« ジャイアントストア前橋に行ってみた | トップページ | 通勤時にいつもイラッとさせられていた事 »

NBA2017チャンピオンはウォリアーズ

かぶりつきでTVライブ観戦していたNBAファイナル
今日(現地時間は昨日)の第5戦で決着がつきました。

ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズで
争っていたNBAファイナルですが、
最初に4勝したチームがチャンピオンになります。

ウォリアーズがたて続けに3連勝してそのまま勢いに乗って
全勝スイープでチャンピオンを決めてしまうのではないかと
危惧されましたが、第4戦でキャブズが1勝して踏みとどまりました。

こう書くとキャブズを応援していたのかと勘違いされそうですが、
ボクとしては少なくとも今シーズンはどこのチームとかどの選手とか
特に肩入れすることなく観ようと思っていましたし、
それよりもなるべく長く濃密に楽しみたかったので
出来れば第7戦までしかも接戦の緊迫した試合を続けて欲しかったわけです。

第4戦でキャブズが勝った時にはかなりオフェンスが持ち直してきていたので
このウォリアーズのホームコートでの第5戦に勝つようだと
最終第7戦まで持ち込める展開もありうるとも思えましたが、
終わってみるとウォリアーズの圧勝という形になりました。

やはり、ファイナルMVPにも輝いたケビン・デュラントの加入が効きましたね。
キャブズのレブロン・ジェームズも驚くようなパワーとスタミナと運動能力を持ち
かつチーム全体を鼓舞して引っ張っていくようなメンタルの強さも持つ
スーパースターですが、見ていて何か強引で力ワザ過ぎるところがあったり
独りよがりになってミスを犯すこともままあります。

K.デュラントはさほど派手な見せるパフォーマンスをするわけではないですが
ひとつひとつのプレーは正確で柔らかさとスピードを併せ持っていて、
ここというところの精神的な強さは素晴らしいですね。

でも一方で、キャブズはL.ジェームズ(中心)のチームとはっきり言えますが
ウォリアーズはまだK.デュラントのチームという印象は強くないです。
それはキャブズがL.ジェームズを起点にオフェンスを展開するのに対し、
ウォリアーズがチーム全体でオフェンスを組み立てているように見えることもありますし、
K.デュラントの性格やら今シーズンからウォリアーズに加入したとか
さまざまな理由があるのかもしれません。

そういう部分も含めて来シーズンのウォリアーズ、デュラントは楽しみですね。
もちろん、キャブズ&ジェームズがどうリベンジを狙うのかも見ものですが…

 

さて、今宵はこれからプロ野球・セパ交流戦・阪神×西武戦をTV観戦し、
その後はワールドカップ地区予選・イラク×日本戦をTV観戦しますかね(笑)

|

« ジャイアントストア前橋に行ってみた | トップページ | 通勤時にいつもイラッとさせられていた事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65406293

この記事へのトラックバック一覧です: NBA2017チャンピオンはウォリアーズ:

« ジャイアントストア前橋に行ってみた | トップページ | 通勤時にいつもイラッとさせられていた事 »