« 無料市内コミュニティバスに乗ってみた | トップページ | 28日分の失業給付のためにハローワークへ »

プラモ製作(52) ロメオGTA1300ジュニア

B180225_1
今回も前回に続いてグンゼ産業製のイタリア車を作りました。
1/24スケールのアルファロメオ GTA 1300 ジュニアです。

33→147と2台も乗り継いだ元アルファロメオ乗りのボクですが
この時代のアルファロメオって案外と複雑な車名構成なので
ここで一度整理してみたいと思います。

アルファロメオ ジュリエッタの後継モデルとして1962年に登場したのが
アルファロメオ ジュリア・ベルリーナという4ドアセダンで
いわゆる「醜いジュリア」とも囁かれたクルマですね。

その翌年の1963年にそのジュリア・ベルリーナの2ドアクーペ版として
ジュリア・スプリントGTが登場します。
こちらはベルリーナとは全然違うベルトーネ時代のジウジアーロのデザインで
今回作ったキットもその通称「段付き」と同じデザインになってます。

そして、1965年にそのジュリア・スプリントGTの小排気量版として
1300ccのアルファロメオ GT1300ジュニアが登場します。

ジュリア・ベルリーナとジュリア・スプリントGTは
形が全く違うクルマなのに同じジュリアという名前なのに
GT1300ジュニアはジュリア・スプリントGTと
基本的に同じ形のクルマなのにジュリアという名前が消えて
替わりに最後にジュニアと付くというのですから混乱します。
特に日本語だとジュリア(Giulia)とジュニア(Junior)ですから一字違いでややこしい。

それと、1965年にはジュリア・スプリントGTをアルミボディなどで
徹底的に軽量化したジュリア・スプリントGTAが登場します。
AはAlleggeritaの頭文字でイタリア語で軽量化の意味ですね。

それで、1968年になってそのジュリア・スプリントGTAの小排気量版として
登場したのが今回のキットになっているGTA1300ジュニアとなるわけです。
なにやらとってもややこしいですが、こうやって書いてみて整理できてきました(笑)

さらにジュリアTZとかジュニアZとかもあったりしますが。。。

N10_1 N10_2 N10_3
定番の赤でボディは塗りました。
ですが、今回はちょいと失敗してしまいました。

グンゼのこのシリーズにはGTA以外にジュリア・スプリントGTなどもあるようで
ボディパーツなどはそれらと共通にしているみたいなんですよ。
ドアラッチなどの形状が異なっていてドアに大きな凹みがあるんですが
GTAは軽量化のためか簡素な取っ手が付いているだけなので
このキットではその凹みを別パーツで埋めるようになっているんです。

本来ならば最初にその穴埋めパーツを接着してさらにパテ埋めして整えて
それからサフェサー噴いてボディ塗装をしなければならないのですが、
そのことに気づいたのはボディ塗装をしてモール類のシルバー塗装も入れて
墨入れもして細かな外装パーツ類を付けている時でしたから
もう後の祭りということになってしまいました。

さすがにやり直す気力も技術もないので細かな段差はそのままで
さらに塗装もその部分だけは筆塗りで誤魔化しちゃいました。
って誤魔化しきれてないので失敗は失敗のままですな。

他にも下回りの第一マフラーの位置が違うのがあるようで
その取り付け用の穴が余分に開いています。
これがどっちか分からずに一度間違えて取り付けてしまい
その修正も適当にやったので見苦しくなってしまいました。
本来は余分の穴もパテ埋めしないといけませんね。

またこのキットは全体の造形としてなんか平べったいというか
前後に間延びしたような印象を受けるんですけどね。
実車は現代のクルマの中ではかなり小さなサイズですが
当時としては立派なサイズでしたからその辺りの意識の差というか
それを見越した模型としてのデフォルメ具合の違いが
そう感じさせるのかもしれないですけどね。
まぁでもこのくらいの出来で満足としますかねぇ。

 

A040529_010
ちなみにこちらはGTAではありませんが、某氏のGT1300ジュニア。
2004年5月某所での撮影ですね。
まだ維持しているのかな。

|

« 無料市内コミュニティバスに乗ってみた | トップページ | 28日分の失業給付のためにハローワークへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66450470

この記事へのトラックバック一覧です: プラモ製作(52) ロメオGTA1300ジュニア:

« 無料市内コミュニティバスに乗ってみた | トップページ | 28日分の失業給付のためにハローワークへ »