« 文春文庫「『空気』の研究」を読了 | トップページ | リタイアしたら義理チョコすらなくなった »

現役時代「水を差す」のに成功した思い出

昨日の「空気の研究」という文庫本の中に出てきた「水を差す」という行為。
その記事の中でもボクは「水を差すようなことを言うな」とよく怒られて
結局その場の空気を変えることは出来なくて水を差すことに
失敗してばかりだったと書きましたが、
ほとんど唯一といっていいほど「水を差す」ことに成功したことがありました。

それは、ボクがスバル・エクシーガの開発から発表・発売までの
一連のプロジェクトのひと仕事が終わってから
○○3という開発コードが付いた先行開発のプロジェクトに携わっていた時のことです。

その先行開発は次期プラットフォームの検討ということになっていたんですが、
当時の先行開発などを仕切っていた役員さんの構想というか夢のようなものですが
まったく新しいパワーユニットのレイアウトにするなどの
それありきでスタートした先行開発だったんです。

ちょうどその頃はアウディが4代目A4から新しいレイアウトで
前輪の位置を前出ししてFRのようなつまりベンツやBMWのような
プロポーションを実現してきていたので、
スバルとしても似たようなことをやりたいというわけです。

BMW高くても売れるし、BMWカッコイイし、やっぱり重量配分は50:50だよな。
という能天気な発想ですね。

でも、スバルは水平対向エンジンとAWDだけは死守しないといけないから
それでアウディと似たようなことができないかという検討をすることになったわけです。

しかしですね、当時はGMとの提携が切れて筆頭株主がトヨタになり、
それと同時にプレミアムブランドを目指そうとか“走り”一辺倒から脱却して
社内的に「Confidence in Motion」の言葉も検討しはじめた頃だったのですよ。
スバルは日本のBMWになるとかアウディになるとか
そんなものは過去の話になったはずなのに
そんなよこしまな発想から新しいプラットフォームを検討するなんて馬鹿げてます。

まぁエンジニアとしては今までとはまったく違ったレイアウトの技術に
チャレンジするってのはやりがいにもなるしロマンも感じるってものですし、
それまでも何度もそういったまったく新しいレイアウトへのチャレンジもしてきて
実現できなかったので悲願というような気持ちも分からないではありません。
もしかしたら、そのような新しいプラットフォームを作れれば
名を上げられるとか名を残すことができると考えたのかもしれませんが。

でも、前輪位置だけ前に持っていっても室内は広くなりませんし逆に狭くなりますし
重量配分50:50安定した走行性能最適解ではありません
それに重くもなるしコストもさらにかかるようになります。

人に優しく安心・安全なクルマを作るのがスバルのはずなのに
BMWに見えるようにするためにこんなことをやるのは馬鹿げているわけです。

 

ただ、一番の問題はそこではなく、
この新しいプラットフォームの検討といっているものが
実はプラットフォームではなく単に次期レガシィだけのレイアウトだったのです。

自動車メーカーがいうプラットフォームというのは
ひとつのプラットフォームから幾つもの形の違うサイズの違うクルマを生み出し
部品の共通化、開発効率向上、生産効率向上などを図るものです。

でも、この記事で書いたようにそれまでのスバルでは
共通プラットフォームという概念はなかったのです。
ただ、レガシィを開発してそれをベースにインプレッサ、フォレスターを作っていくだけ。
最初からインプレッサやフォレスターを設計要件にいれて
レガシィを開発するわけでもないです。

そして、その当時はレガシィ用に作ったプラットフォーム部分はもうそのまま
インプレッサやフォレスターに使えないものとなっていたので、
実質的にはレガシィは専用プラットフォームと言えなくもない状況だったわけです。
ですから、新たなプラットフォームを検討するとなった場合は
それはレガシィ専用の新たなプラットフォームを検討すると同意語になってたわけです。

けれども、そんな無駄なことをしている自動車メーカーなんてありませんよ。
例えば、トヨタならヴィッツからカムリ・クラスまで同一プラットフォームです。
ましてやパワーユニットまで新規でレイアウトを変えるということは
エンジンもミッションもすべてレガシィ専用のものをイチから作るということです。

じゃぁ、逆にその新たなレイアウトの新プラットフォームでインプレッサを作るか?
となれば全幅は1800mm以下にならないしFFはできないし
価格は10万円以上高くなるし…
そんなインプレッサが売れるのですか???

 

そう、最後の部分がボクが「水を差した」ひと言となったわけです。

それ以降、他のメンバーも急速にこの新しいレイアウトに対して
後ろ向きになっていきました。
ただ、そのプロジェクトのリーダーからは完全に疎まれ恨まれ、
会社に来るな!」と言われましたけどね(笑)

 

結局、この先行開発のプロジェクトは中止になりましたし
全スバル車の要件を整理し共通プラットフォームを検討すべしの動きになりました。
それがスバルとして初めての共通プラットフォームと呼べる
スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)の開発に繋がっていくことになります。

ボク自身はこのSGPにはなんら直接関与しませんでしたし
それから何かを生み出したわけでもないので
まったく名を上げたり名を残したりしてませんけどね(笑)
水を差して何かを止めさせて評価される会社はほとんどありませんしね(爆)

|

« 文春文庫「『空気』の研究」を読了 | トップページ | リタイアしたら義理チョコすらなくなった »

コメント

なかなか表に出ない開発秘話、興味深く読ませていただきました。

もしそのまま暴走し続けたとしたら今のスバルはあったのか?と考えると、間接的とはいえ陰の功労者ですね。

投稿: ぶらっと | 2018-02-15 00:54

>ぶらっとさん

まぁ最後にはお金がないということで暴走し続けることはなかったでしょうし、
ボクもそうなることが分かっていたので無駄な仕事はしたくなかった
と考えていたわけです。

ただ、ここでやっとプラッフォーム流用ではなく共通のプラットフォームを
作るんだということに気づいたのは今のスバルに繋がったと思ってます。
それが成功なるかどうかはまだ結論が出てませんけどね。

投稿: JET | 2018-02-15 08:14

相変わらずJETさんの開発秘話、おもしろいですねぇ~。
ご本人は秘話じゃなくて事実だよ、っておしゃるでしょうけど・・。

投稿: おおたけ | 2018-02-15 18:12

>おおたけさん

もちろん、ボクが知らない裏の裏の事情もあったのかもしれないですね。
ですから、違う立場から見ればまた真実は違うかも。。。

投稿: JET | 2018-02-15 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66352063

この記事へのトラックバック一覧です: 現役時代「水を差す」のに成功した思い出:

« 文春文庫「『空気』の研究」を読了 | トップページ | リタイアしたら義理チョコすらなくなった »