早期リタイア

定年前の55歳で早期リタイアしました

10月からも健康保険任意継続を継続

退職後は健康保険は国民健康保険(国保)へ切り替えずに
今までの会社の健康保険(社保)を任意継続しています。
その理由はもちろん任意継続の方が保険料が安いからです。

任意継続の場合の金額は元会社から払込みの通知が来ますから分かります。
そして、今年の4月からについてもこの記事で書いたように市役所へ行って
国保にした場合の保険料を算出してもらいその結果
社保の任意継続の方が安かったのでそちらを選択しています。

基本的に国保の場合、前年の所得によって今年度の保険料が決まります。
ですから9月になったからといって変わるわけではないのですが
確か前回3月に市役所で伺った話ではうろ覚えですが
9月から少し計算式が変わるとのことだったので、
再度市役所へ行って計算してもらうことにしました。

続きを読む "10月からも健康保険任意継続を継続"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早期リタイアのトドメは結局会社が嫌だったから

ボクは昨年の9月末に55歳で早期リタイアして
ずーと無職生活を続けているのですが、
その早期退職の理由については今までの記事でも書いてきたように
・会社が55歳役職定年制を敷いていたこと
セカンドキャリア支援制度が利用できたこと
東日本大震災(および計画停電など)がきっかけになったこと
・スバルがやっとまともとも言えるようになってひと段落と思ったこと
・電動化・自動運転など今後の車技術に興味が湧かなくなったこと
・会社に拘束されない個人の自由な時間や生活をもっと大切にしたかったこと
・さらには早期リタイアできそうな資金計画が見えてきたこと
などいろいろと挙げることができますしそれらが複合的な理由なのですが、
結局、決定打となったのはその時(セカンドキャリア支援制度に申し込みした時)に
出向という形で所属していた子会社のSTI(スバルテクニカインターナショナル)での
仕事が嫌だったからということにつきます。

個人的にはSTIで働くことは嫌で嫌でしかたありませんでした。
役職定年後はSTIに出向させられることになる可能性が高いと感じていたので
それが嫌で前もって早期リタイアを検討しはじめたということもあるわけです。

続きを読む "早期リタイアのトドメは結局会社が嫌だったから"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

失業給付金が終了、さらばハローワーク

本日は失業認定日でしたので失業給付金をもらうために
ハローワーク伊勢崎まで行ってきました。
貰うといってもその場で現金もらえるわけではなくて
後日指定金融機関に振り込まれるだけなんですけどね。

それに、昨日も形だけの職業相談を受けにハローワークに行ったので
これまたいつものパターンですが2日連続のハローワーク通いとなりました。

ボクの場合は自己都合退職という扱いになってましたから
失業給付金は最大で150日分支給されます。
最初に失業給付金が貰えるようになったのが2月末のこの時で、
13日分の失業給付金を貰っています。

それからきっかり4週間毎=28日毎の失業認定日にハローワークへ行き、
またその日に職業相談を受け、
さらにその間にもう1回ハローワークへ出向いて職業相談を受け、
それを5回も繰り返してきたわけです。

続きを読む "失業給付金が終了、さらばハローワーク"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年度の住民税もコンビニ支払――ただし半期分だけ

あらかじめある程度は覚悟していたこととは言え
昨年の秋にもとんでもなく高い住民税の請求があって
渋々コンビニで支払ったのでしたが、
またまた今年度の住民税納付の期限になってきました。

住民税(市民税・県民税)は昨年の所得に応じて課税されます。
昨年はまだちゃんと働いていた期間もありますし
働かずとも休職期間でまがりなりにもいくばくかの給与を
もらっていた期間もありますから
年間の所得はありましてそれなりに課税されます。

B180627_1
無職の身にはちょっと堪える額でした。

続きを読む "今年度の住民税もコンビニ支払――ただし半期分だけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでも好きな時にトイレに行ける幸せ

若い頃、、、といっても30歳代半ばぐらいなので大して若くないですが、
そのぐらいまでは何も意識せずとも毎日快便でした。
と、のっけから綺麗な話題でなくて失礼いたします(笑)

毎朝、ほとんど同じ時刻になんとなく便意を感じて
トイレに行けばすぐにすんなりと無事に事を済ませる日々でした。
別に強い便意がなくても特に力むことなくです。
ですから、便秘に苦しむということはほとんどありませんでした。

一方、過敏性腸症候群とでもいうらしいですが、
乳糖不耐症でもあるので乳製品はもちろん
激辛料理など刺激性の強い飲食物や
さらになんらかのストレスなどが原因で
下痢になることは頻繁にありました。

続きを読む "いつでも好きな時にトイレに行ける幸せ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

退職金優遇金利定期預金はもう終了

退職金は優遇金利のある定期預金にしています。
最初は群馬銀行の3ヶ月定期で次に足利銀行の3ヶ月定期にしたのですが、
その定期も満期となり自動的に屁みたいな0.01%の金利の
通常定期預金で継続されていますから、
次はどうしたもんかと考えていました。

退職金優遇金利の定期預金はネット銀行にはなさそうで
店舗窓口まで行って手続きをしないといけないようなので、
自宅周辺の金融機関に絞って探していくと
もうあまり魅力的な金利の金融機関はないということが分かりました。

もともと、退職金を運用して……という気もありませんし
ちょっとだけ小遣いが増えれば嬉しいなくらいしか考えていませんでしたから
もうどうでもいいかなと思うようになってしまいました。

続きを読む "退職金優遇金利定期預金はもう終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社後に働き方意識の違いに驚いたこと

30数年前にサラリーマンになって入社後にヘンテコな部署に配属されたこと、
そしてそこでお茶くみと机掃除、ゴミ捨てをやらされていたことは
以前に記事に書きましたが、
今回はそのヘンテコな部署だけのことではなく
いわゆる今で言う“働き方”の意識に関してあまりにも自分のそれと違っていて
驚くとともにどうしても馴染めなかったことを書いてみようと思います。

ボクは転職していろいろな会社を経験したわけではないので
たまたまそういう風土というか働き方の意識の会社であったのかどうか分かりませんし、
その会社でも部門などによっても違いがあるでしょうから
全社的にそうであったかどうかは分かりません。
でも、日本の会社だと似たようなところも多いのかなとも思いますが。。。

具体的には残業や休日出勤などの時間外勤務と有給休暇に関することです。

続きを読む "入社後に働き方意識の違いに驚いたこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早期リタイア前後の光熱費の変化

ボクの場合、完全に退職したのは昨年9月末
その意味では早期リタイア生活は昨年10月からとも言えますが、
昨年の4月から休職中になっていたので実質的な無職という意味
(給料を貰えるかどうかではなく労働をしていたかという意味)では
昨年4月から既に早期リタイア生活に突入していたとも言えます。

さらに言えば、昨年2月末あたりからは有給休暇の消化に入っていて
会社に通勤して労働することもしてなかったので拡大解釈すれば
昨年3月あたりから早期リタイア相当の生活に突入したとも言えます。

となると、その早期リタイア相当の生活も既に1年以上経過したことになります。
そこで、早期リタイア相当の生活の通年の水道・光熱費などを
その前年の現役最後の1年のそれと比較してみようと思います。

続きを読む "早期リタイア前後の光熱費の変化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現役最後の1年はめいっぱい節約した

早期リタイア後の資金計画としては以前に5回にも分けて記事にしてきました。
計算方法」では年間支出を抑えることが鍵となると書きましたし、
支出の検証」ではその年間支出で大丈夫かどうか確信を得るための方法を書きました。

いちおうそれでよほどの想定外のことがなければ
老後破産はしないだろうとの自信を持ててはいたんですが、
そうはいっても想定外の事態が起こってしまうことが有り得るわけですから
その時どうするのかの覚悟もしておく必要はあります。

もっとも、この世の終わりとか日本国破綻とかそんな事態なら
悪あがきするつもりはありませんし覚悟を決める覚悟はできてますが、
そこまでに至らないくらいの事態に対してどうするかということです。
世に言われる「下流老人」や「老後破産」になったらどうするかです。

続きを読む "現役最後の1年はめいっぱい節約した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28日分の失業給付のためにハローワークへ

今日は失業認定日でしたから、指定時刻のきっかり5分前に
ハローワークへ行って手続きをしてきました。

前回からちょうど4週間=28日経過してますから
今回からは28日分の失業給付がいわゆるフルに貰えることになります。

失業給付を受けるには最低2回以上の求職活動をしていることが必要ですが
前回の認定日に認定を受けた直後に職業相談を形式的に受けていて
それが求職活動1回にカウントされていたので、
先日ハローワークへ行って2回目の職業相談を受けてきていたのです。

続きを読む "28日分の失業給付のためにハローワークへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧