« いせさき駅前歯科と伊勢崎駅前インフォメーションセンター | トップページ | SUBARU 100周年 星団遥かなりの第二夜 »

SUBARU 100周年記念特別番組 星団遥かなり

群馬テレビで昨夜(26日)と今夜(27日)と2夜連続
午後9時~10時と放送されている番組です。

「SUBARU 100周年記念特別番組 星団遥かなり」

富士重工業株式会社の前身である中島飛行機株式会社の原点が
1917年に中島知久平氏が設立した飛行機研究所であり、
そこから数えて今年で100年に当たることから、
富士重工業株式会社も社名を株式会社SUBARUに改めたわけです。

そこで、群馬県の地元応援という意味合いもあるのでしょうが、
このようなテレビ番組が群馬テレビで制作・放映されることになったのでしょう。

昨夜の「第一夜」を観た感想でも書いてみましょう。

第一夜は中島飛行機から戦後の富士重工発足と
スバル360やスバル1000といった百瀬世代の
スバル車に焦点が当たっている内容です。

つまり、ボクの入社以前のことであるのはもちろん
ボクが生まれる前のことや幼少期の時代のことになります。

という意味では、いちスバルファンとして観ていることができました(笑)

また、群馬テレビ制作ということでまぁ制作費も潤沢ではないでしょうし
なんとなくボヨ~ンと間延びした感じで進んでいくのは
ある意味群馬テレビらしいしスバルらしいのかも知れません。

地場の関連企業などを多く取り上げているのも
地方色出しまくりでこれまた地方局らしいところですね。

ただ、冒頭の社名変更式典の席で社長の吉永泰之さんが
「これからは価値を提供するブランドとして生きていきます」
と宣言している場面を真っ先に取り上げているのですから、

もう少し番組全体を通してスバルが提供してきた・提供したいと願う
その価値とは何ぞやというところを
掘り下げてくれたら見応えが増したと思います。
その点では「第2夜」に期待しましょう。

今夜の「第二夜」はボクが入社してからの時代が大部分になるでしょうから、
その意味ではその当時に内から見たものと今振り返って外から見たものとで
ギャップが生じている可能性が高いでしょう。
なので、素直な気持ちで観られるかどうかは怪しいです(笑)
まぁ、でもそれもまた今となっては楽しみと言えますかね。

 

なお、群馬テレビが映らない大部分の地域の人の中にも
この番組を観てみたいという人はいるでしょうけど、
他局で放送する予定はあるんでしょうかねぇ。

|

« いせさき駅前歯科と伊勢崎駅前インフォメーションセンター | トップページ | SUBARU 100周年 星団遥かなりの第二夜 »

コメント

ホント、全国ネットで放送してほしいです。
tvkならきっと放送してくれると、信じて待つことにします。

中の人の、中から見た第二夜の感想も楽しみにしています。

投稿: ぶらっと | 2017-04-27 23:41

>ぶらっとさん

そうですね。tvkなら可能性はあるかもしれないですね。
tvkの「クルマでいこう」は群馬テレビで放映されてますし。

第二夜の感想は今日の記事にしますかね。

投稿: JET | 2017-04-28 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/65202924

この記事へのトラックバック一覧です: SUBARU 100周年記念特別番組 星団遥かなり:

« いせさき駅前歯科と伊勢崎駅前インフォメーションセンター | トップページ | SUBARU 100周年 星団遥かなりの第二夜 »