« モルトウィンドアンサンブル演奏会を鑑賞 | トップページ | 千思萬考のラーメンを食べた »

ペヤング・イカしたやきそばを食べてみた

糖質制限を少し緩和したとは言っても以前のように
新作カップ麺を漁って次々と試してみるみたいなことはしていません。
それでもちょっと面白そうなものを見かけるとついつい買ってしまうものです。

特に、まるか食品・ペヤングは地元・伊勢崎市の企業ですから
どうしても贔屓目にみて手に取ってしまうものです。
ダバァ湯切りも止めたので批判する部分も無くなりましたし(笑)

B180527_1

まるか食品・ペヤングの「イカしたやきそば」です。
一瞬、この「イカミスやきそば」の復刻かと色めき立ちましたが
イカスミソースとは書いてなく「ソース味」としか書かれていないので
どうやらイカスミではないみたいですね。
だったら紛らわしい黒っぽいパッケージにしないで欲しいものですが。

さらに、“イカした”から“イカゲソ(下足)”を想像しましたし
パッケージの絵もいかにもイカの足にスポットライトが当てられた感じなのですが……

B180527_2
乾燥具には確かにイカがかなり多めに入っているのですが
特にゲソは含まれていませんでした。
なんか裏切られた感がありますな。

乾燥具を開けるとイカの香りがふわぁ~と広がります。
まぁスルメの匂いと一緒ですが。
ただ、湯切りしてソースをかけちゃうと
残念なことにその匂いが消えちゃいます。

そのソースの味はいつものペヤングのあっさり系とは違って
ややべっとりした濃厚なものになってました。
少し甘めでそれ以上に山椒などのピリっと痺れる系の辛さが特徴です。
匂いだけでなく味の方でもこのソースに負けて

イカの存在感が希薄に感じられてしまうのは残念なところです。

あと、麺はいつものペヤングやきそばのそれと同じだと思うのですが
なんかこころもち太くて柔らかく感じられました。
もしかしたら具のイカの食感を際立たせるために
わざと麺の食感を柔らかめにしているのかも知れませんが、
残念ながらなかなかイカの食感を感じることは出来ませんでした。

 

結局のところ、イカらしい匂いも味も食感も消えてしまっているので
あまり“イカした”カップ焼きそばには思えませんでした。
ちょっと期待外れというかまぁ普通レベルのカップ焼きそばでしたね。

|

« モルトウィンドアンサンブル演奏会を鑑賞 | トップページ | 千思萬考のラーメンを食べた »

コメント

チャレンジして下さい
「ペヤングソースやきそば超超超大盛GIGAMAX」

投稿: nasa | 2018-05-29 12:55

>nasaさん

さすがにそんなに食べれませんし
もうネタ作りのために手を出すようなことはしませんって(笑)

投稿: JET | 2018-05-29 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66768418

この記事へのトラックバック一覧です: ペヤング・イカしたやきそばを食べてみた:

« モルトウィンドアンサンブル演奏会を鑑賞 | トップページ | 千思萬考のラーメンを食べた »