« さだまさし著「やばい老人になろう」を読了 | トップページ | プラモ製作(57)プジョー206WRC 1999 »

感震ブレーカー・アダプターを装着

ふと思い立って感震ブレーカー・アダプターを取り付けてみました。
感震ブレーカーとはある程度大きな地震を感知すると
電気の元を遮断するプレーカーのことです。

大地震で停電した後に電気が復旧した時に漏電とかしていると
そこから発火して火事(=通電火災)になってしまう場合が多々あるらしいので、
大震災で避難するような場合にはブレーカーを落としておくことが大切です。
とはいえ避難を要するくらいの大地震直後であればテンパってる可能性も高く
ブレーカーを落としておくことを忘れちゃいそうですから
大地震時に自動で落ちるブレーカーにしておくと安心というわけです。

ただ、ブレーカーごと全交換するのは大事になりますから
既存のブレーカーに装着する簡易型のアダプターを取り付けました。

B180401_1
後付の感震ブレーカー・アダプターにもいろいろなタイプがありますが
今回取り付けたのはこちらのものになります。
なんとなく評判が良さそうだったのでね。

株式会社リンテック21のヤモリ(YAMORI)GV-SB1という製品です。
楽天さんで送料無料で3000円弱でした。

B180401_2
取り付けはとっても簡単です。
本体ブラケットをブレーカーのレバーの上に付属の両面テープで貼り付けるだけです。
地震の際には内部で揺れを感知してトリガーが引かれてバネの力で
バンドが押し下げられてブレーカーのレバーを落とす仕組みです。

レバーの下に貼り付けてバンドを引っ張るようにも取り付け可能ですし
バンドの長さ調節や本体の取り付けの奥ゆきも調節可能なので
取り付けの自由度がかなり高いのが良いですね。

作動条件が震度5強と震度6弱と選べるので6弱に設定しました。
まぁそれほど弱い建物でもないでしょうからね。

これでいつ大地震が来ても安心ですね、って絶対に来て欲しくないですが。。。

|

« さだまさし著「やばい老人になろう」を読了 | トップページ | プラモ製作(57)プジョー206WRC 1999 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66575693

この記事へのトラックバック一覧です: 感震ブレーカー・アダプターを装着:

« さだまさし著「やばい老人になろう」を読了 | トップページ | プラモ製作(57)プジョー206WRC 1999 »