« ランチタイムコンサートは“あがり症”のピアニストでした | トップページ | バイク用ムービーカメラをプチ改良 »

島田屋本店のカレーうどんは不思議な美味さでした

一昨日の「うどんちゅう」のカレーうどんの記事に対して
kazuさんがコメントで教えてくれた前橋の島田屋本店へ行ってみました。

ちょっと調べてみると、、、
この店は1899年創業の蕎麦屋さんで1995年に一度閉店したのですが
2013年にカレーうどん専門店として復活したのだそうです。
フムフムですね。

食べログなどでもとても高評価ですから期待が持てます。
A190524_1 
自宅からは12kmほどですからフー太郎こと
キャノンデール・フーリガンで出撃しました。

A190524_2 
鶏カレーうどん(並)¥756を頼みました。
鶏の他に豚とミックスがあります。
また大盛りと少なめも選べます。

ゴロッとした鶏肉がどーんと入ってます。
玉ねぎも大きめのスライスですね。

カレーはかなりどろっとした粘度の高いものですが、
口に入れるとあら不思議でだし汁が溶け出したかのように
粘着感が消失していってだしの旨味が口の中いっぱいに広がります。
なんだかマジックにでもあったような不思議な感覚です。

うどんはやや柔らかめでふわっとした食感のものですね。
不思議なカレーと合せてツルッとした食感が味わえます。
ただ、個人的にはもうちょっと固めでコシの強いのが好みですかね。

今まであまり積極的にカレーうどん、カレー蕎麦は食べてきませんでしたが
この世界もなかなか奥が深そうですねぇ。
と、改めて驚いた次第です。

|

« ランチタイムコンサートは“あがり症”のピアニストでした | トップページ | バイク用ムービーカメラをプチ改良 »

コメント

早速のコメント嬉しいです!
懲りてなければ、城東町 白金やきそばもお勧めです。

投稿: kazu | 2019-05-27 11:35

>kazuさん

白金やきそばってココ(↓)ですかね。

http://jet-stream.air-nifty.com/jetrc/2015/02/post-f172.html

確かにとっても美味しい焼きそばでした。また食べたいです。

投稿: JET | 2019-05-27 12:21

まさに。。。

投稿: kazu | 2019-05-27 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチタイムコンサートは“あがり症”のピアニストでした | トップページ | バイク用ムービーカメラをプチ改良 »