« 4分の3 | トップページ | 手放し運転 »

辛っきし

B150924_01
寿がきや食品・寿がきやの
「赤から 名古屋名物 本家きしめん 辛さを極めたやみつきの旨さ」です.

こちらは生めんを使った商品なので
個人的にはこれをカップ麺というかどうか微妙な感覚がつきまといますけどね.
というのも,生めんの戻し(ほぐし)に熱湯使って,それを湯切りで捨てて,
さらにスープ用に熱湯を注ぐという行為が
電気ケトルを沸かす湯量との兼ね合いもあって面倒だし難儀だしね.
カップ麺という手軽なジャンクフードという個人的な定義からは外れちゃうんですよね.

まぁでも,これはこれで面白そうなので食べてみましょう.
何が面白そうなのかというと,そもそも きしめん というのは
戦国食として早く茹であがるように薄くしたという俗説があるくらいなので,
味付けなども含めて簡単に創れるにシンプルにしたものという概念があって,
だからこそ駅前・駅中の立ち食いでも重宝されということに繋がっていくのですが,
それを同じ名古屋めしでも対極にあるような
味噌煮込みうどんをイメージさせるようなものにアレンジしているのが面白いわけです.

まぁある意味邪道なのかもしれませんが…

 

で,当然ながら生めんなので油揚げ麺の湯戻しとは違って本物感はあります.
まぁ,カップ麺に本物感は求めていないのですが,
どうしてもカップ麺のうどん(きしめんも含まれる)は
太さやコシなどの点で物足りないものになりがちですが,
そこは生めんなのでそこそこのレベルにあります.

一方,生めんタイプの場合は得てして
(学校給食用)ソフトめんみたいになるのが多いのですが,
それほどブヨブヨした食感もなくまずまず きしめん らしさが表現されてます.
もともと きしめん は麺のコシとかを楽しむタイプのものでもないですしね.

味付けは当然辛いのですが,激辛ではなくほど良い辛さです.
じんわりヒリヒリ効いてくる辛さが心地よいですね.個人差あるでしょうけど.
赤みそ特有の香りや旨味もちゃっとあって,
それを油揚げと揚げ玉が吸い取って良いアクセントになってます.

これがお手軽な乾麺で作れれば高評価なんだけどねぇ.

|

« 4分の3 | トップページ | 手放し運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/62506639

この記事へのトラックバック一覧です: 辛っきし:

« 4分の3 | トップページ | 手放し運転 »