スバル

スバル車関係のネタ.たまに○秘ネタもあるとかないとか.

79Vはロール感、操舵感とフラットライドにこだわった

前回の記事で初代スバル・フォレスター(開発符号:79V)の
操縦安定性・乗り心地は「安心感と悦楽」をキーワードにして
目標性能の数値を設定したと書きました。
そして、数値で表現されない走り味・乗り味の部分については
次回の記事とすると先延ばしにしてしまいましたから、
今日はようやくそこのところを書いていきたいと思います。

まず、走り味・乗り味って何それ?ということがあるかと思います。
自動車なんてちゃんと走る(運転できる)のが当たり前だし
ちゃんと走る(運転できる)ならそれで十分という考え方もあるでしょう。
あるいは、直進性の良し悪し、曲がりやすいかどうか、旋回限界の高低など
性能の良し悪しは分かるが、味とかどうでも良いという人もいるでしょう。

味とかいうくらいなので、料理と似たような意味合いで用いています。
カロリーの大小や栄養素の量で人間のエネルギー源として健康の源として
充分かどうかという議論とは別に美味しいかどうかも料理には大切ですよね。
ただし、そこには個人によって、また場面によって好き嫌いがでてきます。
同じように走り味・乗り味にも個人によって、場面によって好き嫌いがあります。

続きを読む "79Vはロール感、操舵感とフラットライドにこだわった"

| | コメント (4)

79Vの操安乗り心地目標は「安心感と悦楽」

前回のこの記事で、次回は79V(初代スバル・フォレスター)の
操縦安定性・乗り心地の開発目標の話をしますと宣言してしまったので
ようやくなんですが今日はその記事を書きたいと思います。

前回の記事では、79Vはレオーネ4WDワゴン(エステートバン)への回帰と
ボクは考えていたと述べましたが、かといって79Vの操安乗を
古臭いレオーネそのものにしようという意味ではありません。

それでも、当時のスバルは「高級ホテルに乗り着けられるワゴン」とか
「ワゴン最速」を目指した二代目レガシィや、
WRC活躍のインプレッサWRXなどをはじめとして
オンロード指向、ハイスピード指向、それによる高付加価値指向に
偏っていた時期ですから、それらとは違う方向でかつ古臭いと言われた
レオーネなどのレガシィより前のスバル車の中にもあった
スバルらしい良さをしっかり再認識して
それを現代的に解釈して開発目標に落とし込んで行こうと考えたわけです。

続きを読む "79Vの操安乗り心地目標は「安心感と悦楽」"

| | コメント (0)

スバル大泉工場感謝祭と麺紀行?

スバルのエンジンやトランスミッションなどを製造している
大泉工場で感謝祭を開催しているというので
久しぶりに(この時以来なので5年ぶり)行ってきました。

ここ数年は例の不祥事続きで開催自粛だったのかもしれませんが。

A190512_01 A190512_02 A190512_03 
初代アルシオーネの展示は意図がよく分かりませんでしたが
旧車好きとしてはまぁ歓迎ですけどね。
なんとなく閑散としている感じもありますけど
それなりに来場者はいるみたいでした。

右の画像のように子供向けのゲームなどのアトラクションが多かったですかね。
子供向けに企画するのは良いことだと思いますが、
できればスバルやクルマと関連するようなものだと嬉しかったですかね。

続きを読む "スバル大泉工場感謝祭と麺紀行?"

| | コメント (2)

「スバルをデザインするということ」を読了

B190320_2 
三栄書房の「スバルをデザインするということ 企業を変えるストラテジーデザイン
難波 治 著を読み終えました。

著者は2008年から2015年までスバル(当時・富士重工/現・SUBARU)の
デザイン部長を務めていた方ですので、親しみを込めて難波さんと記述することにします。
とはいえ、一緒に顔を突き合わせての喧々諤々の議論をしたことも
一緒に手を合わせてのなんらの作業をしたこともないのですが、
それでも社長なども参加する大きな会議やイベントでも同席したこともあり
お互い面識はありました。

難波さんはそのような席でもどこか飄々とした雰囲気があり
また時折居眠りしてるんじゃないかと思われるようなところもあるくらいで
肝が据わっているというか大したもんだなぁと思っていたものです。

そのことよりも難波さんで思い出すのは、この時に偶然にも一緒に
映画「PINK SUBARU」を観たことなんですけどね。

 

続きを読む "「スバルをデザインするということ」を読了"

| | コメント (2)

69Dドミンゴの次は79V初代フォレスターの開発

富士重工(現・SUBARU)に入社してからの業務を
振り返って書いているこのシリーズ(?)も
前回のこの記事から随分と間があいてしまいました。

2代目ドミンゴ(開発符号:69D)の操安乗り心地の開発やら
その他いろいろとやっていたことを書きましたが、
その69Dの次は初代フォレスター(開発符号:79V)の
操安乗り心地の開発をすることになりました。

実際には、69Dの国内発売が1994年9月からで
メディア向け試乗会など含めて市場導入の支援などの業務がある一方で、
79Vの開発は1994年の5,6月頃にはスタートとしているので
両方掛け持ちでやっていたという状態でした。

79Vの発売が1997年2月でしたが
その開発が完了するくらいの1996年秋ごろまでは
このような79V,69D、サンバーの3つの車種を掛け持ちしてましたね。
してたというか、させられてたというか、、、

続きを読む "69Dドミンゴの次は79V初代フォレスターの開発"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラモ製作(92)初代レガシィRS

B190211_1
ハセガワの1/24スケールのスバル初代レガシィRSを作りました。

初代レガシィは1989年登場でありボクがスバルに入社した当時から
既に開発符号44Bとして開発が進められていました。
しかし、当時のボクは例のヘンテコな部署に配属されてましたので
この44Bの開発には直接関与することはありませんでした。

レガシィ10万km速度記録挑戦(RA)には参加しましたが
それでもエンジニアとして開発に参加したというよりも
あくまでも広告宣伝のために協力しただけで
本意ではない感覚を抱いていたこともあり
エンジニア目線としては
それほどの思い入れのある車種というわけではありません。

続きを読む "プラモ製作(92)初代レガシィRS"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

米コンシューマー・レポートでスバルがトップ

最近なにかと不祥事やらでよくない話題が続いているスバルですが、
アメリカでのことでありますが久々に良いニュースを目にしました。

アメリカの非営利消費者組織となるコンシューマー・レポートにおいて
毎年発表される自動車のブランド別ランキングで
スバルがトップに返り咲きました。

コンシューマー・レポートの記事はこちらですが、
英語を読みたくない人(ボクもリタイアしたらさらに英語は避けるようになりました)は
こちらの評論家のブログが参考になるでしょう。

なお、山本晋也氏は「SUBARUがトップ」と題しておりますが
この記事に書いたように7年前にもスバルはトップを獲ってましたから
“初”ではないんですけどね。

続きを読む "米コンシューマー・レポートでスバルがトップ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分が欲しい ではなく友人に薦めたいクルマ

スバル(富士重工)に勤めていたときに社内でよく聞いたセリフに
「自分が欲しくない車を作っていては売れるわけがない」
というのがありました。
逆にいえば「自分が欲しい車を作ろう」ということでしょう。

これは買うお客さんの立場になって欲しいと思う車を作ろう!
というごもっともな意味にもなりますが、
自社の車が面白くないと思っている人が
愚痴るのに使われるセリフでもありました。

あるいは、
「自社製品を買って使ってみなければお客さんの気持ちは分からない」
というセリフも耳にしました。
これは、自社の新車をほとんど買わなかったボクに対して
当てつけに言われた言葉ではなく
あくまで一般論的な話として耳にしたセリフです。

続きを読む "自分が欲しい ではなく友人に薦めたいクルマ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

自爆営業ギリギリの紹介販売ノルマ

30年以上勤めていた会社には紹介販売制度というものがありました。
自社製品(スバル車)を買いそうな人の情報を販売ディーラーに連絡して
その紹介した人が成約してくれた場合には、
そのお客さんにはオプション部品購入や整備代金に使える商品券が贈られ
紹介した従業員にも僅かながらお金が支払われます。

もっとも数百万円もするようなクルマを購入しても
商品券は1万円分前後しか貰えませんし
紹介した従業員にも数千円しか貰えませんが。。。

それよりもその紹介販売をせよと半ばノルマのように迫られてました。
組合員(労働組合加入の一般従業員)なら最低1台/年の紹介・成約を
そして職制(課長クラス以上)なら最低2台/年の紹介・成約をという具合です。

続きを読む "自爆営業ギリギリの紹介販売ノルマ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スバルでパワハラ・自殺などまさにブラック職場

パワーステアリング部品の品質問題で操業停止が続いているスバル、
それについても具体的に何が起きているのか
もう退職したボクにはまったく分かりませんが、
まぁありがちなのは部品メーカーもしくはその調達先などが
仕様変更したりして不具合を出したということなのかな思いますが……

その操業停止よりも目に止まったのはこんなニュースでした。(以下引用)

 SUBARU(スバル)群馬製作所(太田市)の46歳の男性社員=埼玉県=が2016年12月に自殺し、太田労働基準監督署が労災と認定していたことが24日、分かった。上司からの叱責や月の残業が100時間を超える長時間労働でうつ病を発症したのが原因としている。遺族の弁護士が同日、東京都内で記者会見して明らかにした。認定は昨年8月。

 上毛新聞の取材に対し、同社は「故人に深く哀悼の意を表すると共に、ご遺族の皆さまに心よりお悔やみを申し上げます。労災認定されるような事態を防げなかったことに対しては大変遺憾に思っている」とコメントした。
                                       (引用終わり)

続きを読む "スバルでパワハラ・自殺などまさにブラック職場"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧