« 久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行 | トップページ | 自動車税と固定資産税は今年も現金納税 »

新書「蘇我氏-古代豪族の興亡」を読了

B180425_1
中公新書、倉本 一宏 著の「蘇我氏 -古代豪族の興亡」を読みました。

高校時代は日本史は(世界史も)ほとんど真面目に勉強してませんでしたが、
そこでは蘇我氏は律令国家建設を阻む守旧派のいわば悪役であって
大化改新(乙巳の変)で中大兄皇子と中臣鎌足によって滅ぼされた
というようなことを習ったはずです。

ただ、最近の歴史認識は変わりつつあって蘇我氏は悪役ではなく
むしろ中臣(藤原)鎌足、藤原不比等など藤原家の陰謀説や
日本書紀でそれらを隠蔽し歴史を捏造したという説が有力になりつつあるようです。

本書でも基本的なスタンスとしてはそのような藤原一族謀略説に立っていますが
それを蘇我氏側にスポットライトを当てて書いている内容になります。

ただ、日本書紀は捏造部分が多いとしながらも
その日本書紀の記述を引用してきての説明が多く、
著者の頭の中では日本書紀の記述のどこまでが史実として信用できるかどうか
様々な検証の中で分かっているのかもしれませんが、
読んでるこちらとしてはどうもすんなり腑に落ちない感じがありますね。

特に、この本を読んだ直後なのでどうしても日本書紀の記述には
斜に構えて捉えてしまいますしね。

 

そして、半分以上のページを乙巳の変の後つまり蘇我蝦夷・入鹿が殺害された後の
蘇我一族の行方についてあてています。
簡単に言えば蘇我本宗家は滅びても石川家などと氏姓を変えて生き延び
以後も国家権力に中枢に関わったという内容です。

でも、この部分は多くの歴史資料からの氏名と官職名の羅列が続いて
内容的にもドラマ性みたいなものはないので面白味がないですね。

直接的にこのように書いてあるわけではないですが、
乙巳の変、壬申の乱などで藤原一族が血なまぐさいことをしたが
それで蘇我氏がその一瞬で滅亡したわけではないのだが
その後の藤原一族の謀略の数々で徐々に蘇我氏の勢力は削がれていき
やがて藤原一族の天下となったということなんでしょうかね。

 

なお、ちょっとだけ源氏との繋がりを示唆するようなことが書かれていますが
ボクとしてはまったくの推論でもかまわないので
そこのところをもっと知りたかったなというところです。

|

« 久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行 | トップページ | 自動車税と固定資産税は今年も現金納税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66651370

この記事へのトラックバック一覧です: 新書「蘇我氏-古代豪族の興亡」を読了:

« 久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行 | トップページ | 自動車税と固定資産税は今年も現金納税 »