« 台湾よん | トップページ | 再TKN自動車 »

パーソナルスペース

通勤に使っている電車は東武8000系と言われるものらしいのですが,
詳しいことはよく分かりません.
そっち方面の趣味がないものですから(^_^;)

8000kseat ※画像はネットで拾ってきました.
車内はこのように横長のシートになっています.
いちおう,ひとり分のスペースを示すような柄がシートに付いていて,
それによると3人分と4人分に分けるようにポールが立てられていて
一列で7人が座れる設計になっているようです.

ただ,通勤で使うようになってすぐに分かったのですが,
ほとんどすべての人が2人・3人で座ることになります.
シート柄の通りに座ろうとするとたとえメタボ体型でない人でも
隣の席の人とくっついて座ることになってしまいます.

いくらローカル線と言えども
通勤通学時間帯となると全員が座れるわけではないのですが,
もう皆さん暗黙の了解みたいでこの「1人分抜き状態」で落ち着いてしまってます.
他人と密着し合って座るくらいなら立っていた方がマシという気になるんでしょう.
パーソナルスペースの方が大切ということなんでしょうね.

 
話は変わりまして,女性の方にはよく分からない話題となりますが…
職場の事務所の男子トイレは入口側に手洗い器が2つあり,
その奥に衝立を隔てて小便器が5つ設置されてます.
(ちなみに大用個室は3室です)

仮に奥から [ (A) (B) (C) (D) (E) | ○ ○ ⇔ ] としましょうか.
|:衝立 ○:手洗い器 ⇔:出入り口 です.

さて男性の皆さんはどこの小便器を使いますか?

先客がいなければ (A)か(E) が多いのではないでしょうか?
片側だけでもパーソナルスペースに侵入される可能性のない場所を選ぶのが
一般的な人の心理だと思います.
さっと入って用を足したいという思いがあると(E) が一番人気になるでしょうかね.

次に,仮に (E) に先客がいた場合はどうでしょうか?

気心の知れた友人なら(D) で話しかけながらというのもあるかもしれませんが,
そうでなければパーソナルスペースを確保するために (D) を避けるのが普通ですよね.
極々稀に (D) に寄ってくる人に遭遇しますが,
パーソナルスペースを侵害されて警戒するとか不快になるとかよりも
はっきり言ってこういう人は何考えてるのか分からないので“チョイ怖い”です.

けれどもそういう“チョイ怖い”人と違いますが,
(B) を選択する人が案外と多いんですね.
こういう人は“チョイ愚か”な人じゃないかとボクは思うんですよね.

と言うのも,この状態で次に3人目の人が来たらどうなるでしょうか.
2人目の人はせっかく (E) からパーソナルスペースを確保したのに
次に来た人が (A),(C) を選択したならその甲斐がなくなります.
たとえ3人目の人が (B) を選択すれば
2人目の人のパーソナルスペースは確保されますが,
1人目の人のパーソナルスペースは少なくなりますし,
そもそもいずれの場合でも3人目の人のパーソナルスペースは少なくなります.

つまり,2人目で (B) を選択する人は
先の事を考えられない愚かさ,そして他人のことを考えられない愚かさ,
二重の意味で“愚か”な人と言わざるを得ませんよね.

同様に,たとえ先客が誰もいなくても (B)や (D) を陣取るというのも
“愚か”な人ですね.
もちろん,4人目が来ればどんなパターンでも
パーソナルスペースは少なくなるわけですし,
5つあるのだから5人まではどこでも使えるというのが事実なんですけどね.
ただ,こういう「パーソナルスペースを確保したい」という心理は
誰でも自然に持っているわけですし,
そういうことを意識してない人,意識して行動できない人は…

まっ,目くじら立てて怒るほどに気にするまではないですが,
ボクにとってはチョイ苦手な人ですねぇ(-_-メ)

 

もっとも本来は便器の個数を偶数になるように
トイレを設計するのが正しいのではと思いますが…

|

« 台湾よん | トップページ | 再TKN自動車 »

コメント

トイレの小便器の数は、CADで並べて決めてるような…
夢がなくてすみません。

投稿: 並さん | 2015-09-05 10:07

>並さん

かの本田宗一郎はトイレの位置,トイレへの動線などなどにはかなり拘ったとか.
確かに重要な事であり,基礎的な事であるかと考えることしかり.

そういうことがちゃんと出来ている企業は違うのではないかと思うわけですが…

投稿: JET | 2015-09-05 18:28

気になるところですね。
私は隣に人が来たり、混雑して真後ろに立たれると緊張してなかなか用が済まないので、できれば端っこに行きたいものですが、
これに正反対の論理をぶつける本がありました。出来る人はトイレの小もコミュニケーションに利用する。などという論理で、わざとBやDを選ぶ(べ)というのですね。こっちとしては、トイレ位簡便してくれというところですが。。。

そういえば、小の足元の汚れ具合も場所選択の重要ポイントです。
案外利用頻度の高い端は汚れ度が高いように思います。

トイレの小をする時には、いつも跳の少ない便器のデザインを考えています。多分便器の足下を汚す人は、跳ね飛びが嫌で前に出ない人だと思うのです。なので、跳ね飛びしない便器があれば良いのになと思っているのです。一応アイデアは既にあるのですが、アイデアを持ち込む知り合いかコンペが無いので、未だ果たせずにいます。

投稿: HATTORI | 2015-09-07 15:33

>HATTORIさん

コミュニケーション論はおもしろいですが,ボクもそういうのは苦手ですねぇ.
相手に応じて適切な方法でアプローチしないとダメですよね.

飛び跳ねについては先日,某国営TV放送で取り上げていましたが,
12cm以内に近づけば飛び跳ねしないそうです.
なので小用専用便器では一歩前で普通にすれば飛び跳ねないことになりますね.
逆に様式便器では座るかよほどマヌケな恰好でしないかぎり確実に飛び散るということですが…(-_-;)

投稿: JET | 2015-09-07 21:06

おお、それは初耳です。近づく方が飛び散らないとは!!
目から鱗ですわ~。

投稿: HATTORI | 2015-09-08 09:18

>HATTORI さん

ガッテンしていただけたでしょうか(笑)

自分のコメント:(誤)様式 → (正)洋式 でしたorz

投稿: JET | 2015-09-08 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/61161829

この記事へのトラックバック一覧です: パーソナルスペース:

« 台湾よん | トップページ | 再TKN自動車 »