スバル

スバル車関係のネタ.たまに○秘ネタもあるとかないとか.

STIは“水を差す”人が必要な時期かも?

以前の記事で、STI(スバルテクニカインターナショナル)は
お客さんにとっても社員にとっても同じ「空気」がある「ムラ」を形成していて
そこに「水」を差すような人は要らないと思った、というようなことを書きました。

ここでの「空気」や「水」というのは
この「『空気』の研究」という本からきているわけです。

STI の名前がいわゆるマニアの人たちに知れ渡るようになったのは
やはりプロドライブによるスバル・インプレッサのWRCでの活躍と
それに伴うインプレッサWRXの一連のSTIバージョン発売でしょう。

しかし、スバルのWRC撤退から既に10年が経とうとしています。
それ以来、トップカテゴリーで世界選手権を争うようなモータースポーツ活動は
スバルはもうやっていません。
WRC快進撃も既に過去の威光となり
スバル=WRC,ラリー、速い……というイメージも薄れてきてしまっているでしょう。

続きを読む "STIは“水を差す”人が必要な時期かも?"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

STI 応援から復帰後、これまた私事

前回、RAプロジェクト(レガシィ10万km速度記録挑戦)の後も
STI(スバルテクニカインターナショナル)への作業応援が続くことになり、
組合に不平を言ったら急転直下で原籍のヘンテコ部署に戻ることになったと
書きました。今日はその続きです。

ヘンテコ部署に戻って最初にボクがやったことは
「STi への作業応援を終えて」というタイトルの報告書の作成でした(笑)

 なお、今はSTI と最後の“I”も大文字で書くのが正式のようですが
 当時は“i”と小文字で書くのが通例となってました。
 Logo_sti のロゴからもなんとなく“i”の方に見えたからなのか
 当時の手書き文字では“I”は“1”と間違えやすいので“i”を
 好んだのかは不明ですけどね。

続きを読む "STI 応援から復帰後、これまた私事"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RAのその後、でも極めて私的な事

レガシィ10万km速度記録挑戦(RAプロジェクト)は
無事に世界記録を樹立したことはこの記事で書きました。

また、その前にボクはヘンテコ部署から
発足したばかりのSTI(スバルテクニカインターナショナル)へ
作業応援という形で異動になっていたことや、
そのSTIでは当時ほぼ10万km速度記録挑戦のマシンの
エンジンセッティングしかしていなかったことなどをこの記事で書きました。

STIへ異動となったのは厄介払い的な側面もあったと自覚してましたが
それでもいちおう表向きはRAプロジェクトのためと説明を受けていましたから
そのRAプロジェクトがいちおう成功裏に終了したわけですから
ボクのSTIでの作業応援も終了し元のヘンテコ部署に戻るはずでした。

続きを読む "RAのその後、でも極めて私的な事"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新型フォレスター試乗&麺紀行スマイルスマイル

A180803_1
前回スバルディーラーへ行ってみた時には
新型フォレスターの実車はまだ配車されてなくて
カタログだけをもらってきたのですが、
そろそろ実車が見られるかなと市内のスバルディーラーへ行ってみました。

はたして、ショールームにXVとともに展示されておりました。
新型フォレスターのパワーユニットは2.5L直噴NAと
2.0L直噴NA+モーターアシストの2種類がありますが、
モーターアシストの方は9月以降になるとのことです。

ですからここに展示されていたのは2.5L直噴NAの中で
一番高額なグレードであるプレミアムとなっていました。
それにしても前から見た印象は画像でもそう思いましたが
実車でも同じで旧型となる4代目フォレスターと変わり映えしませんな。

続きを読む "新型フォレスター試乗&麺紀行スマイルスマイル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レガシィ10万km速度記録の真記憶

前回、途中までしか書けませんでしたので今日はその続きです。
本番でのトピックスを思い出して書いてみます。

アリゾナ州フェニックス周辺は避寒地になるほど
冬場でもあまり寒くならない地域と言われてますが、
(その分、夏場は灼熱となるそうでだからこそそこにテストコースが造られたんですが)
夜は予想外に気温が下がり、
エンジンの吸入空気も下がってガソリンが気化しにくくなり
エンジン内部でも液体のままのガソリンがシリンダー壁面に付着し
それがエンジンオイルに混入するというオイルダイリューションが発生してしまいました。

というのは、記録達成のドキュメンタリー番組でも放送されてましたし
今でもダイジェスト版などをYouTubeでも見ることができる内容です。

続きを読む "レガシィ10万km速度記録の真記憶"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

伊勢崎オートレース場でオープンカーとラーメン

伊勢崎オートレース場へ行ってみました。
過去何回か行った「鉄馬縁日」というイベントは昨日でしたし
その他のグルメイベントなどもやっていないのですが、
近所で配られるチラシの中にレオーネのオープンカーらしき
クルマが映っていたので見に行ってみようと思ったわけです。

A180701_4 A180701_5

続きを読む "伊勢崎オートレース場でオープンカーとラーメン"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レガシィ10万km速度記録の記憶

以前に30年以上前に入社後に配属されたヘンテコ部署のことを記事にして
その“その3”の中で結局はSTI(スバルテクニカインターナショナル)へ
厄介払いみたいに作業応援という形で異動になったと書きました。

また、その前のSTI30周年の記事において
STI創設時はほとんどレガシィ10万km速度記録関連の
仕事しかしてなかったことと、さらにそこで
レガシィ10万km速度記録挑戦のことは別途記事にしますと宣言していたので、
今回はその時のトピックスなぞを書いてみようと思います。

10万km速度記録とはいちおうFIA(国際自動車連盟)公認の競技で、
燃料補給やタイヤ交換などのピットストップ時間も含めて
10万kmという距離をどれだけ速い平均速度で走れるかという
記録を競うものになります。

続きを読む "レガシィ10万km速度記録の記憶"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

プラモ製作(69)スバル360デラックス

B180424_1
ここのところのプラモ製作はスバル360ばかり続いていますが
今回もまたハセガワの1/24スケールのスバル360です。
ただ、レース仕様ではなく1968年式デラックスとしてキット化されているものです。

まっ、デラックスというほど豪華で贅沢なクルマではありませんが(笑)
それでもスバル360の中では装備もあれこれ追加されていたり
外観もシルバーモールが多かったりホワイトリボン・タイヤだったりと
豪華グレードになっていますね。

続きを読む "プラモ製作(69)スバル360デラックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社後のヘンテコ部署の件 その3

前回のこの記事で、30数年前に入社後に配属された
ヘンテコ部署でのトンデモなことの一部を紹介しましたが、
今回はその続きのことを書きたいと思います。

その部署では「モータースポーツ」「シビア」「高速開発」の3つのグループがあり、
ボクはいちおう「高速開発」のグループだったのですが
その他のグループの仕事もかなり手伝わされたことは以前に書きました。
今回はその「高速開発」グループの仕事について書いていきます。

「高速開発」って要は高速で走る車を開発しましょうということですが
競技車両に通じるような技術を先行開発するという意味合いになります。
ただ、「モータースポーツ」「シビア」グループが実践重視というか
「とりあえずやってみる、走ってみる」という側面が強かったのに対して、
もう少し技術者らしく理論的に数値的に捉えようという役割を担わされていましたので、
例えば全日本ラリー優勝車の運動性能計測とかサファリラリー車の冷却性能計測とか
いろいろ雑多なこともたくさんやってました。

続きを読む "入社後のヘンテコ部署の件 その3"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

入社後のヘンテコ部署の件 その2

以前の記事で、サラリーマンになって入社後に配属されたヘンテコ部署で
お茶くみと机掃除とゴミ捨てをやらされてたことを書きました。

もちろん、それだけやってニコニコと愛想をふりまいていれば
済むような楽な仕事であるはずもありませんので(笑)
いちおうそれっぽい仕事もいくつかやることになります。

今日はその辺りのことについて少し書いてみようと思います。

その部署「高速開発担当」(担当は係に相当)では
「モータースポーツ」「シビア」「高速開発」の3つのグループがあって
ボクはその中の高速開発グループということになっていましたが
その他のグループの業務もごちゃまぜ状態で手伝っていたことまで
前回の記事で紹介しました。

続きを読む "入社後のヘンテコ部署の件 その2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧