« スバル大泉工場感謝祭と麺紀行? | トップページ | 固定資産税と自動車税は今年も現金一括納税 »

新書「教養としての『昭和史』集中講義」を読了

B190423_1 
SB新書の「教養としての『昭和史』集中講義 教科書では語られていない現代への教訓」
井上寿一著を読み終えました。

平成も終わって令和になったというのに、いまさら昭和史って
という感じもしなくもないですが、この本でいう「昭和史」は
ボクら中年ジジイが遠い目で昭和を語るときの「昭和」とは違って
戦前の昭和史を取り扱っています。
特に、昭和の幕開けから満州事変、五・一五事件、二・二六事件などについて
その時代背景、政治情勢、国際情勢、国民感情なども含めて詳しく書かれています。
ですから、懐かしい昭和ではなく、ボクの生まれる前のボクの知らない昭和史です。

いちおう高校の日本史でも習っているはずなんですけど
この本の「はじめに」にも書かれているように
学年の最後に時間切れで駆け足で教えられるだけで
ほとんどの人はきちんと理解できていないだろうとのことです。
まぎれもなくボクもそのひとりでありますし、というより
理系大学受験生だったボクは受験に全く関係なく
それよりも何よりも興味もまったくなかった日本史なんて
授業中でもそっちのけで数学の問題解いていたくらいですから
きちんとどころかまるっきり理解していなかった人間ですからね。

そりゃぁ、満州事変、五・一五事件、二・二六事件などの概略ぐらいは
なんとなく知ってますけど、それはなんとなくなだけで
その時代にどんな経緯と背景でそうなるに至ったのかなど
まったく理解できていないレベルです。
つまりこれは教養がないって状態ですから
まぁこういう本で基本から学ぶのもよいかなと思った次第なわけです。

 

戦前の昭和史に限らず歴史なんてのは研究者によって様々な見方があって
思想的な背景によってもそれぞれ意見が食い違っていたりもするのですが、
この本では極力ニュートラルな立場で事実関係に基づいて
書かれているなと感じるものになっています。

もちろん100%鵜呑みにすることはありませんが
最低限の教養は身に付けることができたかなと思ってます。

 

ただし、最後の第5章では戦後のことにも触れられていて
日本の「保守」と「革新」が何故捻じれているのかなども論じられています。
その中で、「ゴジラ」が反米・反核として生まれた作品であり
「シン・ゴジラ」は新たな時代に突き進むことを想起させたものである、
というようなやや突拍子もない内容にもとれる展開になっています。

いわんとするところはなんとなく分からないでもないですが、
この第5章だけはちょっと異質な文体になっているように感じられます。
でも、もしかしたら著者の最も訴えたいことはこの第5章なのかもしれないですが。

|

« スバル大泉工場感謝祭と麺紀行? | トップページ | 固定資産税と自動車税は今年も現金一括納税 »

コメント

自分も昭和史は疎いです。
最近いろんな見方や情報があって、驚くとともに興味深いところでもあります。
イデオロギーが絡むのでアレですが、昭和20年以降ひたすら平和路線で来れたのは結果として良かったと思います。
(拉致だ拿捕だ一部拷問されたケースはありますが)
我々が生きているこの時代も、50年100年後には歴史の一部として語られるんですよね。
ドキドキしちゃいます。

投稿: 並さん | 2019-05-14 22:12

>並さん

100年後の歴史ですかぁ、ドキドキしちゃいますけど、
果たして後世に語られるような大きな出来事があったかなぁとも思っちゃいますね。
日本を震撼させるような事件・災害はあったけど日本を変えたほどではなかったかな。
もっともそんな大転換の出来事を期待はしてないんですけどね、今後も。

投稿: JET | 2019-05-15 05:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スバル大泉工場感謝祭と麺紀行? | トップページ | 固定資産税と自動車税は今年も現金一括納税 »