« 浅草東京 | トップページ | 慰労かい »

東京昭島

ちょいと野暮用で昭島のアウトドアヴィレッジというところへ出張してきました.
A150924_09 A150924_14 A150924_12
まぁ “野暮用” なんて誤魔化して書く必要は全くないんですけどね.
既にスバル・オフィシャルサイト等でも正式に告知されている
10月6日開催の「SUBARU新型SUV体感試乗会」のロケハンってわけですから.

新型って何だよという問いには答えられませんけど(笑)

それにしても,こんな場所にこんな施設が造られていたんですね.
知りませんでした.
都会なのか田舎(否か)なのか…(^_^;)
 

 
これだけじゃネタ的に弱いので(笑)

往路で道草して麺紀行もしてきましたよん.

A150924_08 A150924_06
熊谷市にある「蕎麦 藍」というお店です.
国道沿いから一本外れたところにありますが,
ゆったりした時の流れを覚えるなかなかいい感じの店構えです.

A150924_03 A150924_05
産地違いの二種類の蕎麦を楽しめる「二種せいろ」を
大盛りでお願いしたかったのですが,,,

どのメニューでも大盛りはやってないとのことでした.
店員さんのお薦めにより「せいろ」(¥810)と「小盛りせいろ」(¥530)を注文です.

最初に出てきた「せいろ」は群馬赤城産の新蕎麦とのこと.
確かに新蕎麦らしい若々しい香りを強く発散していて
見た目も若々しい緑の濃い蕎麦です.

細く揃ったエッジの立ったこの蕎麦は
シュンとしていながらも繊細で優しい食感のものでした.
香りに負けずエグミも強くて後に蕎麦の甘みが広がります.
とっても美味しいお蕎麦でした.
 

そして,次に出てきた「小盛りせいろ」は
一年熟成の茨城産&山形産のブレンド蕎麦粉だそうです.
やや黒みがかった茶色の蕎麦らしい色あいですね.

こちらは赤城産のに比べると若干太めでモチッとした食感のもの.
口に運んだ瞬間のエグミは柔らかですが,
その後にじわっと蕎麦らしい味わいが出てきます.

好対照の二種の蕎麦を堪能することができました.
甲乙つけがたくどちらも美味しくいただけましたよ.
ただ,美味しいだけに量的にはもう少しあると嬉しいかな…
というのは欲張りな要求ですかねorz

|

« 浅草東京 | トップページ | 慰労かい »

コメント

次回来られる予定があるのでしたら、麺紀行御一緒させて下さい。

投稿: misao | 2015-09-25 06:00

>misaoさん

10月6日には再訪する予定ですが,
終わり時間は未定です.

投稿: JET | 2015-09-25 06:23

そんなに遠く無いので、終了後に連絡頂いても時間は掛からないと思います。

投稿: misao | 2015-09-25 10:15

>misaoさん

了解.
では,お言葉に甘えることにします.

投稿: JET | 2015-09-26 07:55

今週ですが、何か御希望は有りますでしょうか。

軽く麺のみか、呑みを兼ねてか、近所の住人(茶ボ)を含めるか、含めないか、など、リクエストが有りましたらお願いします。

後、自分のTelは御存知でしたでしょうか。

投稿: misao | 2015-10-04 08:37

>misaoさん

mixiメッセージを送りました.

クルマでの移動となるので呑みは断念です.

投稿: JET | 2015-10-04 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/62330973

この記事へのトラックバック一覧です: 東京昭島:

« 浅草東京 | トップページ | 慰労かい »