« 退職金優遇金利の定期預金はのきなみ暴落 | トップページ | 地球は今 氷河時代の真っただ中です »

STI ではよく呼び捨てにされプチ耳障り

先日、退職金優遇金利の定期預金口座を作るべく足利銀行へ出向いた時
窓口の女性が運転免許証の提示を求めてきたので渡したら、
その女性はその免許証を見て「エッ!ウソ!」みたいに驚かれて…
免許証の写真が竹内涼真だったとかなわけではなく(笑)
その女性がボクと同姓であったことが発覚してびっくりしたわけです。

いちおうこのブログでは、ボクの本名は伏せてますけど
まぁほとんど身バレしているので少なくとも名字を知っている人は多いでしょう。
ものすごく珍しい名字ではないのですがかといってそれほどメジャーでもないので
家族・親戚以外の同姓の人に出遭うことはほとんどありませんから
驚くのも当然です。ボクもびっくりしましたよ。

ちょいと調べたら日本全国だと0.001%で伊勢崎市だと0.08%です。
桐生市は意外にもこれより低くて0.05%です。
こういうのがネットで簡単に調べられるのも面白いですね。

生まれ育った愛知県知多市での子供のころには
幼稚園から大学までで同じ名字の人が一緒の学校にいたことはありませんでしたし、
先生でも読み方が分からなかったり読み間違えられたりすることが多かったです。

住んでいた知多市でも長らくボクらの一世帯だけだったのですが
ある時からかなり離れた地区に同じ名字の方が引っ越してきたら
その後しばらくはその世帯宛の郵便がすべてボクの家に届けられ続けました。
そのくらい珍しくて決めつけられていたんでしょうね。

そうそう、三文判を見つけるのも大変でした。

ただ、ボクが高校生の時に高校野球で群馬県の某高校が活躍したおかけで
それ以降は読み方がひろく認知されるようになりました。
そして、社会人になって群馬で働くようになってからは
誰でもちゃんと戸惑うことなく呼んでくれましたし
三文判もどこでも買えるようになりましたね。

今では100mを9秒台で走っちゃう人とか
Gカップ・グラビアアイドルの美希ちゃん(本名?)とか有名人も出てきて
案外知られた名字にもなってきた感もありますけどね。

そんなちょいとだけ珍しい名字のボクですが、
現役時代に勤めていた会社では全社内で初めはボクひとりだけでしたが
ある時からもうひとり同姓の人が入社してきて二人になりました。

その方とは直接一緒に仕事することはほぼなかったですが、
中途半端に珍しい名字なのでよく間違ってEメールが送られてきたりしましたね。
Eメールってのは最初の人が宛先を間違って送信すると
次々に「全員に返信」されてチェーンメールになるので面倒ですよね。

と、ここまでは前ふりというかどうでもいい話なんですが…
あっ、この先もどうでもいい話なんですけどね。。。orz

 

話は変わりますが、STI はコンプリートカーと呼んでましたが、
スバルの工場で生産した量産車に対して限定○○○台とかで
STI が改造して売っているクルマがあるのですが、
実はあれは開発はSTI がしていても実際に改造の作業をしているのは
株式会社SUBARUの関連企業である桐生工業株式会社なんですね。

桐生工業はSTI 車の改造作業だけでなく
スバルのトランスケア車、教習車、パトカーなどの
改造車の設計から改造作業をしています。
以前はスバル・サンバーのダンプや冷凍コンテナ車や消防車などへの改造や
さらにはサンバーそのものをスバルから委託生産していた時期もありました。
それに、今でもEJエンジンは桐生工業で組み立ててますし
一部のスバル車の補修用などの板金プレス部品を伊勢崎で作っていたりします。

そんな桐生工業ですからスバルとの関連も強いわけで、
ボクもスバルの操縦安定性・乗り心地の研究実験部署にいた時には
サンバーの消防車などの特装車の関係で一緒に仕事したこともありますし、
車両実験総括部に在籍していた時でもレガシィなどのパトカーとかの関係で
一緒に仕事をしたりしてきました。

ただ、スバルの100%資本の会社であっても
スバルが設立した会社ではないですし、
スバルから発注して作らせているわけでもないので
子会社というよりもあくまでもビジネスパートナーという感覚で
「桐生工業さん」とか、面と向かっては「貴社」と呼んでました。

 

ところが、STI の場合はそれよりももっと密接な関係にあることと
STI のコンプリートカーなどを定期的に作らせることにより
桐生工業の雇用を確保するというような契約をしてしまっていることなどにより
どうしても下請け的な感覚が生じてしまっているのかもしれないですが、
STI では「桐生」と呼び捨てにすることが多いんですね。

「桐生がダメなんだよ」とか「桐生じゃ出来ないんだよ」とかね。

分かっちゃいるけど反射的にピクッと反応しちゃうんですよ、ボクは(笑)
これがよくあるメジャーな名字だったら
自然と子供の頃から聞き流す術を身に着けていたんでしょうけどね。

 

と、まぁこれが原因で早期リタイアする気になったことは
これっぽっちも無いですし、本当にどうでもいい話なんですけどね。

|

« 退職金優遇金利の定期預金はのきなみ暴落 | トップページ | 地球は今 氷河時代の真っただ中です »

コメント

今後の行員さんとの展開を楽しみにしています!

投稿: kiki | 2018-01-27 19:32

自分も同じ名字の方に親戚以外お会いしたことってないかも。
苗字としてはそこそこメジャーだと思うのですが。

投稿: 並さん | 2018-01-27 23:27

>kikiさん

その同姓の行員さんからは、今後ともお付き合いよろしくと言われてますが
もちろん、銀行取引のことであります。

ベテランの行員さんで、結婚してこの名字になったとのことです。

投稿: JET | 2018-01-28 03:33

>並さん

比較的容易な漢字で読み方も難しくないけど
意外と珍しい名字もありますよね。

それが一番いいかもしれませんね。

投稿: JET | 2018-01-28 03:38

私も、一族と違う読み方をする一族の方々しかしらないですね~

投稿: nasa | 2018-01-29 12:04

>nasaさん

そういえばnasaさんの名字の漢字、思い出せない(呆)

投稿: JET | 2018-01-29 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/66294814

この記事へのトラックバック一覧です: STI ではよく呼び捨てにされプチ耳障り:

« 退職金優遇金利の定期預金はのきなみ暴落 | トップページ | 地球は今 氷河時代の真っただ中です »