« SB新書「宇宙に命はあるのか」を読了 | トップページ | 第53回逸品日本刀展示会を覘いてきた »

プラモ製作(54) ニッサンR381

B180303_1
今回製作してみたのは、こちらのタミヤ製1/18
チャレンジシリーズNo.2のニッサン R381です。

1/18スケールとなんとも中途半端というかそれなりに大きなキットです。
組立て説明書には「1969年7月発売キット」とわざわざ書かれてますが
その組立て説明書の印刷は1995年7月になってますから
リニューアル再販されたキットだと思われます。

元々はエンジン内にモーターを仕込んだモーターライズ・キットとして
設計されたものをリニューアル時にその部分を省いたキットのようで
電池ボックスらしき残骸やその蓋などもそのままになってます。

そんなわけですから、サスペンションなどを含めて構造的にも原理的にも
実車を模して再現されているディスプレイ・キットではありません。
コックピット内もエンジンなどもかなりデフォルメしてあるようで
大きなプラモデルだからといってその分細部まで再現されているわけでもありません。

つまり、かなり大味なキットということですね。
ビカビカのメッキパーツがやたら多いことからも
なんだか’60年代のアメ車に通じるような印象も受けますね。

そもそも、R381は1968年の第5回日本グランプリで登場した
グループ7レーシング・マシンなわけですが、
当時小学校に上がるかどうかくらいの田舎のはなたれ小僧だったボクには
そんなレーシングカーの世界とはまったく無縁でしたから
このマシンについてさしたる思いも縁もないのです。

なのに、何故こんなプラモデルを買ってストックしていたのでしょう???

 

作りだして気が付きました。
このマシンはエアロスタビライザーと呼ばれる
左右別体の可変式のリアウングが備わっていて、
このキットではそれが可動することになっているのです。

おそらく、そのメカニズムに興味というか面白そうというだけで
このキットを買ったのでしょう(笑)

ならば、それ以外の部分にはこれまたあまり拘ることなく
簡単に製作してしまいましょうかね。

C04_1 C04_2 C04_3
やはり50年近く前の金型設計のプラモデルということで
タミヤといえども当時はこんなレベルだったのねと思うとともに
いくらリニューアルとはいえバリや歪みなどはそれなりに多いです。
なので、各部の合いの悪さとかも出ちゃってますし
さらに塗装の色合いまで各パネルで不揃いになってしまって
チグハグ感が酷い出来になってしまいました(汗)

それでも、上下別パーツになっているフロントカウルや
これまた後端が別パーツになっているリアカウルなどの合わせ目は
いちおうパテ埋めして水研ぎでスムージングしたりと
最低限のことはやったつもりなんですけどね。

ビカビカのメッキパーツにしてもちょこちょこと部分的に
上から薄く塗装をしてみました。気分の問題程度ですけどね。
パイピングなどを施したりすればグッとディテールアップするんでしょうけど
面倒なのでやりませんでした。

C04_4
なお、肝心の(?)エアロスタビライザーですがこんな感じです。
右コーナーを想定して外輪側の左側をドライバーで押してみると
リンク機構によって赤矢印のように押されて内輪側の右側のウイングが立って
ダウンフォースが増えて内輪の接地荷重を確保しようということになります。

実際のコーナリングでは左側のウイングは水色矢印のように引っ張られて
左側ウイングは水平方向に動くことになるわけですね。
でもでも、実車は油圧作動だったそうですから
これとは作動メカニズムがまったく違うんですけどね。

現在のレギュレーションでは可変エアロパーツは許されてませんが、
一度ラジコンカーとかで効果検証してみたい気もしますなぁ。
あくまでも妄想だけなんですが…

|

« SB新書「宇宙に命はあるのか」を読了 | トップページ | 第53回逸品日本刀展示会を覘いてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66465814

この記事へのトラックバック一覧です: プラモ製作(54) ニッサンR381:

« SB新書「宇宙に命はあるのか」を読了 | トップページ | 第53回逸品日本刀展示会を覘いてきた »