« リタイアしたら階段の使用頻度が激減 | トップページ | 新書「シャーデンフロイデ」を読了 »

プラモ製作(50)グロリア・オープン

B180219_1
さらにまたこのシリーズのプラモデルを作りました。
有井製作所の1/32オーナーズクラブ No.32となる
’64年式 プリンス・グロリア・オープンです。

おそらくこんなクルマは当時からして超希少車だったでしょうから
子供の頃に身近に見かけていた記憶は皆無ですし
今現在でも旧車イベント等で見かけることもまずありません。

完全に1950年代から1960年代初頭のアメリカン・フルサイズカーへの憧れを
日本的サイズで作ったようなクルマですよね。

もっとも1970年代にはアメリカン・マッスルカー風デザインを
大衆車クラスにも取り入れちゃった日本の自動車メーカー各社ですから
プリンスは日本の中ではかなり時代の先端を行っていたと言えるのかもしれないですね。

技術的にも当時の日本車の中では結構進んでいたみたいですし
さすが立川飛行機と中島飛行機の流れを汲むプリンス自動車という感じです。
「技術の日産」というキャッチフレーズがありましたが(たぶん死語ですね)
本当は「技術のプリンスを合併した日産」だっただけなのかも知れません(汗)

まっ、なんにしてもこの手のクルマは個人的には
あまり壺にはまるようなものではないのですが、
同一スケールでのシリーズものとしてはあってもいいかなとの
軽い気持ちで作ってみることにしました。

30数年前に作った同じ1/32スケールのグンゼ産業の
アメリカン・フルサイズカーと並べて見るのも面白いかも知れませんしね。

V13_1 V13_2 V13_3
実際に当時の新車でこんなツートンカラーのボディカラーがあったかどうか
さらにこんな内装カラーとの組み合わせがあったかどうか
まったく知りませんが、適当に雰囲気だけで塗ってみました。

それにしてもシルバー(実車ではクロームメッキでしょう)のモール類が
やたらと多くてゴージャスというかデコラティブですねぇ。
このモール類のシルバー塗装が一番時間がかかったところですね。

ちょっと腰高な感じが残念ですがホワイトリボン・タイヤの塗装も含めて
まずまず雰囲気は出せたかなと思ってます。

|

« リタイアしたら階段の使用頻度が激減 | トップページ | 新書「シャーデンフロイデ」を読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66425470

この記事へのトラックバック一覧です: プラモ製作(50)グロリア・オープン:

« リタイアしたら階段の使用頻度が激減 | トップページ | 新書「シャーデンフロイデ」を読了 »