« 「たまごフェスタ2017」へ行ってきましたが… | トップページ | 新書「『官僚』の真実」 高橋洋一著を読了 »

駐輪場所の解釈に違和感を覚えます

自宅から数100mのすぐ近くにショッピングモールがあります。
そのモールではスーパーマーケットのベルクが中心的な存在ですが
他にマツモトキヨシ、しまむら、3Q CUT、そして100均のセリアがあります。

家から歩いていける距離ですが、買った荷物の運搬や
ハシゴする場合の一時的な荷物の保管などを考えて
ママチャリの小エビで行くことがおおいのですが、
セリアに行くといつも駐輪場所で違和感を覚えてしまうのです。

A170417_12
向かって左奥がそのセリアで手前右隣りはスーパーベルクになってます。
赤い矢印はそのベルクの屋上駐車場に上るスロープに向かいます。

ですから、ベルクで買い物してからセリアに歩いていく人は
横断歩道のようにゼブラペイントされたところを
青い矢印の方向に歩いていくことになるでしょう。

逆にセリアで買い物してからベルク(さらにマツキヨなどでも)に行く人は
横断歩道らしきところを緑の矢印の方向に歩いていくことになります。

ですから、横断歩道らしき部分のその先にある
エンジ色にペイントされている屋根のある部分は
(横断歩道の頭上にも屋根が設置されています)
常識的に考えれば歩行者用通路であって
そこに自転車を停めれば歩行者の邪魔になることは
容易に想像できることなのではないでしょうか。

なのに自転車で来た人のほぼ100%がそこに停めてるんですよ。
茶色の「自転車置場」の看板が妙な位置に立ててあるので
その前が駐輪場所だと解釈する人が多いのでしょうか。

それとも雨が降っていなくても屋根のあるところに
どうしても停めたいと思うのでしょうか。
さらには少しでも店の入口に近い場所に停めたいのでしょうか。

それでも、先に書いたように歩行者側の立場に立って
ちょっと考えればどこに駐輪すべきなのかどこに駐車してはいけないのか
よほどおつむの弱い人でも分かるはずです。

自転車とはいえ車両ですから赤い矢印の方向に行ってから
黄色の矢印の方に曲がって壁際の茶色い「自転車置場」と
書いてあるところに駐輪すべきではないでしょうか。

相手の立場になって考える、特に交通弱者側に立って考える
どうしてこんな簡単なことが出来ないんでしょうかねぇ。
まぁ、日本では、さらに群馬ではこんな情けない光景が
日常のことなんですけどね(呆)

|

« 「たまごフェスタ2017」へ行ってきましたが… | トップページ | 新書「『官僚』の真実」 高橋洋一著を読了 »

コメント

身障者用のPに健常者が駐車することも多いですよね.
スピードよりこちらをガッチリ取り締まるべきです.反則金も5万円くらい取ってもいいと思います.

投稿: shiba | 2017-08-22 11:30

>shibaさん

身障者用駐車場所に健常者らしき人が停めてるは多いですね。
取締りをして欲しいですが実際には難しいでしょうねぇ。

見ただけでは身障者、健常者を断定できないですし、
身障者手帳持っていても必ずしも歩行等が困難とも限らないですし、
怪我などで一時的に身障者と同じくらい歩行等が困難になっている時にありますから。

ボクもMPS(筋々膜性疼痛症)が発症している時は
身障者用駐車場を使わせてもらったことありますし。

なにか巧い仕組みを作らないと難しいですね。

投稿: JET | 2017-08-22 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65650608

この記事へのトラックバック一覧です: 駐輪場所の解釈に違和感を覚えます:

« 「たまごフェスタ2017」へ行ってきましたが… | トップページ | 新書「『官僚』の真実」 高橋洋一著を読了 »