« プラモ製作(72)マクラーレン・ホンダMP4/5B | トップページ | ルイルイのワイヤー類を短くした »

新書「イスラム教の論理」を読了

B180528_1
前書に続くかたちになりましたが、また宗教色の濃い本を読みました。
新潮新書の「イスラム教の論理」 飯山 陽(あかり)著です。

宗教関係の話をブログネタにするのはかなりはばかられますし
中でもイスラム教は日本人のボクからするとなかなか理解しがたい事も多く
また結構ヤバイ部分に触れそうで怖い気もしますが……

前書を読んでいたのでイスラム教の基本的なことはある程度分かっていたので
この本の内容もある程度はすんなりと理解することが出来ました。

この本の中では大半をイスラム国をはじめとする
いわゆるイスラム教過激派についてのことを中心に書かれています。
そして、イスラム教の穏健派は

 「イスラム教は平和な宗教であり、イスラム過激派やそのテロ活動は
  イスラム教の教えとはまったく一致しない」

と言うが、実はイスラム国のイスラム教解釈は正しく
むしろ多くのイスラム教穏健派よりもよりイスラム教の教義に忠実であると
この著者は書いているのです。

それは、イスラム教が神(アッラー)のみに従い、
つまりコーラン(及びハディース)に書かれていること=イスラム法に従うことであり、
そこには不信仰者に対してジハードすべきと書かれているからだというのです。

もうそのことだけで、イスラム教と他宗教(多神教でも無宗教でも)とは
この地球上で永遠に共存できないことになります。
全人類がイスラム教徒になれば別ですが……

もちろん、今のほとんどのイスラム教諸国ではアッラーが定めたイスラム法とは別に
人間が定めた制定法でもって国を治めていて(それ自体がイスラム法違反)
ほとんどのイスラム教徒の人々も不信仰者に対してジハードすることなく
平和に暮らすようイスラム法との矛盾に折り合いをつけて生活しているわけです。

そういうわけですが、その矛盾は未来永劫解消されることはないでしょうし
一定数の過激派というかイスラム法に厳格に忠実であろうとする
つまりジハードするイスラム教徒はこれまた未来永劫にいなくならないのでしょう。

この地球の人類というのはとんでもなく厄介なものを
抱え込んでしまっているということですね。

 

正直なところ、この本を読んでイスラム教を知れば知るほど
世界平和に対して絶望的な気持ちになりますね。

|

« プラモ製作(72)マクラーレン・ホンダMP4/5B | トップページ | ルイルイのワイヤー類を短くした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66769835

この記事へのトラックバック一覧です: 新書「イスラム教の論理」を読了:

« プラモ製作(72)マクラーレン・ホンダMP4/5B | トップページ | ルイルイのワイヤー類を短くした »