.を買ってみました。
何が変かというと、「~~件。」ってな商品名だかなんだか意味不明な書き方されていることです。
「~~の件、了解です。」とか「~~の件、実はこれこれのことです。」とか
その後に文章が続く使い方をするのが普通ではないかと思うのですが
それを「。」で留めるというのは言葉遊びなのでしょうけど鼻につくというかいやらしいですな。
ボクもいやらしい人間なので今日のブログのタイトルに使わせていただきました(笑)

左:45周年限定商品ANNIVERSARY どん兵衛をU.F.O.ソースで作ったらうまかった件。
  濃い濃い濃厚ソース焼うどん 七味がピリリ!U.F.O.ふりかけ付き
右:45周年限定商品ANNIVERSARY U.F.O.を日清のどん兵衛だしで作ったらうまかった件。
  だし醤油きつね焼そば だしの風味と七味香るどん兵衛マヨ付き
だそうです。どちらもスーパーマーケット・とりせんで税別118円で買いました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

単行本「ひとりをたのしむ 大人の流儀10」伊集院静著を読了

B210507_1 
単行本ということになってますがほぼ新書サイズとなっている本です。
ただ中身より表紙が僅かに大きかったり、スピン(しおり紐)が付いていたりしている形質の本です。
ボクは「ひとりを楽しむための10の心得」みたいななかば実用書的な本かなと思って
ひとりを楽しんでいるボクには今さらですがその検証も兼ねて読んでみようと買ったものです。
けれども、実際には週刊現代に載せたエッセイ集を単行本化したものでした。
さらに「大人の流儀」シリーズとなっていてその第10弾がこの本ということのようです。

ちなみに、ボクは伊集院静という人と名前はおぼろげに知っていましたけど
そのほとんどは夏目雅子の旦那さんだった人という認識でしかなく
今までに伊集院静著の小説もその他の書物も読んだことはありませんでした。
けど、伊集院静は伊達歩の名前で「ギンギラギンにさりげなく」などの作詞もしてたんですね。
このエッセイでもマッチが登場してきますけど今のお騒がせ事情までは予測されてなかったのでしょう。
それをいうなら、ゴルフの松山英樹への称賛も書かれてますがまだマスターズ制覇の前までのことです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

銀河鉄道999メーテル缶をペンスタンドに加工してみた

この記事でも紹介した「銀河鉄道999メーテルのヴァイツェン」という缶ビール、
パッケージデザインのメーテルに魅惑させられるように買って飲んでみると
とっても美味しくてお値段以上の大満足だったのですが、
せっかくの妖艶なメーテルの空き缶をただ潰して資源ゴミとして出しちゃうのは惜しまれます。

というわけで、
B210510_3 
黄色矢印のように缶の上蓋にあたる部分を切り取ってペンケース等に活用できるようにしてみました。
今、売り切れ続出で話題のアサヒ・生ジョッキ缶なら蓋をパカーンと開けて
飲み干せばそのままペンケースにできるんですけどね(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

日清食品の「伝説のラー油蕎麦 虎ノ門 港屋」を実食

B210503_09 B210503_05 
日清食品・NISSINの「dancyu食いしん坊倶楽部推薦!! 著名人も愛した伝説のラー油蕎麦 虎ノ門港屋」
“dancyu”って何? “食いしん坊倶楽部”って何? 著名人って誰? 伝説ってどんだけ?
という突っ込みどころ満載のような謳い文句のカップ麺を買って食べてみました。
セブンイレブンで税別215円で買いました。

そもそも蕎麦は蕎麦そのものの風味をじっくり堪能したいのでラー油とか邪道だと思っているのですが
まぁカップ麺だと小麦粉の方が多いなんちゃって蕎麦ですから蕎麦の風味がどうのこうのではないので
こんなゲテモノ趣味の蕎麦でもB級グルメ的ジャンクフードとしてはアリかなと思いますが……
なんてことを前にもこの記事この記事で書いてますな。
奇しくもすべて日清食品のカップ麺なわけですが、これって要するに同系列ってことですかね。

» 続きを読む

| | コメント (2)

エースコック「四つ葉ブラック」を実食

B210505_1
エースコック・ACeCOOKの一度は食べたい名店の味シリーズの
「埼玉・川島町 中華そば 四つ葉ブラック 濃厚醤油ラーメン」です。
「最寄駅から歩いて90分のラーメン店 熱湯3分で行列回避!?」だそうです(笑)
スーパーのベルクで税別188円でした。

埼玉県川島町ってどこだっけ?秩父の山の中かなとか想像したら東松山市と川越市の間くらいですかorz
ここなら自宅から60kmもないのでクルマかオートバイなら行ける距離ですし
最寄駅から90分も歩くより近いですね。まぁおそらくそんな人はいないでしょうが。
とはいえ、この時節でなくとも行列並んでまでラーメン食べたいとは思わないので行きませんけどね。

» 続きを読む

| | コメント (2)

新書「つながり過ぎた世界の先に」M.ガブリエル著を読了

B210422_10 
PHP新書の「つながり過ぎた世界の先に」マルクス・ガブリエル著
  大野和基インタビュー・編 髙田亜樹訳を読みました。
著者はドイツ在住の哲学者ですが、1980年生まれなので比較的若い方です。
NHK Eテレの「欲望の時代の哲学」などの番組にも出演していたようで
ボクも何度か見かけていて顔と名前くらいは知っていました。
といいますか、この「自由の限界」という本でもインタビューされていた方ですね。

タイトルの“つながり過ぎた”というのはグローバル資本主義を指しているのは明らかでしょうが
著者は本書の中でソーシャルメディア批判もかなりしていますからSNSによる個人のつながりも指し
またウイルスとのつながり、経済だけでなく国と国のつながり(対立)などにも言及しています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢崎空襲の遺構の移設がとっくに完了していた他

昨年の夏に、取り壊される前に見ておこうと思った「伊勢崎空襲の遺構であるレンガ塀」ですが
その後どうなったのかすっかり忘れてしまっていました。
そのあたりは散歩圏内なんですが、最近は散歩をさぼりがちだったことと
もともとそのあたりは散歩の定番コースから外れているところなので疎かになってました。

A201119_1 
とはいえ、昨年の秋ごろにはなにやら発掘調査なども行われていたのは目撃していたんですけどね。
どうやら伊勢崎城跡の何かのようですが詳しくは分かりません。
ちなみに、伊勢崎城の本丸はここより西の今の伊勢崎市民図書館のあたりらしいです。

» 続きを読む

| | コメント (2)

サンポーのばりよか「担々麺」と「ちゃんぽん」を実食

スーパーのベイシアで一気買いした関西以西のメーカーのカップ麺は
先日の記事のイトメンですべて紹介し終わったのですが、
それとは別に近くのスーパー・ベルクでサンポー(佐賀県)のカップ麺が売られていたので
これまた物珍しさに釣られて買ってきてしまいました。

B210412_4B210412_1  
左:サンポー食品「ばりよか 担々麺 ゴマと花椒のピリ辛スープ」税別88円
右:サンポー食品「ばりよか ちゃんぽん 魚介と野菜のコクのあるスープ」税別88円です。

サンポー食品のカップ麺はこの時に定番の焼豚とぐるり九州麺シリーズのを紹介しましたが
この「ばりよか」シリーズはどうやらサンポーの中では廉価版という位置づけのようです。
確かに地元周辺ではなくそれなりに輸送費もかかるであろう割には格安で売られてました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

新書「マスクをするサル」を読了

B210501_7 
新潮新書の「マスクをするサル」正高信男著を読みました。
ここで“サル”という表現には人間より下等動物と見なして小馬鹿にする意味合いはありません。
著者が霊長類学者であることから人類と遺伝的に近縁であるサルを持ち出すことにより
人類の遺伝的な特徴・特質をサルとして表現しているというこになります。

なので、「はじめに」の冒頭にも以下のように断りが書いてあります。
                                  (以下引用)
 だから、この本は、外出時にマスクを着用することを揶揄しているものではないこと
を、まずお断りしておく。
 かと言って、マスクをせずに電車やバスに乗ったり、お店で食事したりすることを是
認するのが目的でもない。ましてマスクを着用しない客の入店を禁止することの、妥当
性を論ずるものでもない。                     (引用終わり)

» 続きを読む

| | コメント (0)

«スーパーの駐車場での交通事故目撃やヒヤリハットなど