« 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 | トップページ | 今年もいせさき初市へ行ってみた。 »

節約にはやはり固定費圧縮が王道か?

莫大な資産があってのアーリーリタイアではありませんので
早期リタイア前の貯金生活から早期リタイア後の今でも
節約には心掛けた生活をしています。
かといって、ギリギリカツカツでやりたいこともすべて我慢してでは
早期リタイアした意味もほとんどなくなってしまいますから
そこそこ節約してちょっとだけ浪費というかプチ贅沢しています。

節約するには先ずは毎月決まって支払っているような
家計の固定費を減らしていくのが常套手段とよく言われます。
それは固定費削減は継続性が高いので
何年も経てばその積み重ねとしての節約額が大きくなるからです。
また、一度固定費削減を実行すると以降は意識せずとも節約が続くということもあります。
たしかにボクもそのように思いますので
今日はボクの固定費に対する考え方を紹介したいと思います。

ただ、どんなことにお金を使ってどんなことを我慢するかは
その人の価値観によるところで十人十色でしょうから
ここで他人の事をとやかくいうつもりはありませんのであしからず。

まず、固定費とは住居費(賃貸料や住宅ローン支払い)、駐車場代、水道光熱費、
通信費、新聞代、保険料、習い事やジムなどのようなものをいいます。
これに対して、食費、交際費、交通費、被服費、レジャー費、雑費のようなものを
変動費といいます。
ただ、自炊で食べる分の食費はそれほど大きく変動しないので固定費と考えて
外食などだけを変動費とするのもありだと思いますけどね。

ボクの場合だと、外食の麺紀行も週2回くらいにしているので
月10回くらいで費用(内食との差額)は1,000円/回ほどなら
1万円/月くらいとこれも固定費と考えてもいいかもしれません。
また、お酒もほとんど毎日家飲みで宴会などほとんどないですから
500円×30日で1.5万円/月くらいとこれも固定費と考えてもいいですかね。

この麺紀行と家飲み酒はまぁボクの楽しみのひとつですから
このくらいは節約とせずに消費していてもヨシと考えています。
固定費(に相当するようなもの)すべてを圧縮しようとせずに
なんとなくそのままにしている固定費を見直してみることが必要で、
見直した結果それは自分にとって意義があるとなればそのままでいいでしょう。

 

ボクにとって最初に固定費の削減をしたのはおそらく新聞代ですかね。
寮を出てアパートで独り暮らしをはじめた頃は
社会人なんだから新聞(ただし朝刊だけ)をとらないといけない
ってな固定観念があってかなんとなく新聞をとっていました。

でも、ほとんどタイトルを流し見る程度しかしないのに
古新聞だけ溜まっていくのが無駄だなぁと思うようになったのと、
それよりも長期出張の時でも事前連絡したのに配達を止めてくれずに
帰ってくると玄関口の郵便受けに入らない新聞紙が溢れている
なんてことが何度もあって解約してしまいました。
30歳代なかばのころだったでしょうか。

新聞以外の郵便物が郵便受けに入らなまなっていたのも問題ですが
それより何より長期不在を周りに喧伝しているようなものですから
空き巣のかっこうのターゲットになりかねないですからね。
にもかかわらず配達を続けることに腹を立てたというわけです。

で、結局、新聞止めても何も困らないことに気づきました。
それ以来一度も新聞の定期購読はしていませんし今後もしないでしょう。

 

次に無くしたのは、これは固定費といっていいのか分かりませんが、散髪代です。
ボクはいわゆる天パーでしかもかなりの縮れ毛なので
少し伸びてくるとアフロみたいになって帽子も被れなくなってしまいます。
なので最低でも月に1回くらいは散髪しないといけないのですが
これもお金の節約というより毎月会社の休みの日に床屋に行くのが面倒になり
自分で電動バリカンで散髪するようになってしまいました。

最初はすきバサミで毛量を抑えることをやっていたのですが
縮れ毛でも電動バリカンで散髪できることが分かったので、
というか縮れ毛だからこそ余計にトラ刈りになっても分かりづらいようで
適当にちょいちょいと散髪しています。

今や1000円カットなど格安で散髪できますけど
それでもボクは0円ですからね。

 

その次は引っ越しの前後に見直したあれやこれやのことです。
賃貸アパートから中古持ち家に引っ越したので
当然ながらアパート賃貸料がなくなり固定費がぐんと減りました。
それとともに3ヶ所も借りていた駐車場代もなくなりました。

持ち家か賃貸かは議論の分かれるところでしょう。
ここではその議論まで深入りしませんが、
個人的にはそれはその人の価値観によりけりだと思ってます。
ただ、見栄張って新築豪邸やマンション(億ション?)を
大金ローンで買うのはよした方が良いでしょうが。

引っ越し前にはネットをADSLからUQ-WiMaxのモバイルだけにして
合せて固定電話を解約(正確には休止)としました。
ちなみに、固定電話は高額な施設設置負担金なるものが必要でしたが
たしか中古(のナンバー)で半額ぐらいにはなりましたね。
それと、もう今の時代は固定電話なぞ無くても全く困ることはありませんね。

そういえば、携帯電話に関してはその引っ越しより前に
3Gガラケーはメールと通話だけ(無料通話なし)で1000円/月強、
それに3Gスマホは通話無のデータ通院のみで5000円/月弱としてましたが、
一昨年くらいに3Gスマホの通信は解約してWi-Fiのみにしました。
ただ、昨夏に楽天モバイルの4Gスマホにしたので
1500円/月弱が加わったため総額では2500円/月強となってます。
本当はガラケー止めた方がもっと安くなるんですけどね。

 

あとは、電気代の節約という意味で、冷蔵庫の買い替えが大きかったです。
特に節約を意識せずとも1000円/月以上は電気代が安くなってますからね。
他にもLED照明もまぁ少しは電気代節約には繋がっているでしょうし
その他ちまちまと待機電力低減など心掛けてはいますけど。
あっ、そういえば電気ポット24時間保温を止めて電気ケトルにしたのも
それなりに電気代節約になっているでしょうね。

それから、プロパンガスを解約してガスコンロからIHコンロに切り替えました。
自宅は給湯が灯油を使うタイプですし簡単な料理しかしませんから
ガス代はほぼ基本料だけ支払っている状態でした。
それがまるまる無くなって電気代もほとんど増えなかったので大正解ですね。

 

他にも固定費やそれに類する費用の削減手段もあるかと思います。
もし皆さんも節約を考えているのならこれらを参考に
家計の固定費を見直してみてはいかがでしょうか。

|

« 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 | トップページ | 今年もいせさき初市へ行ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節約にはやはり固定費圧縮が王道か?:

« 「デジタル・ポピュリズム 操作される世論と民主主義」を読了 | トップページ | 今年もいせさき初市へ行ってみた。 »