« プラモ製作(73)レイトンハウスCG901B | トップページ | 上野国佐位郡正倉跡八角形倉庫模型を見学 »

伊勢崎オートレース場でオープンカーとラーメン

伊勢崎オートレース場へ行ってみました。
過去何回か行った「鉄馬縁日」というイベントは昨日でしたし
その他のグルメイベントなどもやっていないのですが、
近所で配られるチラシの中にレオーネのオープンカーらしき
クルマが映っていたので見に行ってみようと思ったわけです。

A180701_4 A180701_5

爆音のレースの合間に登場してきたのは確かに
3代目(富士重工製の最終型)AA型スバル・レオーネです。
ボクらはAA型なんて言わずに開発符号の62Fレオーネと呼んでましたが。

サイドのドアは4枚あるみたいですが
ベースは4ドアセダンよりもツーリングワゴンなんですかね。
確かにこのレオーネまではリアサス形式がセミトレーリングアームですから
スペース的にも剛性的にもオープン化はしやすかったのでしょう。
4輪ストラットになったレガシィだとこうはいかないでしょうしね。

華やかで優雅なオープンカーといきたいところですが
後姿はちょっと醜くてがっかりでした。
トラックっぽいというか出来そこないのブラットみたいというか……
乗降通路になっているんでしょうけど
もう少し工夫して欲しかったかな。

それにしてもこのクルマはいつごろ、どこで改造されたのでしょうかねぇ。
フロントウインドウ上部には大きくSUBARUと書かれているので
なんらかの形でスバルがスポンサードしたのは確かでしょう。
もしかしたらスバル(元・富士重工)の伊勢崎工場(バス製造)で
改造されたのかもしれませんね。
それともやっぱり桐生工業で改造されたのかな?

それと、このオープンカー、レース開催日ならいつでも見られるのか
一日でもどのタイミングで出てくるのかなど色んなことが謎です。
常連っぽい人に訊けばすぐ分かりそうな事ですが
さすがにこの場所で常連っぽい人に気軽に声を掛けられるほどの
性格は持ち合わせていませんしね。

あと、ボディサイドのストライプが一瞬ラリっ娘のそれと似てて
プジョースポールかよってひとり突っ込み入れてました(笑)

 

A180701_3 A180701_2
なお、今日は今まで使ったことのない西口という入口から
この伊勢崎オートレース場に入ってみたのですが、
こんなところに路地裏食堂みたいにレストランがあるのを
今さらながら発見しました。

「レストラン宮古」というお店です。
ちなみにこの場所の地名が伊勢崎市宮古町なんですよね。

定食物や丼物やカレーライスなどごく普通の食堂メニューです。
ラーメン(¥500)にしてみました。

ほとんど期待もしてませんでしたが
予想外に佐野ラーメンに似たビロビロの手打ち麺で
さっぱりしたスープとともにまっとうなラーメンでした。
わざわざ食べに来たいというほどではありませんが、
オートレースを見に来たついでに食べるには十分なクオリティですね。

って、何度もいいますがオートレースにもギャンブルにも興味はないので
滅多に来る機会はありませんが……

|

« プラモ製作(73)レイトンハウスCG901B | トップページ | 上野国佐位郡正倉跡八角形倉庫模型を見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66889714

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢崎オートレース場でオープンカーとラーメン:

« プラモ製作(73)レイトンハウスCG901B | トップページ | 上野国佐位郡正倉跡八角形倉庫模型を見学 »