« プラモ製作(58)プジョー206WRC2000 | トップページ | 健康診断の強制はないので体組成測定だけ »

入社後に働き方意識の違いに驚いたこと

30数年前にサラリーマンになって入社後にヘンテコな部署に配属されたこと、
そしてそこでお茶くみと机掃除、ゴミ捨てをやらされていたことは
以前に記事に書きましたが、
今回はそのヘンテコな部署だけのことではなく
いわゆる今で言う“働き方”の意識に関してあまりにも自分のそれと違っていて
驚くとともにどうしても馴染めなかったことを書いてみようと思います。

ボクは転職していろいろな会社を経験したわけではないので
たまたまそういう風土というか働き方の意識の会社であったのかどうか分かりませんし、
その会社でも部門などによっても違いがあるでしょうから
全社的にそうであったかどうかは分かりません。
でも、日本の会社だと似たようなところも多いのかなとも思いますが。。。

具体的には残業や休日出勤などの時間外勤務と有給休暇に関することです。

1)時間外労働について

入社前までは、残業にしても休日出勤にしても時間外勤務というのは
上司から頼まれて渋々というか仕方なくやるものだと思っていました。
ところが、残業代目当てで残業している人がとても多い、というか
残業代込みでの毎月の給料が大前提になっているのが実態で
そしてそれが当たり前という感覚がはびこっていたんですね。

ボクが社会人として働き始めたのは1986年の春からで、
その前年の1985年に例のプラザ合意があり円高となって
自動車輸出が主力だった会社は急激に業績不振に陥りました。
ですから、入社してからすぐに残業規制なるものが始まっていました。

円高になったからといって自動車の開発業務は仕事が減るわけではないのに
会社側は残業代をケチりたいから残業規制するという魂胆です。
裏返して言えば、今までは仕事がたくさんあったから残響してもらっていたわけでなく
つまりは従業員は残業代欲しさに残業していたということです。

そして、上司から頼まれて仕方なく残業するのではなく
従業員が自分の意思で残業代欲しさに(大した仕事もないのに)残業するのを
上司(会社)から規制・抑制されるという逆転してしまった状態なわけです。
それなのに、周りはそれが普通だという感覚なので驚愕したのです。

なんせ、上司から「今月は○○時間まででお願いします。」と
お願いされるわけですから。
「今月は悪いけど○○時間は残業してください。」じゃないんですからね。

しかも、人によっては管理部署と交渉して「今月は追加で○時間貰ってきた」とか
さも自分の手柄のように部下に通達している管理職の人もいて、
さらにそれを聞いて喜んでいる部下がいるというなんとも不思議な状態でした。

もちろん、残業代は残業という仕事(拘束時間?)の対価として
妥当と思われる額に設定されているはずですし
残業代もらって嬉しいと思うことは当たり前の感覚でしょうが、
それは臨時収入としてとらえるべきものであるはずだし
ましてや自らの意思で残業をして残業代を稼ぐって考え方は
かなりの違和感を感じました。

そうは言っても、ボクはどうしても残業したくなかったとか
休日出勤は我慢ならないというほどでもなかったので、
まぁそれなりに残業も休日出勤もしてましたけどね。

 

 

2)有給休暇について

社会人になる前まではアルバイトくらいしか経験がなかったので
有給休暇が具体的にどういうものかはあまり分かっていませんでした。
もちろん、休んでも給料は減らされないことくらいは知ってましたが。

自動車業界は昔から有給休暇取得率はかなり優秀な業界だったと思いますが、
おそらく会社側としては計画的(=休暇が集中して工場操業に支障がでないよう)に
休暇を取ってもらった方が良いという考え方があるからでしょう。

そして、何でも横並びというか皆揃ってが好きな日本企業らしく
休暇取得が少ない人にはなかば強制的に休暇を取らせるといったことになります。

また、開発部門というのは生産工場ラインなどとは違って
同じ日に部署内の人と休暇が重複しても
業務に大混乱をきたすことはほとんどあり得ないのですが、
なぜか当時は同じ部署内で休暇が重複するのは悪という風潮がありました。
会社優先の体裁を繕いたいという感覚が働いていたのかも知れません。

ですから、場合によっては上司から有給休暇日を指定されるなんてこともありました。
ある先輩は、仕事したいのに休みを取らされるとグチってましたが
それはそれで(給料は変わらないのに)仕事したいって気持ちが
ボクにはまったく共感できませんでしたが。。。
まぁ、仕事したいというより会社に来たいというか
他にやることがないとか居場所がないということだったのかも知れませんが。

それはともかく、有給休暇は休みたい時に休めるものでもなく
休みたくなくても休まなければならないという
なんともやっかいなものだというのを知って驚いたのでした。

|

« プラモ製作(58)プジョー206WRC2000 | トップページ | 健康診断の強制はないので体組成測定だけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66640299

この記事へのトラックバック一覧です: 入社後に働き方意識の違いに驚いたこと:

« プラモ製作(58)プジョー206WRC2000 | トップページ | 健康診断の強制はないので体組成測定だけ »