« 日曜は雨っぽいので期日前投票に行ってきた | トップページ | 国民年金への切替え申請が期限が切れ(焦) »

角川新書「沖縄と国家」を読了

B170929_1
角川新書の「沖縄と国家」 辺見 庸 目取間(めどるま) 俊 著を読み終えました。
少々重い内容だったのでブログ記事に書くかどうか悩みましたが
まぁこういう視点もあるということで軽く取り上げることにしました。

「はじめに」を目取間氏が「おわりに」を辺見氏が書いていますが
ほとんどが辺見氏と見取間氏の対談を文書化したものとなっています。

ボクは辺見氏も目取真氏もこの本以外では何も知らないのですが
辺見氏は宮城県石巻生まれの小説家・ジャーナリストという肩書で
目取真氏は沖縄生まれの小説家ですが反基地運動家として実活動しており
なかなか凄みのあることが書かれてます。

沖縄が日本に返還されたのはボクが小学生の頃ですが
正直その時の記憶ってほとんど残ってないんですよね。
それから暫くして母が沖縄に(社員?)旅行で行って
でっかいウミガメの剥製を買ってきたくらいにしか覚えがないです。
その後もボクは沖縄に行ったことないですし。

ボクみたいにのほほんと生きてきた人間にとっては
沖縄は日本そのもので47都道府県のうちの一つとして
なんの違和感もなくとらえていますが、
沖縄の人からすれば沖縄とそれ以外の日本には
隔絶たる堺があるということなんでしょう。

それ故に沖縄以外の日本のことを本書では“ホンド”と呼び
そのホンドの人々のことを“ヤマトゥ(ンチュー)”と呼んでいます。
ボクもそのヤマトゥの一人ということになるわけですが、

目取真氏はこう言い放っているわけです。(以下引用)

 要は、日本人の圧倒的多数が、沖縄の運動を
 政府がつぶすことを願望しているわけですよ。
(中略)
 日米安保が必要だけど、基地負担は自分たちのところで
 担いたくないから、「沖縄のみなさんに我慢してもらいましょう」
 ということが続いてきたわけですよ。そのためには、
 沖縄の反戦運動おおいにけっこう、平和運動も頑張ってください。
 でも、米軍が撤退するようなことが起こるまでは盛り上がらないでください、
 というのが、日本人の広範な願望じゃないかと。
 そういうことを無意識のうちに望んでいると思います、ヤマトゥの人たちは。
 (引用終わり)

うーん、無意識でもこんな風に考えたこともないというか
申しわけないけど正直今まで真面目に考えたこともなかった
というのがボクの素直な意識ですかね。

その点、辺見氏はホンドの人なのでもう少し客観的で,(以下引用)

 だから今まで話してきた目取真さんの話を、まっさらな気持ちでね、
 聞くホンドの人間が、世代を問わず、何人いるか。
 そこに疑問を持つくらい、なんでそんな難しい話してんのか、というくらい、
(中略)
 表面上は穏やかな社会が、ヤマトゥにはある。
 「なーんちゃって民主主義」もある。(引用終わり) 

確かに難しい話だと思うけど「なーんちゃって民主主義」はなんとなく分かる。

なんにしても琉球時代から明治維新、日清戦争、2回の大戦、
沖縄戦、戦後、沖縄返還、東日本大震災、そして今と続く中で
(どうして突然東日本大震災が出てくるかは本書で確認してください)
のほほんと生きてきた無知なボクにとっては
あぁこういう事実や見方もあるのかと刺激になったのは確かです。

特に今の安倍政権が沖縄に対して何をやっているかは本書で初めて知りましたし
それが報道もされず完全に蓋をされているという日本のメディアの現実も
そら恐ろしいと感じました。

|

« 日曜は雨っぽいので期日前投票に行ってきた | トップページ | 国民年金への切替え申請が期限が切れ(焦) »

コメント

最近知ってビックリした事、沖縄に核兵器が配備されていたという事実。
下記NHK特集のリンクです。
特に32分過ぎたところからの、当時の外務大臣の言葉。
https://www.youtube.com/watch?v=vFkBWgsDuow
(不味かったら削除してくださいね)

我々は沖縄に対して普段は何も意識していないと思うんですけど、政府は確実に全てを沖縄へ押し付けてると思いました。

投稿: keke | 2017-10-19 22:14

>kekeさん

返還前の沖縄だけでなく今なお基地に核がないとは言い切れませんよね。
あったらどうだと声を荒げるつもりもありませんが…

今も政府は沖縄に押し付けていると同時に
日本国民全体にそれと悟られないように巧みに隠蔽しているんですね。

投稿: JET | 2017-10-19 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65855136

この記事へのトラックバック一覧です: 角川新書「沖縄と国家」を読了:

« 日曜は雨っぽいので期日前投票に行ってきた | トップページ | 国民年金への切替え申請が期限が切れ(焦) »