ホビー

プラモデルやミニカーなど

プラモデルニッパーと豆腐ラーメン

プラモデル作りでランナーからパーツを切り取る時は
今まではヒャッキンで買った安ニッパーを使っていました。
買ったそのままではさすがに精度が悪く切れ味も悪すぎるので
ヤスリで刃の合わせを整えて研ぎ石で研いで
さらにバーナーで炙ってからなんちゃって焼き入れをしていました。

でも、もともとの材質がまともな鋼を使っていないのでしょう。
これでは焼き入れみたいなことをやってみても刃は硬くはならないですね。
使っているうちにだんだんと刃こぼれというか刃が部分的に歪んできてしまいました。

やっぱり工具はそれなりに良いものを使わないとダメですね。
ということで、今度はヒャッキンではなくて
いちおう模型屋さんでちゃんとプラモデル用として売られているものを買うことにしました。

B190118_5

続きを読む "プラモデルニッパーと豆腐ラーメン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(83)日産MID4

B181214_1
フジミ模型の1/24スケール、ニッサンMID4を作りました。
1985年フランクフルト・ショーモデルということで
ボクは実車を見たことはないのですが、
当時の自動車雑誌などではさも市販化されるような論調で
書かれていたように記憶しています。

この後、1987年の東京モーターショーでMID4-Ⅱが
お披露目されたらしくボクもその年の東京モーターショーには行ったのですが
あまり印象に残ってないし写真も撮ってませんでした。
個人的にはⅡ型よりこちらのスタイリングの方が好みですね。

続きを読む "プラモ製作(83)日産MID4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(82)トヨタMR-2(AW11)

B181206_1
フジミ模型の1/24スケールのトヨタ MR-2 (AW11)を作りました。
AW11は初代MR-2ですね。
AW10が1.5L,AW11は4AGの1.6Lエンジンを搭載しているようです。
このキットではスーパーチャージャー搭載のをモデル化してありますから
1986年のマイナーチェンジ以降の後期型ということになりますかね。

MR-2はたぶん初代も2代目も乗ったことがないはずです。
スバルには競合車となる車種がなかったので
他メーカーの参考車(外製車と呼んでいた)として購入・リースもしなかったので
仕事としても乗る機会がなかったのだと思います。
でも、なぜかポンティアック・フィエロが会社にあった記憶があるんですけどね。

続きを読む "プラモ製作(82)トヨタMR-2(AW11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(81)日産マーチK11型

B181203_1
フジミ模型の1/24スケールの2代目日産マーチを作りました。

型式だとK11型ということだそうですが
何やらスバル360のK111型と似てますねぇ。
まぁ初代マーチがK10型なので続きなだけでしょうが。

そして、このマーチは例の幻と散ったスバルとの共同開発車(77S)
ベースとなるはずだったクルマです。
なんかちょっと因縁を感じますねぇ。

続きを読む "プラモ製作(81)日産マーチK11型"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(80)赤帽サンバー550バン

B181130_1
アオシマ文化教材社の1/24スケール、スバル・サンバー赤帽仕様を作りました。

以前に作った同じくアオシマの赤帽サンバーは富士重工製最後のサンバーである
6代目サンバー・トラックのパネルバンのものでしたが、
これは3代目サンバーのバン(ワンボックス型)の赤帽仕様です。
いわゆる、通称・剛力サンバーと呼ばれるもので
軽枠拡大で550ccになったヤツですね。

実はこれは元・今井科学の金型のこちらの製品を赤帽仕様化したものみたいです。
今井科学から販売されていたころにこの赤帽仕様があったのか(多分なかったかな)
それともアオシマに金型が移ってから赤帽仕様が追加されたのか分かりませんが。

続きを読む "プラモ製作(80)赤帽サンバー550バン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(79)いすゞ・ピアッツァXE

B181125_1
フジミ模型の1/24スケールのいすゞ ピアッツァXE(JR130)を作りました。

わざわざJR130なんてマニアックな型式なんて書かなくても
ピアッツァ(PIAZZA)といったらこのクルマだけでしょ。
と思ったら、、、2代目ピアッツァってあったんですね。
そう云われれば……ってほど影の薄いクルマですが。

初代ピアッツァはジウジアーロ・デザインをほぼそのまま忠実に再現したという
そのスタイリングが当時話題になったクルマです。
個人的にはジウジアーロは初代VWゴルフや初代フィアット・パンダ
などのような実用車のデザインには素晴らしく長けていると思うけど
スポーツカーとかとなると少しあっさりし過ぎていると感じていて、
このピアッツァも117クーペの後継車というほどの
艶やかさはないなという印象をもっていました。
もっとも117クーペもジウジアーロ・デザインですが……

続きを読む "プラモ製作(79)いすゞ・ピアッツァXE"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラモ製作(78)アルシオーネVS

B180707_1
タミヤ模型の1/24スケールのスバル・アルシオーネを作りました。

このキットではスバル4WDターボ XTクーペの名称が使われていることからも
アメリカ市場での販売を強く意識したものだと言えるでしょう。
まぁ、アルシオーネ自体が日本国内よりもアメリカ市場向けだったこともあるでしょうし。

いちおう、右ハンドル仕様、左ハンドル仕様と
どちらでも作ることができるようになってますが、
やはり不器用な(?)アメリカ人向けなのかかなりシンプルというか
部品点数も少なくてある意味でタミヤとしては手抜きなキットになっています。
前輪の操舵も出来ませんしね。

続きを読む "プラモ製作(78)アルシオーネVS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(77)プレリュード4WS

B180621_2
フジミ模型の1/24スケールのホンダ・プレリュード2.0Si を作りました。
いわゆるデートカーとして大人気となった3代目のプレリュードですね。

まっデートカーってな言葉がもはや完全に死語になってますが
当時としてもボクとしてはまったくもって興味のないジャンルのクルマといいますか
ボクの見た目や性格にはどうやっても似合わないクルマですから
ほとんど縁はありませんでした(汗)

続きを読む "プラモ製作(77)プレリュード4WS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(76)CR-Xデルソル

B180613_1
フジミ模型の1/24スケールのホンダCR-X デルソル(delsol)を作りました。

正直なところ発売当時(1992年)のデルソルを見たときは
それまでのCR-Xとのイメージと大きくかけ離れていて
妙なクルマだなぁとしか思いませんでした。

当時のボクはオープンエアモータリングの愉しさをまったく知らず
屋根が開くことに対して何が嬉しいのか分からず
重くて剛性なく効率が悪いだけじゃんと決めつけてました。

初代ロードスターの印象が良くなかったことも
そうのよに思うことに繋がっていたかもしれません。

続きを読む "プラモ製作(76)CR-Xデルソル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(75)カワサキNinja H2R

プラモネタや読書ネタなどはその日のことを
リアルタイムに記事にしているわけではありませんが、
それでもここしばらくはプラモデル作りを休止していました。

理由は暑くて筆塗り塗料が乾き過ぎるとか
額から流れる汗がうっとおしいとかいろいろありますが、
実は2ヶ月ほど前に右手人差し指付け根を突き指というかぶつけてしまい
未だに痛みが残っていて動かしづらいからなのでした。

最初はズキンズキンした痛みもなく腫れもそれほどではなかったので
放っておいたのですがこれだけ痛みが長引いたということは
おそらく骨折していたのでしょうね(惨)

B180606_1
さて、前作のZZR1400に続いてカワサキのモンスター・バイクを製作しました。
しかも、同じタミヤの1/12オートバイシリーズのキットになります。

続きを読む "プラモ製作(75)カワサキNinja H2R"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧