« 現役時代「水を差す」のに成功した思い出 | トップページ | プラモ製作(44) ランボルギーニ・イオタ »

リタイアしたら義理チョコすらなくなった

ぼっちのオジサンなのでバレンタインデーだからといって
チョコレートをくれるようなパートナーがいるわけありません。

それでも会社に勤めていた頃には職場の女性が
気を使って小さなチョコを配ってくれることが多かったです。
いわゆる義理チョコというやつですね。

まぁチョコが欲しいともあまり思いませんでしたし
ましてや義理チョコなんて風習はくだらないなと思いつつも
もちろん笑顔で嬉しそうな顔をして受け取っていましたけどね(笑)

ただ、もう早期リタイアして義理チョコすら貰わなくなりました。
ホワイトデーも有名無実化するので気が楽です。

と、これだけではブログ記事としてはあまりにショボイので、
スーパーマーケットで見かけたこんなものをネタ作りとして買っちゃいました(笑)

B180213_2 B180213_3
相模屋の「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ チョコレート味」です。

「大豆だけでつくりました。乳製品は使用しておりません。」
と書いてありますが、原材料には果糖ブドウ糖液糖などと書かれてますし
成分表示でも120g中に炭水化物11.4gですから
糖質制限中としては少し微妙なところですかね。
乳糖不耐症の身としては乳製品ゼロなのはありがたいですが。

本物のマスカルポーネもよくわかってないのですが(^^ゞ
豆腐っぽさはほとんどなくて滑らかクリーミーな舌触りです。
ただ、予想以上に甘くて驚きました。
一瞬、人工甘味料が大量投入されているのかと勘ぐりましたが
原材料には全く書かれていないので気のせいなのでしょう。

最近はスイートやお菓子など甘いものを食べる機会がまったくなくなりましたから
少しの甘味に対しても敏感に感じるようになったのかも知れないですね。

|

« 現役時代「水を差す」のに成功した思い出 | トップページ | プラモ製作(44) ランボルギーニ・イオタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66389116

この記事へのトラックバック一覧です: リタイアしたら義理チョコすらなくなった:

« 現役時代「水を差す」のに成功した思い出 | トップページ | プラモ製作(44) ランボルギーニ・イオタ »