« プラモ製作(82)トヨタMR-2(AW11) | トップページ | 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 »

子どもの頃以来の(なんちゃって)七草粥

子どもの頃には七草粥を食べたような記憶があります。
が、はっきりとは覚えていませんorz
それも朝食ではなかった気がします。
夕食に普通におかずを食べて白いご飯のかわりに七草粥とか
そんな感じだったでしょうかね。
正直あまり嬉しくなかったのが七草粥の印象ですかね。

おそらく中学生か高校生の頃には七草粥は食べなくなったんじゃないかな。
親などは食べていたのかも知れませんが
育ちざかりの頃だと正月に少々食べ過ぎてもなんともないですし
体育会系の部活でもやってれば七草粥じゃ腹は満たされませんからねぇ。

そして、社会人になってもそんな面倒でさして嬉しくもない七草粥を
食べようとは思いませんでした。
ですから、もう40年以上も七草粥とは無縁な生活をしてきたことになります。

けれども、今年の元旦にはおせちやお雑煮こそ食べませんでしたが
珍しく正月っぽい料理を肴にして日本酒を呑みましたし
昨年の大晦日にはカップ麺ですが年越し蕎麦なんかも食べたりして
少しだけ正月気分にひたったりもしたわけですから
七草粥にもチャレンジしてみようという気分になりました。
ネタ作りにもなりますしね(笑)

といっても、ちゃんとした七草粥を作るのも面倒ですので……
A190107_1
スーパーの店頭に置いてあった
春の七草茶づけ(こだま食品)とレトルトの玄米がゆ(味の素)の組み合わせです。
糖質を意識しての玄米がゆですが本気で糖質制限するなら
豆腐などでおかゆ風に仕立てるのが正解なんでしょう。

湯煎も面倒なのでレンジでチンして簡単にできあがりです。
A190107_2
七草よりもあられと海苔の方が目立ちますが。
美味しくいただきました。

 

さて、これで形式的にも胃腸を休めることができたはずですので
明日からは麺紀行スタートしましょうかね(笑)

|

« プラモ製作(82)トヨタMR-2(AW11) | トップページ | 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/67565880

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの頃以来の(なんちゃって)七草粥:

« プラモ製作(82)トヨタMR-2(AW11) | トップページ | 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 »