« 「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」を読了 | トップページ | プラモ製作(52) ロメオGTA1300ジュニア »

無料市内コミュニティバスに乗ってみた

A180326_9
伊勢崎市内では「いせさきしコミュニティバス あおぞら」という市営バスが運行しています。

誰でも無料で乗れるというのが交通弱者にとってもありがたかったのですが、
なんと残念なことに翌4月1日からは1回200円と有料になってしまうのです。

今まで一度もあおぞらには乗ったことがありませんので
ここはひとつ無料のうちにどんなもんだか体験しておきましょう、
ということで乗ってみました。

全部で10路線もあるので、さすがに無職の身でも
用もなくそれらすべてに乗ってみるほど閑でもありませんから
厳選して(笑)2路線だけら絞りました。

主に伊勢崎市の北部郊外を周るような「波志江・赤堀・あずま連絡バス」と
主に伊勢崎市の南東部方面に向かう「境シャトルバス」です。

いずれも自宅近くの伊勢崎駅南口から乗り降りできますから
そこから乗って途中降りずにまた伊勢崎駅南口まで戻ってくることにしました。
すると、それぞれおよそ2時間くらい乗りっぱなしという状態になります。

同じバス停で何度も停まったりあちこち寄り道しながらなので
延べ走行距離は不明ですが時間からすれば40~50kmくらいですかね。
ただ、伊勢崎駅を起点に考えて最も遠いところでも15km以内という感じです。

ちなみに便数は1日に4~5便程度とかなり少ないです。

 

ボクは伊勢崎に引っ越ししてきてからかれこれ5年近くになろうとしているのに
今までこのあおぞらに乗ったことがなかったのは、
結局のところ15kmくらいの距離なら自転車で行っても1時間はかかりませんし
自転車なら自由な時刻に自由に行って帰って来れるので
敢えてバスに乗る必要もないからなんですね。

まぁ、雨の日や風の強い日は自転車は辛いですが
そんな時に無理して外出する必要性も薄いですし
どうしてもという場合はやはりクルマになってしまいますからね。

A180326_5 A180326_8
そこで、どのくらいの人がそしてどんな人が利用しているのか興味があったのですが、
まず意外にも市街地近郊だと満席状態になるほど利用客が多いです。
といっても運転手含めて座席は12個ほどですけどね。

そして、やはり高齢者や身障者などの割合が多いようです。
終業式の日だったからか午後からは学生さんがチラホラですね。
外国人の方がもっと多いのかと思っていたらそれほどでもなかったです。

有料になっても65歳以上、身障者、学生は無料となるそうなので
これら交通弱者の方には有料化のしわ寄せはこないみたいです。
となるの残りが3割くらいですからその人たちからお金を徴収しても
市営バスの運営資金としてはあまり足しにならない気もするんですがねぇ。

たかが200円ですが最長15km、往復30kmなら
クルマのガソリン代の方が安上がりですから、
脱クルマの流れからは逆行してしまっているのは確かです。
まぁあまりそんな人もいないようですが
無料ならバスを使おうかとも思わないでもないかも。。。無理かな。

 

なお、このあおぞらは、J BAS(ジェイ・バス)製となっていました。
日野といすゞの合弁会社ですね。もちろん富士重工製なわけはありません。

かなり幅狭ですんづまりのバスですが
センターラインもない裏路地にも入り込むので
このくらいのサイズでもギリギリという感じです。

このくらいのバスにはあまりなじみがありませんでしたが
想像より遥かに乗り心地がまともでびっくりしました。
ガタピシとハーシュはそれなりに音してますが角が丸められて不快ではないですし
段差での突き上げはかなりうまくいなしていて後輪上の最後尾席でも快適です。
それよりなにより短いホイールベースなのにピッチングの処理が上手くて
フラット感があり気持ち悪くならないのが良いところです。
ロールも上手に抑えてあります。

トルコン式ATのようですが変速ショックだけはいただけませんでした。
PSAのAL4並みと言えば分かる人には分かるでしょうか(笑)
ただ、それでもその変速ショック時も嫌なピッチングは起きないので救われます。

と、ついつい現役時代のように車両評価をしてしまうのでありました。
悲しいサガですな(^^ゞ

|

« 「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」を読了 | トップページ | プラモ製作(52) ロメオGTA1300ジュニア »

コメント

ウチの地域もこれと同じ型のバスが頻繁に走ってます。一時間に4本くらいの間隔です。
基本、高齢者や身障者向けのようで、余り若い人は利用してないような印象ですが、オヤジが入院してる病院の真ん前まで行ってくれるので重宝してます。
通路に人が立つくらいの状況だと、前後の行き来が困難なのでどうにかならんかなと思いつつ・・・。

投稿: こしょやん | 2018-03-28 13:00

>こしょやん

お久しぶりです。

幅の狭いバスなので通路も狭くなるのは仕方ないですね。
立ち客が多いの路線だったら座席を減らしてでも通路を増やす手も考えられますが
高齢者や障害者の利用が多いことを考えるとそれも得策ではないですしね。

群馬・伊勢崎ではそんなに満員になりませんしバス停でもせかせかしてないので
特に困りませんけどね。

それにしても1時間に4本とはなんとも羨ましいですなぁ。さすが都会は違いますね。

投稿: JET | 2018-03-28 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66540710

この記事へのトラックバック一覧です: 無料市内コミュニティバスに乗ってみた:

« 「閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済」を読了 | トップページ | プラモ製作(52) ロメオGTA1300ジュニア »