« 講談社現代新書「未来の年表」を読み終えて | トップページ | 退職金の一部が振り込まれていました »

桐生岡動物園の赤ちゃんライオンを見てきた

群馬県桐生市にある 桐生岡動物園で
今年の7月19日生まれた赤ちゃんライオン3頭が
本日9月28日より公開されるというので
行って見ることにしました。

A170928_57 A170928_51
無料の動物園でそれなりにヤレた感じはありますが
何故だか入口に飛行機(ノースアメリカンT-6)と
ヘリ(川崎ヒューズOH-6D)が置いてありました。

A170928_04 A170928_05
(屋外)公開は午後1時からとのことでしたが、
1時間ほど早く着いたのでオリの中には父ライオンの「チャコ」だけで
裏の寝室(?)に母ライオンの「ライラ」と赤ちゃんライオン3頭は
すやすやと気持ちよさそうに眠っていました。
ガラス越しには見ることができます。

A170928_06 A170928_16 A170928_11
公開時刻まで他の動物を見て回りましょう。
左からボリビアリスザル、クモザル、ニホンザル(の猿山)。
サルはしぐさも表情も豊かなので見ていて飽きないですね。

A170928_19 A170928_23 A170928_41
左からアミメキリン、カンガルー、カピバラです。
カンガルーはやはりオヤジっぽいしぐさをしますねぇ。
カピバラは寝ているかと思いきやたまに動いてます。

A170928_12
今年の春に象のイズミが死んでしまったのは哀しいし残念ですね。
もうこの動物園に象が来ることは難しいでしょうねぇ。

A170928_24 A170928_28
鳥類も何種類もいるので全部見て回ると結構時間がかかります。
ずーと見てても飽きない動物も多いですし。

A170928_42 A170928_46 A170928_48
しかも、小ぶりながらも水族館もあります。
さすがにペンギン親子はいませんでしたが。。。

A170928_32
というわけで、ライオン赤ちゃん公開時刻が近づいてきました。
ライオンのオリの前は人だかりとなっております。
って、幼稚園児ばかりですが…

A170928_33
父ライオンが引っ込んで替わりに母ライオンと赤ちゃんライオン登場です。
けど、あまりの人だかりにちょっと驚いてしまっているようです。
そこがまた可愛いのですけどね。
この時点ではまだ1頭が顔を出しておりません。
3頭それぞれ性格に差が出てるようです。

A170928_34 A170928_35 A170928_37
だんだん慣れてきたのか飛んだり跳ねたりじゃれ合ったり。
やっぱりネコ科ですねぇ、めちゃくちゃ可愛いです(*^^)v

すくすく育ってほしいですなぁ。

|

« 講談社現代新書「未来の年表」を読み終えて | トップページ | 退職金の一部が振り込まれていました »

コメント

最初
桐生が、岡動物園
に見えて 意味がよく判らなかった(笑)

是非とも子ライオンの名付け親になって下さい!

投稿: nasa | 2017-09-29 10:50

>nasaさん

紛らわしくてすみません。
また、スパム扱いになっていてすみません

名付けしたいけど良いのが思い浮かばないんですよね。
センスないからなぁ。

投稿: JET | 2017-09-30 01:01

ははは、私もnasaさんと同じに思っちゃいました、最初。

投稿: TOMO | 2017-09-30 13:43

>TOMOさん

本文中は半角スペース入れたり“が”を小さくしてみたりしたんですが
タイトルの部分はその手が使えないのですよ。
“ヶ”を使うという手もあるでしょうが、固有名詞なので勝手に
本元と違う表記を使うのも避けたいですしね。

ともかくすみませんです。

投稿: JET | 2017-09-30 14:02

やってみたら記事タイトルにもCSS編集が出来ました。

これでどうですかね。

投稿: JET | 2017-09-30 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65847969

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生岡動物園の赤ちゃんライオンを見てきた:

« 講談社現代新書「未来の年表」を読み終えて | トップページ | 退職金の一部が振り込まれていました »