« 新年初麺紀行は丸長の地獄八丁目巡り | トップページ | 節約にはやはり固定費圧縮が王道か? »

「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了

B181218_3
集英社新書の「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義
福田 直子 著を読みました。
著者はジャーナリストという肩書だそうです。

帯に書かれているように
あなたの「いいね!」は悪用される
とのことですが、別に「いいね!」だけの話ではなく
ネットでの書き込みも閲覧も検索もクリックもGPSログさえも
ビッグデータとしてあるいは個人のプライバシーとして収集されるわけです。

そしてそれらを元に情報差別され誘導され捏造されてしまう
というようなことが書かれています。

先日こちらの記事を書くのにあたって一般的なベビーカーの幅を知りたくなって
グーグル検索で調べて楽天やアマゾンで売っているベビーカーの諸元を調べたら、
それ以降、いろいろなサイトの広告欄には
やたらとベビーカーが並ぶようになりそれが数日間も続きました。

ちょっと検索しただけでもそれが情報としてすくい取られて
今度は反対にこちら側に関連情報が差別されて送られてくるわけです。
まぁ、この程度は実害はないですし、
ボクがベビーカーなんて買うわけがないという情報までは
関連付けて搾取されてないということでしょうから
それほどの怖さもないのですが。

 

しかし、この本ではそんな他愛もないことの話ではなく
実際に世論操作に使われているということを問題としています。
具体的にはアメリカ大統領選挙やイギリスEU離脱国民投票であり、
そこでロシアのサイバー作戦がはたらいているというのです。

にわかには信じられない気持ちもありますが
確かにそのようなことは可能な時代になってしまってますし
それが現実となってしまっているのかもしれないですね。

 

面白いなと思ったのは
保守層は、ばかばかしい情報やニュースでも、自分の世界観に見合った情報であれば
無条件に受け入れがちである

という検証結果が得られているということです。
あぁだから“ネトウヨ”という言葉はあっても“ネトサヨ”はほとんど使われないんですね。
薄々そんな傾向があることは分かってましたがちゃんとした検証結果があるとはね。

だからこそ、トランプ支持、EU離脱などの陣営(の一部の人)は
これらの世論操作のかっこうの対象になりやすいということなのです。
そして、
ロシアは新しい党や社会運動をつくりだすのではなく、現存している右翼的な党、市民
 の抗議運動や怒りや不安を利用し、それをもとにして分断をひろげさせ、過激化させる
 ことを目論む。

というのです。まぁロシアだけとも考えられませんが。

 

それと、著者は国民投票の危険性を説いています。
国民投票は、直接民主制の一つとして、いかにも民意を反映するかのように見える。
 しかし、イエスか、ノーのどちらかで白黒を決めようとする国民投票では、事前に行わ
 れるキャンペーンにおいてプロパガンダが連発され、国民が扇動される危険性を
 孕んでいる。

というのです。つまり「国民投票はポピュリズムを許してしまう」のです。
しかも、ここでいう“ポヒュリズム”の本質は
他者の異論を認めない“反多元主義”にあるというのです。

ここまで読むともう日本でも他人事ではないですね。
しかも日本は世界報道自由度ランキングで72位/180ヶ国で
どんどん悪化している国ですからねぇ。
安倍晋三は憲法改正論議でこれを狙っているのかも知れませんが……怖いですねぇ。

|

« 新年初麺紀行は丸長の地獄八丁目巡り | トップページ | 節約にはやはり固定費圧縮が王道か? »

コメント

「国民投票はポピュリズムを許してしまう」
なるほど、言われてみればそうですね
最近のメディアの偏向姿勢もあって、誇大妄想だとは笑えない時代になったようです
過日の某県知事選のように、中身は無くとも強烈な反対姿勢を打ち出せば勝てるということにも通じますね

ところで、旧民主の票田は労組
メディアの中の労組が偏向によりをかけている、というのはないのですかね?
あまりにも露骨な民主擁護に反吐が出そうです

投稿: 五条銀吾 | 2019-01-10 13:57

>五条銀吾さん

メディアの中の労組がどんなものだか、
あるいは未だにどれだけの力を持っているのか
分からないのでなんとも言えませんが、
まぁそういう側面もないとは言い切れませんかね。

投稿: JET | 2019-01-10 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/67496873

この記事へのトラックバック一覧です: 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了:

« 新年初麺紀行は丸長の地獄八丁目巡り | トップページ | 節約にはやはり固定費圧縮が王道か? »