« 空気入れはヘッド交換でなく新品追加 | トップページ | ピーヤング やきそば 春雨 を食べてみた »

プラモデル製作(31) フェラーリ640前期型

B170827_1
さてさてタミヤの1/20F1シリーズのプラモデルが続きます。
今度はフェラーリ640前期型です。

何故だがタミヤではフェラーリF189の名称を使ってますが
まぁ1989年シーズンのF1であることが分かりやすいからなのかも。
でも、ボクにはフェラーリ640の方がしっくりくるので
こちらの名称を使わせていただきます。

前作のマクラーレンMP4/4と前々作のベネトンF188は
1988年シーズンのF1マシンでしたが
このフェラーリ640は翌年1989年のマシンになります。

この年からターボエンジンが全面禁止となり3.5Lの自然吸気だけになります。
フェラーリもこのレギレーションに従いJ.バーナードが
全面新規にデザインしたのがこの640ということになります。

当時、カモノハシと揶揄されたノーズコーンの形が特長ですが
コークボトル状のサイドポンツーンも独特の形状です。
メカニズムでも12気筒エンジン+7速セミオートマであったり
トーションバースプリングのサスペンションであったりと
かなり独創的・革新的な意欲作であり、
個人的にも結構好きなマシンです。

もっともそれ故に信頼性に難があったり
せっかくの12気筒なのに10気筒のホンダにパワーで負けていたりして
チャンピオンシップ&コンストラクターズ争いには加われませんでしたね。

それでも開幕戦のブラジルGPでは予想外に
N.マンセルが勝っちゃうんですよね(笑)

G18_1 G18_2 G18_3
そんなわけで今回はそのブラジルGPをイメージして
ゼッケンNo.27のN.マンセル仕様として製作してみました。

ドライビング・スタイルとしては荒法師の異名を持つマンセルより
G.ベルガーの方が好みなんですけど、
たまに大ポカするマンセルも何故か憎めない存在ですしね(笑)

それに、このキットからまたドライバーズ・フィギュアが復活してます。
ヘルメットも含めてやはりドライバーが付いている方がいいですね。
ヘルメットのデカール貼りなど作るのは大変になりますけど。

なかなか満足できる出来になりました。

 

なお、毎度のことですがJET-PHOTO の方に
もう少し詳細な画像を載せていますので、
暇な時にでも My Plamodel を覗いてみてください。

|

« 空気入れはヘッド交換でなく新品追加 | トップページ | ピーヤング やきそば 春雨 を食べてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65748946

この記事へのトラックバック一覧です: プラモデル製作(31) フェラーリ640前期型:

« 空気入れはヘッド交換でなく新品追加 | トップページ | ピーヤング やきそば 春雨 を食べてみた »