ホビー

プラモデルやミニカーなど

プラモ製作(75)カワサキNinja H2R

プラモネタや読書ネタなどはその日のことを
リアルタイムに記事にしているわけではありませんが、
それでもここしばらくはプラモデル作りを休止していました。

理由は暑くて筆塗り塗料が乾き過ぎるとか
額から流れる汗がうっとおしいとかいろいろありますが、
実は2ヶ月ほど前に右手人差し指付け根を突き指というかぶつけてしまい
未だに痛みが残っていて動かしづらいからなのでした。

最初はズキンズキンした痛みもなく腫れもそれほどではなかったので
放っておいたのですがこれだけ痛みが長引いたということは
おそらく骨折していたのでしょうね(惨)

B180606_1
さて、前作のZZR1400に続いてカワサキのモンスター・バイクを製作しました。
しかも、同じタミヤの1/12オートバイシリーズのキットになります。

続きを読む "プラモ製作(75)カワサキNinja H2R"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(74)カワサキZZR1400

B180519_1
今回製作したプラモデルはタミヤの1/12オートバイシリーズの
カワサキ(Kawasaki)ZZR1400です。

今は亡き、ケロっぴことカンパーニャT-REX 14RRは
基本的にはこのオートバイを一度ばらしてから
エンジン、ミッション、駆動系、さらにメーターやスイッチ類など電装品を
使って組み立てたトライクですから、
そういう意味もあってこの時に買ったのがこのキットでした。

続きを読む "プラモ製作(74)カワサキZZR1400"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(73)レイトンハウスCG901B

B180514_1
前々作前作に続いてまたまた1990年シーズンのF1マシンを作りました。
これまた同様にタミヤの1/20グランプリシリーズのキットで
これはシリーズNo.28となっていて前作のマクラーレンMP4/5BのNo.26から
ひとつ飛んでいるのですが、No.27はF1ドライバー&エンジニアセットですから
タミヤのF1マシンのキットとしては順番通りということになります。
まぁ別に順番通りに作る必要もなにもないのですけどね。

続きを読む "プラモ製作(73)レイトンハウスCG901B"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(72)マクラーレン・ホンダMP4/5B

B180512_1
前作に続いて1990年シーズンのF-1マシンを作りました。
これまた前作に続いてタミヤの1/20グランプリコレクションNo.26になります。

前作のウイリアムズFW13Bの時にも書きましたが、
1990年シーズンのF-1グランプリは完全に
A.プロストvsA.セナ、そしてフェラーリvsマクラーレン・ホンダという構図で
最終的にA.セナがチャンピオンに輝いたシーズンでした。

ですから、このキットを作るにはまずはA.セナのマシンとして作るのが常套でしょう。
しかし、ボクはヘソ曲がりですし、セナは好きではありませんので
G.ベルガーのマシンとして作ることにしました。

続きを読む "プラモ製作(72)マクラーレン・ホンダMP4/5B"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プラモ製作(71)ウイリアムズFW-13Bルノー

B180503_2
しばらくスバル車ばかり、しかもここ最近はスバル360ばかり作っていたので
がらっと変わってまたタミヤ製F-1を作ることにしました。
ウイリアムズ(Williams)FW-13Bルノー(RENAULT)です。

1/20グランプリコレクションNo.25となっていますから
以前に作ったフェラーリ640後期型の次の製品ということになります。
この頃のタミヤのグランプリコレクションはほぼ全部買ってましたからね。
ということはこれもまた製造されてからずいぶんと経つキットということで
おそらくデカールは死んでいるでしょうから覚悟が必要なのでした。

続きを読む "プラモ製作(71)ウイリアムズFW-13Bルノー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田市美術館・図書館へ行ってみた&麺紀行

A180605_03
太田市にある「太田市美術館・図書館」へ行ってきました。
美術館と図書館に行ってきたのではなく、
美術館と図書館とが複合したようなひとつの建物です。

ここは東武・太田駅の北口の真ん前にありますし
ということは元・勤務地のすぐ近くということでもあるんですが、
完成したのが2017年4月ということで
ボクはもう休職期間に入ってしまっていましたから
いままで一度も訪れたことがありませんでした。

続きを読む "太田市美術館・図書館へ行ってみた&麺紀行"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3・11被災ミニカーを復旧させました

3.11東日本大震災から7年経ちましたが
被災地の復旧・復興はまだまだというところでしょうか。

当時ボクが住んでいた地域でも揺れは大きく避難生活するほどではなかったですが
アパートの部屋の中もグチャグチャになって多くのミニカーが犠牲になってしまいました。

B180504_2
特に酷かったのがこちらのスバル360のミニカーです。

続きを読む "3・11被災ミニカーを復旧させました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(70)スバル360ヤングSS

B180429_1
またまたスバル360のプラモデルを作りました。
いい加減飽きてきたと言われそうですが
まぁ今年はスバル360生誕60周年ですからお許しを(笑)

前回に続いてハセガワの1/24スケールのキットのものですが
今回のはヤングSSというスポーツグレードのものになります。
どちらもヒストリックカーシリーズとしてラインナップされてるのですが
ヤングSSがNo.6で360デラックスがNo.7ですから
ハセガワとしてはヤングSSの方が先に製品化されたことになりますが、
おそらく企画としては最初からヤングSSもデラックスも両方あって
開発・設計もほぼ同時進行で進められていたものだと思われます。

続きを読む "プラモ製作(70)スバル360ヤングSS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(69)スバル360デラックス

B180424_1
ここのところのプラモ製作はスバル360ばかり続いていますが
今回もまたハセガワの1/24スケールのスバル360です。
ただ、レース仕様ではなく1968年式デラックスとしてキット化されているものです。

まっ、デラックスというほど豪華で贅沢なクルマではありませんが(笑)
それでもスバル360の中では装備もあれこれ追加されていたり
外観もシルバーモールが多かったりホワイトリボン・タイヤだったりと
豪華グレードになっていますね。

続きを読む "プラモ製作(69)スバル360デラックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(68)1/32スバル360第2回日本GP

B180424_2
前回、前々回に続いてまた第2回日本グランプリ仕様のスバル360を作りました。
ただ、今回のはちっぽけな1/32スケールのLS(エルエス)製です。
このキットはLSが倒産した後も有井模型から継続生産されていて
今では子会社のマイクロエースからのが継続販売されているようです。

このエルエス製のスバル360は30年以上前にノーマル仕様のを作りましたが、
変な塗装したためか経年劣化でお肌ボロボロになってしまっています。

続きを読む "プラモ製作(68)1/32スバル360第2回日本GP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧