軽トラに4気筒エンジンは要らない

このスバル・カテゴリーでは前回記事まで軽トラの理想はRR、四独サスではないと書いてきました。
今回は予告通り軽トラの理想は4気筒エンジンではないということをさらっと書いておきましょう。

もっともボクはエンジンについては門外漢ですからあまりエンジニアリング的にどうこう書けませんし
だからその点ではあくまでも一般論的な話しかできませんので、
おそらく皆さんの予想通りの展開と結論で終わってしまうでしょう。

そう、結論から書けば、軽トラに4気筒エンジンは過剰でメリットはほとんどなく
3気筒で十分というか、それが適しているということになります。

660ccで4気筒にすると1気筒当たりの燃焼室が小さくなりすぎて熱損失が大きくなるし
4気筒より3気筒の方が吸排気の効率も良くなります。
部品点数、特に可動部の部品が多くなるので摩擦損失が大きくなります。
つまり、一般論としては燃費が悪くなるわけです。

それに部品点数も多くなるということはコストアップや重量アップになりますし
車幅が限られた軽自動車に横置き搭載するにも4気筒は不利で設計自由度も制限され
それによりまた余計に性能の妥協を強いられたりコストアップにつながったりします。

なお、2気筒でも軽トラは大丈夫な気がしますが軽乗用車と共通にするなら3気筒が良いでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

単行本「ホモ・デウス」上・下 を読了

B210415_1 B210420_3 
前回紹介の「サピエンス全史」上・下に続いてその続編にあたる
同じ河出書房新社の「ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来」」上・下
 ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳を読みました。
これもサピエンス全史と一緒に、つまり4冊まとめて買ったものです。

そして、この本も表紙カバーの袖(折り返しの部分)に次のように紹介されてます。
上巻の部分だけ引用しておきましょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

前回の韓国製カップ麺と同じ袋麺2種を実食

昨日の記事で韓国製・paldoのカップ麺、韓国風焼きそば2種を紹介しましたが
今回はそれのインスタント袋麺バージョン2種を紹介することにします。
B201222_05 B201222_08 
メーカーはpaldo(パルド、八道)でFun&Yumは「楽しく美味しい」的な合いの手みたいな感じで
輸入者はシャイン・オリエンタル・トレーディングとなっていて
「ホットタッカルビ」(左)と「チーズタッカルビ」(右)というペアはカップ麺バージョン同様です。
ただし、カップ麺は商品名最後に“cup”と付くのが袋麺にはないことと
カップ麺が「韓国風焼きそば」なのに袋麺は「韓国風汁なし炒めヌードル」となるのが違いです。
まぁ、焼きそばと汁なし炒めヌードルの言葉の違いは深入りしないことにしましょう。

これもカップ麺と一緒に酒のやまやで買いました。各々税別148円とカップ麺より少し安いです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

韓国製カップ麺「ホットタッカルビ」と「チーズタッカルビ」

B201222_15 B201222_20 
ずいぶん前にディスカウント酒屋の「酒のやまや」で見つけて買ってみた韓国製カップ麺です。
paldo Fun&Yumの韓国風焼きそば ちょ~辛旨
「ホットタッカルビcup」(左)と「チーズタッカルビcup」(右)。それぞれ税別158円

韓国製カップ麺というと辛ラーメンで有名な農心、そこが出しているチャパグリを以前に食べたし
大象・宗家のキムチラーメンを食べたことがありますが、
はたしてこれらはどんな味になっているのでしょうかねぇ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

軽トラの理想は四独サスではない

前回記事では軽トラの理想はRR(リアエンジン・リアドライブ)ではなくて
MR(ミッドシップ・リアドライブ)であることの理由について
荷台のリアオーバーハングだけでなくリアサスペンションの設計自由度の制約があると書きました。

そして、サスの話が出たところで富士重工製スバル・サンバーのRR以外の特徴と巷でよく言われる
四輪独立懸架(四独サス)についてもボクは軽トラにとっての理想とは考えていないということを
今回は書いていきたいと思います。

もっとも、四独サスについてはサンバーに限らずスバルの特徴というか
一部にポリシーみたいな言い方をメーカー自ら発信していたところもあるのですけど……

確かに昔ながらのリジッドアクスル(車軸懸架)はバネ下質量が重くて
路面の凹凸に対して乗り心地に悪影響があり接地性も悪いので操縦安定性にも難があり
特にリーフバネの場合は前回記事で触れたジオメトリ特性やコンプライアンス特性などの
設計自由度が低く、少なくとも乗用車向けとしては性能上褒められたサスではありません。

操縦安定性や乗り心地という点だけでなくリジッドアクスルはそれ自体が上下に動くため
さらにFRであればプロペラシャフトまでも上下に動くため大きなスペースをとり
それによってリアシートのクッション厚が不十分となったりセンタートンネルが邪魔になったり
乗用車としては全体のパッケージングに対して大いにネガティブな要因となってしまいます。

» 続きを読む

| | コメント (2)

マルちゃんQTTA「コク味噌味」と「EXTRA HOT味」を実食

先日食った裏QTTAと(表)QTTAはどれも結構美味しかったですし
その時にもコク味噌味が新発売されたことを知って気になっていたので
今回そのコク味噌味とともに一緒にみつけたEXTRA HOT味なるのを買ってみました。
スーパーマーケット・フレッセイで各・税別148円でした。

B210531_18 B210531_21 
左:東洋水産・マルちゃん・QTTAクッタ「コク味噌味 しっかり麺
右:東洋水産・マルちゃん・QTTAクッタ「EXTRA HOT味 しっかり麺 シビレ激辛

» 続きを読む

| | コメント (0)

サンヨー食品「岩下の新生姜味 塩焼そば」を実食

B210531_11 
サンヨー食品の「岩下の新生姜味 塩焼そば」です。
「『岩下の新生姜』を入れるとさらにおいしい!!」で
「ピリッと爽やかでさっぱりとした味わい」だそうで、さらに
「『岩下の新生姜』の商品写真はイメージです。『岩下の新生姜』は入っていません。
 本製品の生姜粉末のうち、5%が『岩下の新生姜』で使用している生姜です。」だそうです。

「岩下の新生姜」で使用している生姜の5%を生姜粉末で使っているって
その事実を消費者であるボクはどう受け止めたらいいんでしょうか。
「岩下の新生姜」が入ってないと言うなら但し書きとしてはそれだけで十分なんじゃないのかな。
そもそも同じ生姜を5%使用するってそれを管理するのも大変そうな気もするし
それが0%でも50%でもどうでもええわって感じですけどねぇ(笑)

ちなみに、これはスーパーマーケットのフレッセイで税別138円で買いました。

» 続きを読む

| | コメント (1)

軽トラの理想はRRでない【続編】

前回記事で個人的にエンジニア目線での理想の軽トラはRR(リアエンジン・リアドライブ)ではなく
MR(ミッドシップエンジン・リアドライブ)もしくはMRベースの4WDだと書きました。
そして、その理由の一つとしてホイールベースの長さとリアオーバーハングの関係の話をしました。
今回はもう一つの大きな理由としてのRRとリアサスペンションの設計自由度の話をしていきます。

クルマにあまり詳しくない人はサスペンション(以下サス)というと
路面の凸凹でただ上下にタイヤが動くようにしているものという概念しかないかもしれませんが
凸凹だけでなくクルマがロールしたりピッチングしても動きますし
その動き方もそのまま垂直に平行移動するのでなく僅かにタイヤ(車輪)が向きを変えて
さらにタイヤの接地面に横力や前後力がかかっても僅かにタイヤ(車輪)が向きを変えています。
これらを適切に設計してコントロールすることでクルマは操縦性を良くし安定性を良くしています。

サスが上下にストロークすることによりタイヤの向きが変わることをジオメトリ特性
横力や前後力によりタイヤの向きが変わることをコンプライアンス特性と呼んだりします。

» 続きを読む

| | コメント (0)

エースコック・やり過ぎ「濃厚たらこ味焼そば」を実食

もう1ヶ月以上も前に発売となっていたカップ麺ですので遅きに失した感もありますが
先日の「ねぎラー油」大捜索の時に買ってきたので食べてみました。
B210531_07 
エースコック・ACeCOOKのEDGE驚き&やりすぎシリーズの
「濃厚たらこ味焼そば たらこ好きに朗報です 強めで濃いめのたらこ味焼そばです」です。
どこまでが商品名だかよく分かりませんが、パッケージにはこう書いてあります。
スーパーマーケットのフレッセイで税別238円とあまり値引き販売してませんでした。

まぁでもボクもたらこや明太子は大好きですから
そのたらこが“驚き&やりすぎ”入ってるならまぁこのくらいの値段でも不満はないですし
(上の写真では分かりづらいですが)器も大きくて大盛りっぽいので期待が持てますかね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

単行本「サピエンス全史」上・下を読了

B210331_1 B210408_7 
河出書房新社の「サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福」上・下
 ユヴァル・ノア・ハラリ著・柴田裕之訳の2冊の単行本を続けて読みました。
この本は2016年9月に初版発行されたものですが
ボクが買ったのは2018年11月の第60刷発行とずいぶん後になってからのものです。
それでも買ってから2年ほどもただ積読状態にしてしまっていたわけです。

2019年正月に某国営BS放送で「“衝撃の書”が語る人類の未来〜サピエンス全史〜」
という番組が放送されていたので内容をあらかた知っていて読む意欲が薄かったのもあります。
というより、その前から興味があったのですがその番組を観てから本を買ったのですが(汗)

» 続きを読む

| | コメント (0)

ペヤング「ねぎラー油」を大捜索、スリーセオリー切りして実食

ここのところU.F.O.ラー油マヨ付、そして明星・大砲ラー油揚げ玉とラー油ものが続いていますが
まぜそばと焼きそばの違いはあれど、個人的には本命はこのペヤングの新作「ねぎラー油」でした。

ただ、こちらのペヤング「ねぎ塩マヨ」と同時発売だったはずなのにどこに行っても売ってません。
近所のスーパーやコンビニを毎日のようにチェックして回ったのですが入荷する気配もありません。
最寄のスーパーとりせんなんか「ねぎ塩マヨ」はダンボール箱を何箱も積み上げて売っているのに。

というわけで、普段は行かないところまで足を伸ばして探し回って
スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなど合計20店以上回って
やっとドン・キホーテ(ガーデン前橋店)で残り3個だけ売っているのを発見しました。
B210531_04 
まるか食品・ペヤングやきそば「ねぎラー油」。税別158円でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

超久しぶりにゴールド免許に返り咲きました

前回、運転免許証を更新したのはこのJET-LOGの長期休止中の2016年のことでした。
その時はその前に軽微な違反があったため「一般運転者」という扱いでしたので
ブルー免許のまま有効期間だけ5年ということになってました。
そこから5年間、無事故(人身加害事故なし)・無違反でしたので
今度やっと晴れて「優良運転者」という扱いになりゴールド免許になれるわけです。

ゴールド免許が出現した時にはボクはいち早く(?)貰っていたと記憶していますが
そこから色々あって(汗)、無縁となってましたから、おそらく20年ぶりくらいですかね。

実は、免許更新は誕生日の前後1ヶ月づつまで有効なのでボクの場合はまだ2ヶ月ほど猶予があるし
さらに新型コロナの影響の特例措置で申請すればさらに3ヶ月延長できるようです。
この時節なので、そこまで延ばさなくともまん延防止等重点措置の解除予定の今月14日以降に
更新手続きをした方が良いという考えもよぎりましたが
自動車保険の更新も迫っていてゴールド免許割引を適用させたくて早めの更新とすることにしました。

優良運転者、一般運転者の場合は前橋にある群馬県総合交通センターでなくとも
各市にある交通安全協会でも免許証の即日交付ができるそうなので
今回は初めて伊勢崎交通安全協会へ行って免許更新をすることにしました。
前回5年前は一般運転者だったのですが平日に有給取って前橋まで行ってたんですが
その時はまだ伊勢崎では即日交付できなかったのか、ただそれを知らなかっただけなのか……

» 続きを読む

| | コメント (0)

«明星「大砲 ラー油揚げ玉まぜそば」を実食