« 改めて赤帽サンバーの特徴を見てみる・続編 | トップページ | 30数年前のプラモデル (5) ラリー&Cカー編 »

島村渡船フェスタへ行ってきました

3年前のこの時にも行ったのですが、
伊勢崎市(旧・境町)の島村渡船(利根川の渡し船)にて
渡船フェスタというのが開催されているというので
コメットさんことクロモリ・ミニベロのフジ・コメットで行ってきました。

A170521_04

島村渡船は広瀬川が利根川に合流する地点の近くにあり、
自宅からだとほぼ広瀬川サイクリングロードだけで行ける場所です。

往復で30kmほどで気軽にサイクリングするにはいいコースなので、
時々特に目的もなく走っています。
もっとも最近は空いていてのどかな平日ばかりでしたけどね。

さて、肝心の渡船フェスタですが、

A170521_05
何故か場違いのようにクラシックカーが置かれていました。
A型フォードですかね。

今日は前橋でクラシックカー・イベントが開催されていて
そっちに行こうか迷ったくらいでしたけど、
このクルマもそっちに展示した方が良かったのでは、
とさえ思ってしまいました。

A170521_12 A170521_11
島村渡船そのものにも無料で乗れるのですが一時間待ちと書いてあったので、
隣にあった自衛隊ボートによる利根川遊覧というのに並んでみました。

迷彩模様のライフジャケットを着て乗船です。
遊覧というほどの時間でもないですが5分くらいでしたかね。
手旗に従って後方の船外機を隊員の方が操つる様が何故かおかしかったです。

A170521_08 A170521_09
焼きまんじゅう体験コーナーというのもありましたが、
ぶらぶら歩いていたら“おやき”をくれたので
これでたっぷり糖質摂取いたしました(笑)

A170521_20 A170521_21
ところてんが100円で売っていたのでつい手を出してしまいました。
最近はスーパーでところてんを買ってきて食べることがちょいちょいありますが、
昔ながらの天突きでその場で切ってくれて屋外で食べるところてんは
初夏の陽気となった今日のような日には
三杯酢の爽やかさとともにとても美味しかったです(*^_^*)

|

« 改めて赤帽サンバーの特徴を見てみる・続編 | トップページ | 30数年前のプラモデル (5) ラリー&Cカー編 »

コメント

カミさんのお母さん(義母)が島村の出で,通学,通勤で毎日自転車持ち込みでこの渡しを使っていたそうです.
一時運休していたみたいですが,最近はまた運行しているみたいですね.

投稿: shiba | 2017-05-23 12:47

>shibaさん

千代田町の赤岩渡船とあわせていつか乗ってみようと思いつつも
興味本位以外の理由がないので未体験のままです。

島村渡船と赤岩渡船の両方使って周回するのも良いかもしれません。

投稿: JET | 2017-05-23 18:18

いいアイデアですね.周回で40km前後ですから私でもゆっくり走れば何とか走れそうですね.先日のような気温35℃オーバーの日は無理ですが...

投稿: shiba | 2017-05-24 08:32

>shibaさん

ほぼ平坦なので風さえ穏やかなら楽に走れる距離ですね。

投稿: JET | 2017-05-24 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65309511

この記事へのトラックバック一覧です: 島村渡船フェスタへ行ってきました:

« 改めて赤帽サンバーの特徴を見てみる・続編 | トップページ | 30数年前のプラモデル (5) ラリー&Cカー編 »