« 病院へ行って新しい保険証を使ってみた | トップページ | プラモデル製作(34) FC型サバンナRX-7 »

結局、付加年金に加入することにした

先日、市役所へ行って厚生年金から国民年金への切替え申請をしてきましたが
その時点では付加年金をどうするか決めかねたので
とりあえず加入していませんでした。

(付加年金に加入するという言い方をするのが適切なのか分かりませんが…)

いちおう、付加年金ってのが何かを補足しておきますが
国年年金の人が月額400円の保険料を納めると
65歳から貰える老齢基礎年金が200円×納付月数だけ増えるというものです。

例えば、1年間(=12ヶ月)付加年金を納めると4800円払うことになりますが
65歳からは毎年2400円/年だけ年金が増えることになります。
つまり2年で元が取れて以降は得する計算になります。
(インフレだとか納付費用を自分で運用するとかややこしい話は別にします)

ただ、前回お話を伺ったところだと繰下げ受給をした場合には
付加年金分には割増率がかからないとのことだったので
元が取れる年齢がその分だけ遅れることになります。

って、年金のことをあまり知らない人には何を言ってるか分からないですよね。

繰下げ受給というのは、65歳で年金が受け取るようになっても
今はまだいいからもっと年取ってから受け取りますよということです。
逆が繰上げ受給といって、60歳から受け取ることもできます。

脱線しますが、よく年金受け取りが60歳から65歳に引き上げられて
60歳定年から5年間の無年金期間が生じてしまって
生活できない人がいるみたいな話をする人がいますが、
繰上げ受給という制度があるのを知らないんですかね。

もっとも、繰上げ受給をすると貰える年金の額は少なくなります。
1ヶ月単位で繰上げできるのですが1ヶ月繰上げると0.5%減ります。
最長で5年繰上げて60歳から受給できるのですが
60ヶ月繰上げなので0.5×60=30%減額になる計算です。
つまり、仮に年間100万円年金を貰える人が60歳から繰上げ受給すると
30%減の70万円になって、それが死ぬまで続くということです。

それでも、仮に仮に65歳になる前に死んでしまうのならば
繰上げ受給した方が少しでも年金を貰えるので得だとも言えます。

一方、逆に、1ヶ月繰下げると0.7%増額になります。
最長で5年繰下げて70歳から受給するようにすると42%も増えるわけです。
仮に年間100万円貰える人なら70歳からの繰下げ受給にすると
142万円にもなって、それが死ぬまで貰えるわけです。

もちろん70歳前に死んでしまえば一銭も年金を貰えず
それこそ納め損ということになりますが、長生きするなら得になるわけです。

何歳まで生きるのかは神様のみぞ知ることなので
繰上げ受給/繰下げ受給も損得は判断しかねるところですが
ボクみたいに遺産を残す必要のない人間は
早死にするから早くから年金貰っても使い切れないなら意味がないですし
一方でもう逝きたいのにお迎えが来なくて生活費が底をついてしまうという
いわゆる長生きリスクに備えるという意味では
出来るだけ繰下げ受給にした方が安心できるということになります。

また脱線しますが、よくフィナンシャルプランナーとかが
老後の生活は年金だけでは足りずに毎月○万円の赤字になっているから
仮に老後20年間だと○千万円必要になります、みたいなことを言いますが
平均的な老後が毎月○万円も消費者金融からお金を借りているわけもなく
それはそれなりに貯金があるからそれを取り崩して生活しているだけのことで
一方で貯金がなくても年金だけで生活できている人も多いですし、
そもそも年金受給開始時に○千万円も貯蓄を残すくらいなら
それこそ繰下げ受給をして長生きリスクに備えるべきだと思うんですけどねぇ。

まぁそれぞれの考え方次第ではありますが。。。

そんなわけで、ボクは基本的には可能な限り繰下げ受給を考えています。
まぁ実際にはその時の貯金の残りの状況や自身の健康状態など鑑みて
総合的に判断していくことになるんでしょうけどね。

 

さて、繰下げ受給の説明はこのくらいにして、
繰下げ受給した時の付加年金がどうなるのかが問題です。

年金本体と同様に割増しされるなら嬉しいですが
割増しがないとなるとなんとなく65歳から普通に貰った方が
良いかなという考えもよぎったりもします。

基礎年金部分だけは65歳から貰って
厚生年金部分だけ繰下げにするワザもありますが…

前回の市役所の方の説明でもあまりはっきりしていなかったので
ネットで調べてみるとどうやら付加年金部分も繰上げ/繰下げ受給の
増減の対象になるようなことが書かれています。
なので、再度、市役所の窓口で伺ってみると、、、
別の市役所の方も即答できずに奥へ行って調べてきて
最終的には年金事務所に問い合わせくれて、
結論は付加年金部分も繰下げ受給の割増しの対象になるとのことでした。

これで憂いなく付加年金に加入できます(笑)

 

また、ボクは当時大学生だった20歳から社会人になるまでの3年弱は
国民年金を納めていませんでした。
ですから今後60歳になるまで国民年金を納めても40年=480ヶ月には足りず
基礎年金分は満額にはなりません。
ですが、任意加入といって納付が480ヶ月に満たない人は
60歳以降も国民年金を納付できる制度があり
それを使えば基礎年金分を満額にすることも可能となります。

もちろん、ボクはそれを使って学生時代に納めなかった分を納めるつもりです。
そして、その任意加入の期間についても付加年金に入れるのです。
これも今日はっきりしたことでかつ喜ばしい情報でした。

 

そういうわけでそのまま市役所で付加年金加入の申請をしてきました。
まぁ、でも付加年金はちょっとしたお小遣い程度の話ですし
年金の金額だけいったら厚生年金に入り続けるのが最も高くなります。
つまり早期リタイアなんかせずに働き続けるのがいいんですけどね。

|

« 病院へ行って新しい保険証を使ってみた | トップページ | プラモデル製作(34) FC型サバンナRX-7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65953629

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、付加年金に加入することにした:

« 病院へ行って新しい保険証を使ってみた | トップページ | プラモデル製作(34) FC型サバンナRX-7 »