ポタ&麺紀行:富士山麓の「ていしゃば」。「相生の松」と「相老駅」

梅雨明けですが今日は猛暑日までは逝かない天気予報ですからポタリング&麺紀行と行きましょう。
プジョチャリでの出撃です。

A240719_02 
桐生市相生町にある「レストラン ていしゃば」。
富士山(ふじやま)の登山口がある上毛電鉄・富士山下(ふじやました)駅の駅前にあります。
正確には駅の出入口の反対側なので駅前というよりか駅裏というべきかもしれませんが。

A240719_07

» 続きを読む

| | コメント (0)

じゅごんで麺紀行:高崎の「凡味 そばきり」

なんかあっという間に梅雨明けという気がしなくもないですし、
まだ真夏の暑さというよりじめっとした梅雨の湿気が残ってる感じですかね。
なんとなく身体もだるいので、ポタリングはやめてじゅごんで麺紀行といきましょう。

A240718_02 
高崎市にある「凡味(ぼんみ) そばきり」というお蕎麦屋さん。
風情のあるちょい古民家風の建物ですが、
場所的には国道17号高前バイパスと高崎環状線が交わるところの一本脇というか
上越新幹線・北陸新幹線の高架のすぐ近くなので、群馬県内ではかなりの都会の一画です。

ところで、「凡味」ってどんな意味なんですかねぇ。
「凡」は平凡とか凡庸とかのように「ありふれた、普通」という意味がありますから
そのまま受け取ると「ありふれた味」ということになって、そんなにそそられない。
謙遜してそう名付けているのでしょうか?

» 続きを読む

| | コメント (0)

新書「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」を読了

B240607_1
集英社新書の「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」三宅香帆著を読みました。

タイトルだけで気になったので買ってきて読んだのですが、
気になったのは「なぜ」の答えが知りたかったのではなくて
えっ、働いていると本が読めないの? と疑問に思ったからです。

そりゃぁ確かに寝る暇もないほどの長時間労働なら読書もままならないのは分かりますが、
それだけのことで一冊の本になるほどの話ではありませんし、
そもそもボクは働いている時でもまぁまぁ本を読んでいましたから
どうして働いていると本が読めなくなるということになるのか不思議に感じたんですよね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

麺紀行:14年越しの宿題・足利の「めん一」の「わさびラーメン」

本日もラリっ娘でちょいと出かけて麺紀行してきました。
ちゃんと雨の中でワイパーの性能を確認したかったのですが、思ったほど雨降りませんでしたなorz

A240716_1 
栃木県足利市にある「めん一(めんいち)」というラーメン屋さん。
足利市といってもほとんど桐生市に近いというか、桐生市と太田市の境の渡良瀬川対岸ってところ。

実はここ、2010年5月のこの時にプルプルで来ているんですよね。
ただ、その時の記憶がほぼない(汗)。こうやって来てみて、ほぼ同じ駐車場所に停めてみたものの、
うーん、その時の記憶は蘇りませんでした。

でも、その時のブログ記事によると「次回は普通の醤油ラーメンかわさびラーメンを」と書いてるので、
今日は「わさびラーメン」を食べてみることにしましょう。
そう、それが14年越しの宿題ということになりますかね(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

ラリっ娘のフロントワイパーをエアロフラットワイパーに交換

梅雨入りというタイミングでもなく、ラリっ娘のフロントワイパーを交換してみました。

B240628_14 
これまで付いていたのはこんな感じの昔ながらのいわゆるトーナメントタイプのもの。
ただし、これは新車当時からのものではなく、途中でPIAAのエアロなんちゃらのに交換済み。
おそらく、別に高速時にワイパーが浮くとかで支障があったわけでもなく
ブレードゴムを交換するタイミングでちょっとカッコつけて交換したんだと思います。

その交換をしたのが1997年3月のこと。
新車購入から2年半くらい過ぎたころですから、ワイパーゴムの交換時期としてはまぁ普通ですかね。

ところが、実はその後にワイパーおよびワイパーゴムを交換した記録も記憶もまったくないんですよね。
さすがにそれから27年間も同じワイパーゴムを使い続けているとは考えにくいので、
高野自動車に車検整備をお願いした時に交換してくれていたのかもしれませんが、
それでもそれは2011年8月のことなので、もう13年も経ってるんですけどねぇ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

麺紀行:久しぶりの「喜多方ラーメン 坂内」、初めての本庄店へ

先日、キンレイの冷凍食品の「喜多方ラーメン坂内」を食べてみてなかなか美味しかったのですが、
久しく坂内のお店のラーメンを食べてなかったので食べてみたくなり、
本場の喜多方まで行かなくとも最寄りの坂内に行ってみましょうという気分になりました。

その最寄りの坂内となると、2021年9月にオープンとなった本庄店となるのですが、
自宅からだと10kmほど真っ直ぐ南下するだけの感じなのでバイク(自転車)で楽勝の距離です。
でも、車の往来が激しすぎてバイクは走りづらいのと、本日は天気もイマイチなので、
楽してラリっ娘での出動としました。(ただ、天気は意外にも晴れ間も見えるほどでしたが)

A240715_1 A240715_6 
「喜多方ラーメン 坂内 本庄店」。
11:00オープンなのに対して11:20に到着。
駐車場は空きも多かったけど、店内入口には3組ほどの待ち状態となってました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

小雨降る中、サンブレフェスタ@道の駅おおたを覘いてきた

もともと、先月6月23日に予定されていたサンブレフェスタ2024でしたが雨天順延となり
本日開催ということになったので、ランちんでさくっと行ってみました。

A240714_01 
開始時刻9:00に対してきっかり5分前集合で到着(笑)
この時点でも今にも降ってきそうな曇天ということもあり、
イベント参加車も見学だけや茶化しの車も単なる観光で立ち寄っただけの車も少なく
簡単に停めることができました。といっても大型トラック用スペースですけどね。

A240714_13

» 続きを読む

| | コメント (0)

[昨日]講演会「日本人はなぜ長いものに巻かれてきたか」を聴講

昨日のことになりますが、近くで講演会があるというのでちょっくら行ってみました。
A240713_1 
会場は「伊勢崎市絣の郷・円形交流館多目的ホール」というところ。
自宅から1kmほどのところなので散歩がてら歩いて行きます。
でも、この建物に入るのは初めてですかね。

何年も前に裏の駐車場だかで消防車などが集まって防災フェアみたいなのをやっていたのを
ちょいと覘いていた記憶もあるのですが、過去記事にも見つけられないくらいですが……

今回の講演会は「伊勢崎創年会 第2回講演会」という扱いになっています。
伊勢崎創年会の講演会はボクは昨年にも「統一教会って……」を聴講してますし、
その記事で伊勢崎創年会についても書いていますが、未だによく理解できてませんけどね(汗)

なお、今回は聴講無料だけど資料代500円がかかるということになってました。
資料は500円もかかるとは思えないものだったので、普通に聴講代500円でいいと思うけど。

» 続きを読む

| | コメント (0)

新書「味なニッポン戦後史」を読了

B240426_1
料理研究家のリュウジが発端となって味の素(うま味調味料)論争が再燃しているらしいですが、
本書の帯にも「『味の素はヤバい』ってどうして信じたの?」なんて書いてあるので
その味の素論争に関する本かなと思い、手に取ってみました。

ただ、本書の「はじめに」では冒頭から次のように書かれています。
                                   (以下引用)
 昭和生まれの私には、もはやついていけない味なのだろうか。初めて魚介豚骨系のラー
メンを食べたとき、そう思った。
(中略)   分厚い脂の膜でコーティングされたうま味の濃縮液は、舌や喉に貼りつくよ
うだった。鶏ガラスープのあっさりした、昭和の醤油ラーメンに慣れ親しんできた私にと
って、そのおいしさは過剰に感じられた。
 こってりしたラーメンといえば、一九六八年(昭和四三)創業の「ラーメン二郎」(創業
当時は「ラーメン次郎」)や、一九八〇年代にブレイクした「背脂チャッチャ系」が浮かぶ。
この手のラーメンは、そこからさらに自分の舌では味わいがたい領域へと突入したのかも
しれない。                             (引用終わり)

» 続きを読む

| | コメント (0)

突っ張り棚崩壊、で、木製本棚を購入・増設

3年前のこちらの「増え続ける本どうする?」記事で書いたのですが
伸縮式の突っ張り棚を増設して本棚として利用して凌いでいたのですが……

先日、誰も居るはずのない自宅の上の階から突如「ドダダダダッー!」てな大きな物音が。。。

B240521_01 
様子を見に行くと、赤い線の部分に付けていたその伸縮式の突っ張り棚が脱落してしまい
床に本が散乱している状態となってました。
あぁ、やっぱりそうなるかぁ、というのが正直な感想。

一つの構造体の中で突っ張らせているわけではなく、別々の本棚の間に突っ張らせてるだけなので、
いくらそれぞれは上下に突っ張らせているとは言え、徐々に間は広がってしまいますわな。
いちおう、下側にずり落ち防止策も施していたけど、本の重みには耐えられないってことですね。

突っ張り棚は諦めて何か別の策を考えましょう。本棚の容量も足りなくなってきていたことだし。

» 続きを読む

| | コメント (0)

カップ麺:ペヤング×ベルク限定「台湾まぜそば」

B240708_1 
まるか食品・ペヤング×くらしにベルクkurabelc毎日のくらしをおいしく応援の
「やきそば 台湾まぜそば」。
7月8日に新発売。もちろんベルク限定販売で、最寄のベルクで税別159円で購入。

ペヤング×ベルクのコラボ商品としては以前に「秩父わらじかつ」と「かつ重風」が販売されていて
これはベルク1号店が埼玉県の秩父発祥ということからの企画なんでしょうけど
(ただ、かつはスナック菓子の「ソースカツ」の流用っぽくて妙な企画と思えましたし、
 しかも売れ残ってるのかいまだにベルクの店内には陳列されてたりしますが……)

今回の台湾まぜそばはベルクとどういう関係にあるのか、あるいは関係ないのか、謎ですねぇ。
台湾まぜそばと言えば、台湾ラーメンと同じく、台湾には存在してない名古屋飯なんですが、
台湾ラーメンは概して激辛、台湾まぜそばは激辛まで行かずにピリ辛・旨辛という認識ですかね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

雨天ドライブ&麺紀行:「そば処けやき」@道の駅 霊山たけやま

本日はあいにくの雨天。というかやっと梅雨らしい天気かな。
WET路のドライブは好きなので、ランちんでちょいとドライブしつつ麺紀行してきましょう。

A240711_1 
群馬県吾妻郡中之条町にある「道の駅 霊山たけやま」まで来ました。

といっても、下道でも最短ルートだと国道17号主体で50kmほどで
しかも退屈なドライブになってしまうので、
往路は久しぶりに根利道路を使い、つまり赤城山の東側から北側をぐるっと反時計回りにまわり
ロックハード城の前を抜けていくルートでちょいとドライブを愉しむ魂胆でした。

午後より午前中の方が小雨なんじゃないかと睨んでの計画だったんだけど、
特に根利道路はワイパーが追い付かないほどの大雨で路面は水たまりが出来るほどで
さすがにWET路でドライビングを愉しむどころではなくなってしまっていて、
完全に裏目となってしまいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«新書「甲子園球場100年史」を読了