« きりゅう映画祭「きりゅうアワード」を観てきた | トップページ | いせさきもんじゃまつり2017へ行ってみた »

きりゅう映画祭「きりゅうシネマ」を観に行ってきた

昨日に続いて本日も第7回 きりゅう映画祭を観に
桐生市市民文化会館まで行ってきました。
今日は天気が良いのでシクロクロスバイクのサーモン号での出動です。

A171008_8
昨日は同じ桐生市市民文化会館でも小ホールでの開催でしたが
今日はそれよりもう少し広いシルクホールでの開催になりますし、
入場時の混雑緩和のため事前に整理券が配られますから
早めに行って早めの入場整理券をもらっておきました。

が、

肝心の前売りチケットを自宅に忘れてきてしまいました(@_@。
移動手段に変更に伴いバッグを替えた時に移し漏れてしまったようです。

映画のスタートまで2時間弱ありますので自宅まで16kmほどですから
一度自宅に戻っても間に合う計算ではありますが、
体力的にしんどいので当日券を買うことにしてしまいました。
えーん、無駄な出費ですね。

A171008_2 A171008_5 A171008_7
まっ、失敗したときは落ち込んでなくて腹を満たして忘れましょう(笑)

屋外には昨日より多くの露店が並んでいます。
いわゆる祭りの時など専門のいわゆる“てきや”専門の店ではなく
桐生市内に店舗をもって営業している店が臨時で露店を出している形です。

先ずは「おち。」という店の豚炙り焼き(¥500)と氷ワイン(¥500)
しっかり焼いてある割には柔らかくしっとりした豚肉で美味しいです。

次は「びすとろ ラメール」のナポリタン(¥500)とフランスワイン(¥500)
パスタは露店では難しそうですがやはりイマイチでしたが
ワインはなかなかでした。

しかし、いい気になって飲み食いしてると案外いい散財になっちゃいますね。
というか、飲みすぎると上映中に寝落ちしちゃいそうなのが怖いです(笑)

 

A171008_9
さてさて、そろそろ上映開始です。
今日、上映されたのは次の3作品でした。

・リクエスト・コンフュージョン 監督:マキタ カズオミ
  高校生のBL(BOYS LOVE)とアニメを主題にした内容です。
  正直言って偏見を持つわけではないけど
  BLとかLGBTってすんなり入って来ないのよね。

・JKエレジー  監督:村上 元太
  母が亡くなりギャンブル狂の父とニートの兄のせいで貧しく
  成績優秀なのに大学進学も諦めざるをえない女子高生の
  どん底ストーリーなんだけど完結感がなく終わるのがある意味面白いです。

・古都 監督:Yuki Saitou   <特別上映作品>
  川端 康成原作の古都の映画化ですが
  (小説読んでない過去の映画も見てませんが)、
  続編というか次世代編というかそんな内容になってます。
  松雪 泰子、奥田 瑛二など有名俳優も出演しており
  演技もしっかりしていて安心感もありますが、
  それ以上に映像が色合い、光、アングル、遠近、切り取りなど
  素晴らしく見とれてしまうものでした。

ちなみに、前2作は特に桐生市に関連した内容にはなってませんが
ロケ地は桐生市・みどり市となっているようです。
もちろん、特別上映作品の古都は桐生市とは関係ありませんが、
以前のきりゅう映画祭で「桐生人」というショートムービーを作ったのが
このYuki Saitouという監督で、その縁での上映ということのようです。

なお、Yuki Saitouって不倫騒動中の斉藤由貴ではありませんよ(笑)

 

今日もがっつり映画を堪能いたしました。

|

« きりゅう映画祭「きりゅうアワード」を観てきた | トップページ | いせさきもんじゃまつり2017へ行ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65884234

この記事へのトラックバック一覧です: きりゅう映画祭「きりゅうシネマ」を観に行ってきた:

« きりゅう映画祭「きりゅうアワード」を観てきた | トップページ | いせさきもんじゃまつり2017へ行ってみた »