« 節約中で糖質制限中でもたまに外食 | トップページ | プラモ作りの復帰第一弾はイマイチの出来 »

AKB38のシート表皮を新品交換

スバル赤帽サンバーであるAKB38は中古で購入したときから
運転席シートのクッション土手部分が破れてしまっていました。

このシートは赤帽専用の強化仕様になっているのですが、
それでも頻繁に乗り降りを繰り返すと破れてしまうのですかね。
あるいは、前オーナーさんがヘビー級だったとか、
お尻のポケットなどに固いモノを入れてたとか
特有の原因があったのかも知れません。

なんにしてもこのままでは見た目だけでなく乗り降りする時に
不快感がありますから修理することにしました。

 

修理方法としては破れた部分だけを上から当てパッチする方法もありますが、
それでは見てくれも乗降時の触感も耐久性もイマイチでしょうから、
ここはひとつ奮発して(?)新品の表皮に取り替えることにします。

部品代が7,322円ですが、交換工賃が結構お高いので
ここは自分で挑戦することにします。
サンバーに限らずシートの表皮交換はやったこともなければ、
方法も知らないのですが、まぁやってみればなんとかなるかなと。。。

B161227_05
まずはシートをボディに留めている4本のボルトを外して
シート単体を取り外します。

B161227_10 B161227_11
右側にあるリクライニング・ヒンジのプラスチックカバーを外して、
中のヒンジ・ブラケットを留めているボルトを外すと、
シートバックとクッションを分離することが出来ます。

シートバックとクッションを分離する必要はないのですが、
このヒンジ部分がクッション表皮を噛み込んでいるので
どのみち外さないと表皮交換はできないわけです。

B161227_07 B161227_09 B161227_06
クッション表皮の前端(下部)と左右両端は長いクリップのようになっていて
これをシートフレームの鉄板端部に引っかけて挟み込むようにしています。
シート表皮を伸ばしつつマイナスドライバーなどでこじって外していきます。
ここは力技でやりました。

表皮の後端はフレームパンにリング状の針金で留めてあります。
ラジオペンチなどでこの針金を広げて外してやります。
ここまでは分かりやすいし作業は簡単です。

B161227_13 B161227_12
サンバーのシートクッションは両サイド土手部とクッション後方に
コの字のようにいわゆる釣り込みがされています。

シートクッションを成形する時にまっすぐな長い針金がコの字状に入れられていて、
ここにシート表皮を裏からリング状の針金で引っかけるようになっているわけです。
それぞれ3ヶ所づつ、計9ヶ所の針金を広げて外していかなければなりません。
これらは奥まっていてやや作業がしづらいです。

おそらくこのリング状の針金を簡単に綺麗に外して、
またかしめて取り付けるための専用工具などがあるのかもしれません。

B161227_14
やっとシートクッションが丸裸になりました。
でも、シート表皮が破れていた部分はクッションまで損壊してました。
このまま新しい表皮だけ被せたのではそこだけ窪んで見苦しいだけでなく
乗降時に表皮に余計なストレスが加わりまたすぐに破れてしまいかねません。

B161227_15 B161227_16
そこで、安直、いい加減な修理をしました。

シートクッション後端の座り心地に全く関係ない部分の
ウレタンスポンジを少しむしり取り、
それをサイドの損壊した部分にあてがって接着剤で付けました。
まぁ見えない部分なのでだいたい中身が詰まっていれば良いでしょう(笑)

B161227_18
後は外すのと逆の手順で新しい表皮を張って
シートを組み立ててボディに取り付ければ完了です。

とは言え、やはり釣り込み部分のリング状の針金を留めていく作業は
そこそこ大変でした。

ちょっと表皮に皺が寄っているところがあり出来としてはイマイチですね。
後で考えれば、ドライヤーなどを使ってシート表皮を柔らかくして
もっと慎重に引っ張って皺を作らないようにしながら
釣り込みを留めていかなければいけなかったのでしょうね。

まぁでも自分で修理できたので○としますかね。

|

« 節約中で糖質制限中でもたまに外食 | トップページ | プラモ作りの復帰第一弾はイマイチの出来 »

コメント

毎度様です。

ボルトの締め付けトルクは、大丈夫として…

シートへの革の取り付けですが、
布と違って伸縮性が低い革は、夏場はそこそこ柔らかいけど…
ドライヤーやスチームで暖めてながら本体への固定ですね。
(暖めすぎると革がボロボロになるよ)

固定する金具は、蟹の爪みたいな?プライヤーみたいな形の
専用の工具(圧縮空気で動く)で固定ですね。

投稿: nasa | 2017-06-12 19:49

追加
手動の物もありました。
ホグリングプライヤー
http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%83%9B%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC/

金具を掴みやすくするために溝が付いてます。

投稿: nasa | 2017-06-12 19:57

>nasaさん

情報ありがとうございます。

次回やるときには手動の方の工具をそろえてからやりますかね。

って次回があるのかどうか分かりませんが…

投稿: JET | 2017-06-13 05:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/64871912

この記事へのトラックバック一覧です: AKB38のシート表皮を新品交換:

« 節約中で糖質制限中でもたまに外食 | トップページ | プラモ作りの復帰第一弾はイマイチの出来 »