« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

幻冬舎新書「臨終の七不思議」を読了

B180509_1
幻冬舎新書の「臨終の七不思議 現役医師が語るその瞬間の謎と心構え
志賀 貢 著を読みました。

別に早期リタイアして既にいわゆる終活を意識しだしたというわけでもないですし
身内の臨終が差し迫った状況になってきたというわけでもなく、
単に未知なるものに対する興味本位という感じで読んでみたわけです。

続きを読む "幻冬舎新書「臨終の七不思議」を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(70)スバル360ヤングSS

B180429_1
またまたスバル360のプラモデルを作りました。
いい加減飽きてきたと言われそうですが
まぁ今年はスバル360生誕60周年ですからお許しを(笑)

前回に続いてハセガワの1/24スケールのキットのものですが
今回のはヤングSSというスポーツグレードのものになります。
どちらもヒストリックカーシリーズとしてラインナップされてるのですが
ヤングSSがNo.6で360デラックスがNo.7ですから
ハセガワとしてはヤングSSの方が先に製品化されたことになりますが、
おそらく企画としては最初からヤングSSもデラックスも両方あって
開発・設計もほぼ同時進行で進められていたものだと思われます。

続きを読む "プラモ製作(70)スバル360ヤングSS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千思萬考のラーメンを食べた

明日から天気は下り坂の予報ですし
下手するとそのまま梅雨入りしてしまうかも知れないので
今日は最近あまり乗れていないバイク(自転車)に乗って
麺紀行をしてきました。

目指すは前々から行って見たいと思っていた
玉村町にある「千思萬考」というラーメン屋さんです。

自宅から普通に行けば10kmもない距離なんですが
今日は広瀬川サイクリングロードを下り島村渡船休憩所経由で
今度は利根川サイクリングロードを上って行ってみることにしました。

続きを読む "千思萬考のラーメンを食べた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペヤング・イカしたやきそばを食べてみた

糖質制限を少し緩和したとは言っても以前のように
新作カップ麺を漁って次々と試してみるみたいなことはしていません。
それでもちょっと面白そうなものを見かけるとついつい買ってしまうものです。

特に、まるか食品・ペヤングは地元・伊勢崎市の企業ですから
どうしても贔屓目にみて手に取ってしまうものです。
ダバァ湯切りも止めたので批判する部分も無くなりましたし(笑)

B180527_1

続きを読む "ペヤング・イカしたやきそばを食べてみた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

モルトウィンドアンサンブル演奏会を鑑賞

今日は柄にもなく吹奏楽の演奏会を鑑賞してきました。
モルトウィンドアンサンブル(Molto Wind Ensemble)は
伊勢崎市を中心に活動している吹奏楽団ということだそうですが
正直なところボクはまったく知りませんでした(汗)

今日の演奏会は第15回定期演奏会ということで
毎年1回の定期演奏をしているようなので
つまりは結成15周年ということにもなるようです。

会場は伊勢崎市文化会館ということなので
確定申告の時に行ったことがありますが、
文化的な催しのために行くのは初めてです。

続きを読む "モルトウィンドアンサンブル演奏会を鑑賞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(69)スバル360デラックス

B180424_1
ここのところのプラモ製作はスバル360ばかり続いていますが
今回もまたハセガワの1/24スケールのスバル360です。
ただ、レース仕様ではなく1968年式デラックスとしてキット化されているものです。

まっ、デラックスというほど豪華で贅沢なクルマではありませんが(笑)
それでもスバル360の中では装備もあれこれ追加されていたり
外観もシルバーモールが多かったりホワイトリボン・タイヤだったりと
豪華グレードになっていますね。

続きを読む "プラモ製作(69)スバル360デラックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンボール椅子展の観覧と麺紀行

水曜日(23日)から今日・金曜日(25日)まで群馬県庁で開催されている
「ダンボール椅子展」というものをちょっと覘いてきました。

A180525_10 A180525_01
このダンボール椅子展というのは
前橋工科大学工学部建築学科の2年生の生徒が
ダンボールだけを使って(接着剤も塗料も使わず)作った椅子の展示です。

ですから、有名な工業デザイナーが作ったものでもないですし
これまた有名な芸術家が作ったものでもないですし
工業製品としての機能や耐久信頼性などが保障された量産品でもないですが、
学生ならではの自由な発想があるのかもと思って見に行ったわけです。

続きを読む "ダンボール椅子展の観覧と麺紀行"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

散歩中のちょっとした出来事など

今朝の散歩中の出来事です。動画でご覧ください。

続きを読む "散歩中のちょっとした出来事など"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

中公新書「倭の五王」を読了

B180430_1
最近、古代日本関連の読書が続いていますが、今回は
中公新書、河内 春人 著の「倭の五王 王位継承と五世紀の東アジア」を読みました。

“倭の五王”と言えば中国史書「宋書」に記された
讃・珍・済・興・武の5人の倭国王のことです。

※なおボクは他の記事では“チャイナ”と書いていて
 “中国”という言葉は極力避けているのですが、
 この記事ではこの本の表記に合わせて“中国”を使います。

続きを読む "中公新書「倭の五王」を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(68)1/32スバル360第2回日本GP

B180424_2
前回、前々回に続いてまた第2回日本グランプリ仕様のスバル360を作りました。
ただ、今回のはちっぽけな1/32スケールのLS(エルエス)製です。
このキットはLSが倒産した後も有井模型から継続生産されていて
今では子会社のマイクロエースからのが継続販売されているようです。

このエルエス製のスバル360は30年以上前にノーマル仕様のを作りましたが、
変な塗装したためか経年劣化でお肌ボロボロになってしまっています。

続きを読む "プラモ製作(68)1/32スバル360第2回日本GP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(5/20)春磐梯オフに参加してきた

昨日のことになりますが、毎年恒例(?)の春磐梯オフに参加してきました。
今回は起点といいますか、集合場所が新潟寄りというか
実際に新潟県内の津川駅(JR磐越西線)でしたので、
関越道で北上して小出ICから下道でR252,R290などを通って行きました。

初めて走るワインディングコースはやっぱり面白いですね。
早朝で空いていたしウェット路面なのでタイヤに優しいのも嬉しかったです。

A180520_13
集合時間には少し余裕があったので
その手前にあった道の駅・みかわ巨木の里にて休憩です。

続きを読む "(5/20)春磐梯オフに参加してきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(67)スバル360 '64日本GP親分車

B180421_1
前作のスバル360第2回日本GPと同じキットをまた作りました。
どちらも同じハセガワの1/24スケールのキットですが
前回のは再販されたもので2017年12月製造の真新しいものだったのに対して
今回のは1997年8月製造と20年以上前のキットという違いがあります。
まぁでも中身は基本的にまったく同じものになってます。

このキットは昔からストックしていたものではなく
数年前にオークションでちょっぴりプレミア価格で落札していたものです。
ですから、再販されたのを知った時は少なからず悔しい思いをしたものですね。

続きを読む "プラモ製作(67)スバル360 '64日本GP親分車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社後のヘンテコ部署の件 その3

前回のこの記事で、30数年前に入社後に配属された
ヘンテコ部署でのトンデモなことの一部を紹介しましたが、
今回はその続きのことを書きたいと思います。

その部署では「モータースポーツ」「シビア」「高速開発」の3つのグループがあり、
ボクはいちおう「高速開発」のグループだったのですが
その他のグループの仕事もかなり手伝わされたことは以前に書きました。
今回はその「高速開発」グループの仕事について書いていきます。

「高速開発」って要は高速で走る車を開発しましょうということですが
競技車両に通じるような技術を先行開発するという意味合いになります。
ただ、「モータースポーツ」「シビア」グループが実践重視というか
「とりあえずやってみる、走ってみる」という側面が強かったのに対して、
もう少し技術者らしく理論的に数値的に捉えようという役割を担わされていましたので、
例えば全日本ラリー優勝車の運動性能計測とかサファリラリー車の冷却性能計測とか
いろいろ雑多なこともたくさんやってました。

続きを読む "入社後のヘンテコ部署の件 その3"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

バーミヤンのBM級グルメフェスを食べてみた

朝の散歩中、バーミヤンの前を歩いていたら幟旗が気になったので
そのバーミヤンでBM級グルメフェスなるものを食べてきました。

A180518_4 A180518_3
それにしてもここのバーミヤン、いちおう中華料理屋さんのはずなんですが
駐車場の一角には小さな鳥居があって神社のようです。
まぁバーミヤンを建てる前からここにあったのでしょうけどね。

続きを読む "バーミヤンのBM級グルメフェスを食べてみた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(66)スバル360 '64日本GP優勝車

B180418_1
今回製作したのはコレです。
ハセガワの1/24スケールのスバル360の中でも
1964年 第2回日本グランプリ T-Ⅰクラス 優勝車になります。

ボクはこの第2回日本グランプリの当時はまだ2歳にもなってないくらいで
そんなレースがあったこともスバルが勝ったことも知りませんし、
それどころか自動車レースっていうものがあることすら知らなかったはずです。

続きを読む "プラモ製作(66)スバル360 '64日本GP優勝車"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自動車税と固定資産税は今年も現金納税

B180516_1
昨年のこの記事で来年はnanacoカード+クレジットカード・チャージで
自動車税と固定資産税を払おうかなと書いていたのですが、
結局のところ面倒臭がってnanacoカードを作ることもサボっていたので
今年もまたコンビニで現金一括納税となりました。

軽自動車(小型自動二輪も含む)3台と小型自動車1台、
それに固定資産税が4期分で合計10万円を軽く超える金額は
予め分かっているとはいえ無職・無収入の身には堪えますね。

続きを読む "自動車税と固定資産税は今年も現金納税"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新書「蘇我氏-古代豪族の興亡」を読了

B180425_1
中公新書、倉本 一宏 著の「蘇我氏 -古代豪族の興亡」を読みました。

高校時代は日本史は(世界史も)ほとんど真面目に勉強してませんでしたが、
そこでは蘇我氏は律令国家建設を阻む守旧派のいわば悪役であって
大化改新(乙巳の変)で中大兄皇子と中臣鎌足によって滅ぼされた
というようなことを習ったはずです。

ただ、最近の歴史認識は変わりつつあって蘇我氏は悪役ではなく
むしろ中臣(藤原)鎌足、藤原不比等など藤原家の陰謀説や
日本書紀でそれらを隠蔽し歴史を捏造したという説が有力になりつつあるようです。

続きを読む "新書「蘇我氏-古代豪族の興亡」を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行

今日は晴れたと思ったら北関東はかなりの強風が吹き荒れてましたので
バイク(自転車)ではなく歩いて近くのラーメン屋さんまで麺紀行してきました。

自宅から2km弱なので歩いていくのに苦になるほどの距離ではありませんが
早期リタイアする以前のボクだったらあまり好んで歩かなかったと思います。
おそらくどうしても行く必要があったとしても強風に抗ってバイクで出かけたでしょう。

でも、今は晴れた日にはほぼ毎日5~6km程度のウォーキング、
多い日には8km以上もの距離を歩いているのでそれが普通になってしまいました。
また、以前は歩くのに1時間もかけるのがなんだか無駄というか非効率と感じたものですが、
早期リタイアした今では別に1時間ブラブラするのを無駄と思わないし
非効率なことを避ける必要もあまりなくなっちゃいましたからね。

続きを読む "久留米ラーメン「玄武門」で麺紀行"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(65)スバル R-2

B180415_1
童友社の1/24スケール ノスタルジック・ヒーローズ・シリーズNo.22の
スバル R-2 デラックス 1969 (The 1969 SUBARU R-2 Deluxe)を作りました。

“R-2”とハイフンが入ってますから、2000年代のR2とは別物ですよ。
あれは見た目のカッコのために居住性だけでなく視界なども捨て去った
その意味ではスバルの良心も捨て去った軽自動車ですからね。
いろいろと異論はあるかも知れませんが、
ボク的にはそのカッコも全然良いとは思えませんし。

続きを読む "プラモ製作(65)スバル R-2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入社後のヘンテコ部署の件 その2

以前の記事で、サラリーマンになって入社後に配属されたヘンテコ部署で
お茶くみと机掃除とゴミ捨てをやらされてたことを書きました。

もちろん、それだけやってニコニコと愛想をふりまいていれば
済むような楽な仕事であるはずもありませんので(笑)
いちおうそれっぽい仕事もいくつかやることになります。

今日はその辺りのことについて少し書いてみようと思います。

その部署「高速開発担当」(担当は係に相当)では
「モータースポーツ」「シビア」「高速開発」の3つのグループがあって
ボクはその中の高速開発グループということになっていましたが
その他のグループの業務もごちゃまぜ状態で手伝っていたことまで
前回の記事で紹介しました。

続きを読む "入社後のヘンテコ部署の件 その2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラモ製作(64)WRXスポーツワゴン

B180413_1
前作前々作に続いてまたまたハセガワの1/24スケールのインプレッサです。
ただ、今回はセダンではなく初代インプレッサ・スポーツワゴンWRXになります。

以前に書いたように初代インプレッサはレオーネの後継という位置づけでも
ありましたから自然な流れとしてワゴンボディも設定しようとなるでしょうし、
すでにレガシィのワゴンブームに突入しつつありましたから
インプレッサにもワゴンを設定するのは何の不思議もありません。

それでも、レガシィ・ツーリングワゴンとのカニバリを避けるためにか
インプレッサのワゴンはリアオーバーハングを伸ばして
スクウェアで使いやすい荷室を構成するという方法は採らず、
5ドア・ハッチバックに近いパッケージングとして
それを結果的に「スポーツワゴン」と銘打ったのでした。

続きを読む "プラモ製作(64)WRXスポーツワゴン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤岡歴史館の「カメラ展」へ行ってきた

A180510_02
群馬県藤岡市にある藤岡歴史館(埋蔵文化財収蔵庫)へ行ってきました。
ちなみに、ラリっ娘を動かしたのは正月のこの時以来です(呆)

藤岡歴史館は周りに古墳などの文化財が
いっぱい密集している場所にあることからも
縄文・弥生・古墳時代からの藤岡周辺の歴史が学べる
市営の歴史博物館となってます。

「カメラ、その技術のあゆみ -誰もが画像で伝える時代へ-」と題した
春季企画展が今週末(5月13日)までの期間限定で開催されているというので
ちょいと面白そうだし無料ですから見に行ってみようというわけです。

続きを読む "藤岡歴史館の「カメラ展」へ行ってきた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「古代の技術を知れば、『日本書紀』の謎が解ける」を読了

B180417_3
PHP新書の「古代の技術を知れば、『日本書紀』の謎が解ける」
長野 正孝 著を読み終えました。

著者の本はこの時の日記でちらっと紹介しました
「古代史の謎は『海路』で解ける」が同じPHP新書としてあります。
この2冊は内容的に重複する部分もあるのですが、
むしろ今回のこの本はその続編とも言える内容になっています。
ただ、この2冊の間に「古代史の謎は『鉄』で解ける」というPHP新書もあり、
ボクは残念ながらその本はまだ読んでいません。

続きを読む "「古代の技術を知れば、『日本書紀』の謎が解ける」を読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(63)スバル 55N 試験車

B180411_1
前作に続いてまたハセガワの1/24スケールの
スバル・インプレッサWRXを作りました。

前作のキットは1994年6月製造のものでしたが
今回のは再販された2018年3月製造の新しいものです。
箱絵の右上に LIMITED EDITION の文字が追記されてますが
中身は基本的に昔のものと変わらないようです。

ただ、面白いのは箱の側面の実車画像や組立説明書の実車画像には
右下に小さくPHOTO:FUJI HEAVY INDUSTRIES LTD.と記載されていたのが
新しいのはPHOTO:SUBARU CORPORATION へとしっかりと変更されてることです。
知的財産権などの問題がからみますからちゃんとしてないといけないんでしょうね。

続きを読む "プラモ製作(63)スバル 55N 試験車"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

退職金優遇金利定期預金はもう終了

退職金は優遇金利のある定期預金にしています。
最初は群馬銀行の3ヶ月定期で次に足利銀行の3ヶ月定期にしたのですが、
その定期も満期となり自動的に屁みたいな0.01%の金利の
通常定期預金で継続されていますから、
次はどうしたもんかと考えていました。

退職金優遇金利の定期預金はネット銀行にはなさそうで
店舗窓口まで行って手続きをしないといけないようなので、
自宅周辺の金融機関に絞って探していくと
もうあまり魅力的な金利の金融機関はないということが分かりました。

もともと、退職金を運用して……という気もありませんし
ちょっとだけ小遣いが増えれば嬉しいなくらいしか考えていませんでしたから
もうどうでもいいかなと思うようになってしまいました。

続きを読む "退職金優遇金利定期預金はもう終了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラモ製作(62)初代インプレッサWRX

B180404_1
ハセガワの1/24スケール、スバル・インプレッサWRXを作りました。
今では、WRXはインプレッサとは独立した別個の車種となっていますが
これはまだインプレッサの中の高性能グレードとして存在していた時代です。
もっと言えば、まだSTIの名前も付いてなくてVer.○とかも現れていない時代です。

初代インプレッサは1992年11月に発売されました。
マーケット的にみると、レガシィがそれまでのレオーネより上級移行したため
レオーネの廉価グレード・クラスのユーザー層の
乗り換え受け皿の車種が必要ということでインプレッサが誕生しました。

事実、レガシィ発売後もレオーネの一部廉価グレードは販売が続けられてましたから
インプレッサはレオーネの後継モデルという位置づけとも言えます。

続きを読む "プラモ製作(62)初代インプレッサWRX"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キッチン・シンク下から浸水して大洪水!

先日のことですが、どうも部屋の中に異臭が漂っているんですね。
どうやらLDK(リビング・ダイニング・キッチン)のキッチン・シンクあたりが臭い。

というわけで、シンクの排水溝のゴミ受け(網のヤツ)を掃除してみることに。
でも、異臭を放つほどの生ゴミなどがあるわけでもなく
ヌメリなども大してなくて結構綺麗なもんでした。
ある程度は定期的に掃除しているから当たり前なんですが。

ならばと、その下のワントラップという構造のうちの塩ビの蓋というか
お椀を逆さまにしたようなものを外して中を見てみます。
と、ここには案の定ヘドロ状のものがたくさんへばりついてます。
ただ、これだけが異臭の原因とも思えませんが……

続きを読む "キッチン・シンク下から浸水して大洪水!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新書「自動車会社が消える日」を読了

B180503_1
文春新書の「自動車会社が消える日」井上 久男 著を読みました。

ボク自身は元・自動車会社の社員であったわけですが
早期リタイアして退職金も一括でもらってしまったので
残るは健康保険くらいしかしがらみはなくなってますので
その自動車会社が消えてしまっても切実な問題はないのですが、
まぁそれでも元社員としても一ファンとしても周辺地域住民のひとりとしても
そうそう簡単に消えてなくなってしまって欲しくないわけでして……

続きを読む "新書「自動車会社が消える日」を読了"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモ製作(61)フィアット・バルケッタ

B180402_1
前回のユーノス・ロードスターからのオープンカーつながり
というほどでもないですが今回はフィアット・バルケッタを作りました。
キットはフジミ1/24スケールのものです。

バルケッタはロードスターの成功に触発されて開発されたともいわれる
オープンスポーツカーのうちのひとつで
1995年から2005年まで販売されていましたが、
少なくとも日本市場ではそんなにメジャーな存在にはならなかったと思います。

にもかかわらず、フジミがこれをプラモデル・キット化したのも不思議ですが
つい最近になっても模型屋に在庫が並んでいるくらいなのも不思議です。
ボクがこのキットを買ったのは数年前ですが、
それでも製造が2013年12月になってますから売れ残りというわけでもないですしね。

続きを読む "プラモ製作(61)フィアット・バルケッタ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日は栃木の友人が訪ねてきてくれた

ここのところ昨日の出来事を時差で記事にすることが多くなってしまいましたが
まぁこれぞJET-LOGならぬLET-LAG(時差ボケ)ですからお許し願いますね。

A180501_2

で、昨日(5月1日)には栃木県に単身赴任されている旧知の友人が
自宅を訪ねてきてくれました。
昨春のこの時にも来てくれたTOMOさんです。

続きを読む "昨日は栃木の友人が訪ねてきてくれた"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昨日は埼玉の友人が訪ねてきてくれた

昨日(4月30日)に、埼玉の友人が桐生市の鳴神山(なるかみやま)登山からの
帰りがけに自宅を訪ねてきてくれたので、
おじさん二人で近くのイタリアンレストランで遅めのランチをしてきました。

A180430_1
伊勢崎市内のショッピングモール街にあるシルクロードというお店です。
休日の昼とはいえ2時過ぎなのに店内は満席に近い状態で驚きましたね。

続きを読む "昨日は埼玉の友人が訪ねてきてくれた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »