« プラモ製作(74)カワサキZZR1400 | トップページ | いせさき七夕まつりを通覧 »

高崎で予測不能なプラネタリウムを観てきた

高崎少年科学館でプラネタリウムを観てきました。
高崎少年科学館はこの時に「世界のおりがみ展」を鑑賞してきた場所です。
というよりも、自宅からだと高経大に行く途中にあるので
ここのところは毎週その前を素通りしていた場所です。

天気も良いので(?)、いやいやとても暑いのですが
サーモン号で汗かきながら走って行きました。
往復で40km弱なのでまぁちょうどいいくらいの距離ですけどね。

A180713_5 A180713_7

ポケモンのなんちゃらの方は興味がないのでスルーです。
ボクが観たかったのは「予測不能なプラネタリウム」というものです。

あまり喋ってしまうとネタバレみたいになってしまいますが、
いちおうはプラネタリウムで星や宇宙がテーマにはなってますが
構成は完全に普通のプラネタリウムのそれとは異なっていて
半天球スクリーンを使った新映像体験ともいうべきものになってました。

半天球なので3Dみたいな立体的な錯覚もおきますし
座席がぐるんぐるん回ってるかのような錯覚もおきます。
もちろん実際には動きもGも発生していないので
ややもすると乗り物酔いというかシミュレーター酔いみたいになるかもしれませんが、
目を瞑れば動いてないことも分かるし気持ち悪さもなくなります。

と書いててもこの映像感覚は言葉では伝わらないでしょうね。
いちおう、YouTubeにあったトレーラー(予告)映像を貼り付けておきます。

これでも実際にプラネタリウムで観るのとは全然違いますけどね。

全部で40分間、観覧料310円はとってもお得で面白かったです。

 

さて、放映時刻は平日は14:00からの1日1回だけでしたので、
その前に高崎少年科学館の近くでランチをしました。

A180713_1
今日は麺ではなくてソースかつ丼専門店の「蒼屋」(あおいや)です。

本当にメニューにはソースかつ丼しかないお店です。
ソースかつ丼カレーなる謎のメニューもありますが。
面白いのはソースが7種類(冬は8種類)の中から好きなものを選べるというものです。

A180713_3
注文したのはソースかつ丼あいもりA(¥900)なるものを
ご飯少なめでお願いしました。
“あいもり”になると必然的に味噌汁、サラダ、小鉢など付くセットになるんですが、
このあいもりAはかつ6枚に好きなソースが2種類選べるというものです。
他にも、かつ+ハムかつとか、かつ+豚丼とかいろいろなあいもりもありました。
それで、ソースは特製しょうゆとごまみそをチョイスしました。

いやー、このかつめちゃ旨でした。
中身は微かなレア状態で肉汁たっぷりジューシーではないですが
柔らかくで肉の旨味が詰まっている感じ。
3枚づつ重なっていて奥に行くほど大判になってます。

しょうゆソースはあっさりすっきり、ごまみそは赤味噌で
名古屋の味噌カツを思い出させてくれる甘い味です。

ご飯は少なめで注文して正解でした。
それでもかなり満腹になりましたからね。

 

今日はプラネタリウムといいソースかつ丼といい、
大当たりの1日になりました(*^^)v

|

« プラモ製作(74)カワサキZZR1400 | トップページ | いせさき七夕まつりを通覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66936171

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎で予測不能なプラネタリウムを観てきた:

« プラモ製作(74)カワサキZZR1400 | トップページ | いせさき七夕まつりを通覧 »