« ブログ休止中に自宅周辺も色々と変化 | トップページ | 華蔵寺公園の花まつり/今回はつつじ »

AKB38は見た目イマイチだが機関良好

昨年の秋に中古で購入した富士重工製・元赤帽仕様のサンバーですが、
赤帽組合の激務に使用されつづけた車両らしく
外観・内装ともにそれなりにやつれ感はあり
程度良好とはとてもいえない状態でした。

しかし、一方でさすが高耐久仕様の赤帽専用車というか、
おそらくそれよりもきちんと定期メンテナンスがされていたことによると思われますが、
とても走行距離10万km強の軽トラとは思えないほど
エンジン、ミッション、シャシー、ブレーキなどはまったくもって良好な状態でした。
もっとも、購入前にちょいと試乗しただけの判断ですけどね。

今日はあまり程度が良くないというかちょっぴり残念なところを紹介したいと思います。

 

小さな擦り傷やコツンとぶつけてしまったような凹みがあちこちにありますが、
まぁ業務使用ならこれはある意味しかたないこととして諦めることができます。
とは言え、ふつうの運送会社・配達業者と違って車両の所有者・管理者・使用者が
同一であることがほとんどなので、
もう少し自分のクルマなら大切に運転するんじゃないのかなぁという気もしますし、
そういう意味でこのクルマを見ると
ちょっと運転者の運転技能がアレだったのかもしれません。

A161016_5 B170421_10
それより外観で残念なのは、赤帽専用のステッカーを剥がすときに
その下の塗装面までひっかき傷を大量に作ってしまっていることです。

おそらく、赤帽専用車を一般の中古車市場に流通させるには
赤帽専用のステッカー等を外すことが条件になっているのでしょうが、
その作業をあまりに雑にやってしまったため
なんとも哀しい状態になってしまっています。

そのクルマの車齢や走行距離や使用環境なりのそれ相応のヤレや痛みは
ボクみたいな旧車やちょっと古いフランス車好きの目からすれば
「いい感じ」に映るところでもあるわけです。

でも、こういうステッカーの剥がし傷みたいに
何か別の意図的な行為によって生じている部分は
「いい感じ」とは思えず、残念な気持ちしか持てません。

中古車屋さんでは、追加でお金を払えば
その部分だけは板金塗装しますよとのことでしたが、
自分でやるか知り合いの自動車屋に頼むかあるいはそのままにするかを
じっくり検討してから決めればいいやということで、
そのままの状態で安く購入しました。

B170421_18
その他では、フロントウィンドシールドの傷があげられます。
割れているわけではないので車検には通ると思いますが、
ボクの運転姿勢だとちょうど視線の高さくらいとなりかなり目障りです。

ボクは某自動車会社でのサラリーマン時代に仕事柄とくに
ガラスの汚れには神経質になっていたからか(笑)
今でも特にフロントウィンドゥの汚れや傷にはかなり敏感です。

飛び石とかなら運転者・使用者の過失ではないのでしかたありませんが、
どういうことをするとこのようなひっかき傷がガラスについてしまうのか
理解に苦しむところです。
逆によく割れずにすんだよなとも思いますが。。。

まぁ、でも、これもすぐに直さないと運転できないというほどでもないので、
とりあえずこのままで購入することにしました。
しばらく運転してみて耐え難かったら交換することを検討しましょう。

 

A161016_3
次に内装では、運転席シートのクッション(座面)部分の破れが残念です。
このシート、赤帽専用の高耐久仕様のシートのはずなんですが、
見事に破れてしまっています。

サンバーに限らずほとんどの軽トラは乗り降りするときに
必ずといっていいほどこのクッションのドア側のサイド土手部に
お尻を乗っけて捻りつつ擦りつけつつの動作となるので、
まぁシートに厳しいのは分かります。
特に赤帽として使用して頻繁に乗り降りされれば
いかに表皮の厚い専用シートと言えども破けてしまうのでしょう。

運転席に座って運転姿勢をとればなんらこのままでも問題ありませんが、
やはり乗り降りする際にはかなり気になります。
これも、某自動車会社でのサラリーマン時代に仕事柄
お尻のセンサーは鍛えられましたから敏感なんです(笑)

このシートは車両納車後に早急に修繕することを考えつつ
このままの状態で購入することにしました。

その他、ATのパワーモードのスイッチが
物理的にオンに出来ないというのもありました。
ジュースなどの飲み物をこぼしたりして固着してる感じです。
まっ、パワーモードなんて変速線が変わるだけでしょうから
ほとんど使うこともないし、
必要なら洗浄か最悪スイッチ交換しても値段は知れているので
このままで購入です。

B170422_2
あと、空調のエアベントとインパネがズレているのが気になりますが
まぁこれもあとから組み付け直せば問題ないでしょう。

ということで、幾つか直すところもありますが
それはこれからの楽しみと考えましょう。

|

« ブログ休止中に自宅周辺も色々と変化 | トップページ | 華蔵寺公園の花まつり/今回はつつじ »

コメント

私も帰国して新車に魅力を感じず,4代目アウトバック3.0R(A型)(開発符号でいうと楽なんだけど...)を購入しました.もう13年を経過しているのでそれなりにヨレているのですが,DIYで手直しをしながら結構楽しんでいます.今年の自動車税は13年経過しているので15%増しとなり,\58,600-です.まあ,これも承知で買ったのですが.

投稿: shiba | 2017-05-08 09:41

>shibaさん

おぉ、さすがです。
オーバー2L,6気筒は未知の領域です(笑)

投稿: JET | 2017-05-08 10:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/64836766

この記事へのトラックバック一覧です: AKB38は見た目イマイチだが機関良好:

« ブログ休止中に自宅周辺も色々と変化 | トップページ | 華蔵寺公園の花まつり/今回はつつじ »