新書「大論争 日本人の起源」を読了

B191125_1 
宝島社新書の「大論争 日本人の起源」斎藤成也、関野吉晴、片山一道、武光誠ほか著を読みました。

大論争とありますが様々な立場の専門家が侃侃諤諤の大論争をしている本というわけではなく
一部対談しているパートやインタビュー形式となっているパートもありますが
ほとんどはそれぞれの分野の専門家が書いたものを寄せ集めているものになります。

そして、ボクは斎藤成也武光誠片山一道の著した本を過去に読んでいるので
重複しているところも多いのかなということも考えたのですが
やはりこういうテーマは興味が尽きませんから読んでみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

うどんサミット優勝メニューと製粉ミュージアム

先月、埼玉県熊谷市で「第9回全国ご当地うどんサミット2019」というのが開催されて
その第1位・グランプリに輝いたのが館林の「上州牛の炙り釜玉」というメニューだそうです。
そのメニューが館林市内の4~6店で再現されて食べられるとの情報があったので
さっそく行ってみることにしました。
レシピや量や値段はどの店でも共通なんでしょうけどやはり店によって調理には差がありそうで
どの店にしようかなぁとみていくと……「花山うどん」の店名に目が行きました。

この時の屋外イベントで「花山うどん」のパスタを食べたし
この時には出張販売の形で「花山うどん」のひもかわを食べましたが
そういえば館林のお店の「花山うどん」で直接食べたことはなかったですから
そこに決めて行ってみましょう。

それに東武館林駅のほとんど駅前に店がありますからここは電車で行きましょうかね。
交通費だけ考えれば電車賃よりもじゅごんなどのガソリン代の方がはるかに安上がりですが
まぁ乗り換えなしで乗ってるだけなので読書もはかどりますしね。
A191212_40
アンチGなボクですが、まぁ分福茶釜のタヌキが出迎えてくれました(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

3度目の旧中島家住宅見学と麺紀行こうしん庵

A191211_01 
3度目となる旧中島家住宅の見学をしてきました。
この前は「昭和の飛行機王 中島知久平」の前期展示「若き日の知久平と中島飛行機」を
見てきたわけですが、今回はその後期展示「中島飛行機の発展と政治家知久平」が
11/12~12/25までの期間で展示開催中なのでそちらを観に行ってきたわけです。

サイクリングロード主体で回り道しながら行くことにしてサーモン号での出撃です。
実は今日はサーモン号で57kmほど走ってちょっと疲れました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

新書「日本人論の危険なあやまち」を読了

B191117_1 
ディスカヴァー携書の「日本人論の危険なあやまち 文化ステレオタイプの誘惑と罠
髙野陽太郎東京大学名誉教授著を読み終えました。
表紙にわざわざ「東京大学名誉教授」と書くなんてまぁちょっといやらしいですねぇ。
それだけ「東大」ブランドは日本人受けするってことでしょうが……
逆に言えば高野陽太郎氏その人自身の名にブランド力がないって……ゴニョゴニョ

前書に続いて日本人論についての本です。
帯に書いてあるように、日本人は集団主義だというのは大いなる幻想だというのです。
「集団主義」という言葉の定義がなにかにもよりますが
「赤信号みんなで渡れば怖くない」(ビートたけしが最初?)と揶揄される日本人ですから
ボクも日本人は集団主義寄りだし欧米人は個人主義の傾向が強いと思っていたので
この本のタイトルと帯には惹きつけられましたね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

いまさらですが、ストライダにニックネームをつけた

まことにどうでもいいくだらない記事で恐縮ですorz

このブログ内ではボクの所有しているクルマや自転車などの車輪モノのほとんどには
ニックネームをつけて呼んでいるのですが、
折り畳み自転車のストライダEVOとストライダDuoはニックネームをつけず
そのまま記載していました。
良いニックネームを思いつかなかったことと
それなりに簡潔な名称なのでそのままでも支障がないと思っていたからです。

ただ、他の車輪モノはニックネームをつけているのに
この2台のストライダだけそのままというのもなんか妙だなと急に思えてきちゃいました。
というわけで、大して面白くもないニックネームをつけてみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

くしやの創作焼まんじゅうと焼きそば

今日は久しぶりに風のない日となりましたけど、いや~冷え込んできましたねぇ。
本格的な冬到来という感じです。まっ石油ファンヒーターはとっくにフル稼働中ですが。

A191209_10 
自宅から5kmほどのところに「くしや(くしや忠治)」というお店があることを知りました。
名前からすると焼き鳥などの居酒屋さんっぽい感じもしますが
焼きまんじゅうを中心としたお店のようで、Googleマップでは「和菓子屋」に分類されてます。

なお、群馬の名物(?)焼きまんじゅうは和菓子の饅頭とはちょっと異なっていて
ふっくら蒸した饅頭を甘めの味噌ダレを付けて焼いたものなんですが
この店ではその焼きまんじゅうを色々とアレンジした変わり種創作焼きまんじゅうが豊富にある店です。
今日はストライダEVOで行ってみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

第1回プジョー・オーナーズミーティング開催?

ダイレクトメールのハガキが郵便ポストに入っていました。

A191208_1 
「第1回プジョー・オーナーズミーティング開催のお知らせ」と書いてあります。
エッ!? 第1回ってプジョー車のオーナーズミーティングなんて各地で何度も開催されてますし、
プジョー・ジャポン主催の公式(?)ミーティングだって2015年のこの時に開催されていて
ボクも参加してきましたから、今さら何って感じです。

そもそもボクはラリっ娘ことプジョー106ラリーの実質オーナーではありますが
(日本での登録上は亡き父親の名義のままですが)
正規ディーラーからの購入ではなく並行輸入車ですから
こんなダイレクトメールを貰うような縁もゆかりもありません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

79V先試車でのアメリカ走行試験について

これまで79V(初代スバル・フォレスター)の操安乗り心地開発についてあれこれ書いてきましたが、
今回は海外走行試験について書いておきましょう。
79Vは海外にも輸出して販売するいちおうグローバル車種でしたから
当然ながら現地での走行試験もしておく必要がありました。

試験車を輸送したり比較のためのレンタカーを用意したりと手間もお金もかかりますし
現地駐在員が同行する日程などの制約もありますから
いろいろな実験部署の人が何人か寄せ集めでチームを組んで海外走行試験をすることがよくあります。

ボクは79Vではインプレッサを改造しただけの台車・先試車と呼ばれる試験車の時にアメリカに
そして1試車と呼ばれるフォレスターの形をした試験車の時にヨーロッパに走行試験に行きました。
2代目ドミンゴの69D開発で欧州走行試験を経験済みとはいえ
本格的な海外走行試験としてはほぼ初めてのことになりますから
ある程度は試行錯誤的な形になってしまっているのはいたし方ない事かなと思ってますが、どうでしょう。
確かその後1試車か次の3試車(2試車はなかった)の頃にもう一度アメリカ・カナダの
海外走行試験をしましたが、その時はボクは行かずに一緒にやっていた後輩に行ってもらいましたね。

今日はその2つの海外走行試験のうち最初のアメリカでの走行試験について
その模様や裏話などを書いてみようと思います。
まっこの時にもそのアメリカ走行試験での動画を載せてますけどね。

» 続きを読む

| | コメント (2)

新書「『すみません』の国」を読了

B191115_1 
日経プレミアムシリーズの新書「『すみません』の国」榎本博明著を読み終えました。
もちろん、「すみません」の国とは日本のことを指していますから
日本人の精神性・文化的背景などについて考察している内容の本になります。
著者は心理学博士ということのようです。

なお、この本も中古で買ったもので、初版2012年の本ですが
まぁ内容的にそんなすぐに古くなるようなことでもないでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

先週に続いて幸楽苑……の隣の札幌らーめん・すずらん

先週に続いて今週の金曜日も幸楽苑の10円ラーメンの提供があるのですが
まぁ安くて嬉しいのはたしかですがまた並んでまで同じラーメンを食べるのも面白味もないので、
今日はその幸楽苑・伊勢崎連取店の隣にある札幌らーめん すずらんへ行ってきました。

A191206_1 
札幌らーめんというとこの時に札幌市内で食べて以来ですかねぇ。
北海道にはサラリーマン時代には出張で行く機会も何度もありまして
旭川ラーメンはよく食べましたけど札幌ラーメンというとそれほど食べなかったです。

ボクにとって札幌ラーメンというとどうも昔の巨大チェーン店の頃の「どさん子」の印象が強くて
麺が太くてふにゃふにゃで食感に欠けるってな先入観を持ってしまうんですよね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

プラモ製作(109)BMW M1プロカー

B190702_06 
レベル(Revell)のBMW M1 Procar(プロカー)を作りました。

グンゼ(グンゼ産業)と提携していたころのレベルのプラモデルキットは
もしかしたら作ったことがあったかもしれませんが、
少なくともレベルそのものとして日本に輸入されてきているプラモデルキットを作るのは
記憶の限りでは初めてということになるかなと思います。

ちなみに、組立て説明書もドイツ語表記(英語などもありますが日本語はなし)なので
おそらくこのキットはドイツ・レベル製なのでしょう。
ただ、レベルを作るのも初めてのボクですからアメリカ・レベルとドイツ・レベルとの
違いなんかまったく分かっていませんですけどね(笑)

» 続きを読む

| | コメント (0)

「とみざわ」の極太焼きそばを食べてきた

A191204_1 
今日も風が強かったですが近場まで麺紀行です。
「焼きそば とみざわ」という持ち帰りも店内食事もできる焼きそば屋さんです。
自宅から5kmほどですが、買い物がてらもあってルイルイでの出動となりました。

店というより作りはごく普通の民家です。
玄関開けてそこで靴を脱いで居間にあるテーブルに着いて
奥のキッチンでオバチャンが焼きそばを焼いてくれるってなお店です。

ただ、脇で何やら作業していたので
もしかしたら近々もっとお店らしい佇まいに新装開店するかもしれませんね。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«近くの欧風料理レストラン仁に行ってみた