« 角川新書「沖縄と国家」を読了 | トップページ | 退職金の残りが振り込まれていた »

国民年金への切替え申請が期限が切れ(焦)

先月末で正式に会社を退職したので
厚生年金から国民年金への切替えが必要です。
厚生年金の資格喪失の手続きは会社がやってくれましたが
国民年金への加入は自分で手続きをしなくてはいけません。

というのを退職前に会社から説明されたかどうかも覚えていませんし
退職手続き一覧には何も記載されていませんでしたが、
その手続きが必要なことは知っていました。

しかし、その手続きは退職後2週間(14日間)以内に
しなければいけないことをすっかり忘れてました。
気付いたらもう2週間はとっくに過ぎて3週間目に入ろうかというタイミングです。

しまったということで、本日伊勢崎市役所まで行ってきました。
一昨日、衆院選の期日前投票で行ってきたばかりなのに。

市役所の年金の窓口で事情を話すと
「あぁそうですか、では手続きしましょう」とあっさりした対応でした。
別に2週間を過ぎたからといって年金未納になるわけでもないし
延滞金みたいなものが発生するわけでもないので
実質的には何の問題も生じないとのことのようです。

いちおう、窓口の方が一括前納やペイジー納付のことや
あるいは付加年金や繰り上げ/繰り下げ受給のことなど説明してくれるのですが、
こちらが質問する度にそれは分からないので調べてきますと
ことごとく即答できないのにはちょっと呆れちゃいました。

一括前納はネット銀行では出来ないの?とか
ペイジー納付では一括前納ほど割引がないの?とか
付加年金は繰り下げ受給しても割増しにならないんですよね?とか
そんなに突拍子もない難しい質問をしたわけでもないと思うんですけどねぇ。

結論としてはネット銀行では一括前納はできないがペイジー納付は可能。
でも、ペイジー納付より一括前納の方が割引が大きいので
少しくらい手数料を取られたとしても一括前納の方が有利。
(納付を遅らせて自分で資産運用で儲けるという人もいるかも知れませんが)
付加年金と繰り下げ受給に関しては何歳まで生きるかによっても
損得は変わるので一概には言えないから考え方次第ですね。

さて。どうしましょうかねぇ。
早期リタイアして年金はその分目減りしているので
少しでも増やす手を打っておきたいところですけどね。

|

« 角川新書「沖縄と国家」を読了 | トップページ | 退職金の残りが振り込まれていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65939896

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金への切替え申請が期限が切れ(焦):

« 角川新書「沖縄と国家」を読了 | トップページ | 退職金の残りが振り込まれていた »