« たまご | トップページ | ハイパーローラー »

電磁波障害

バイク通勤に使っているサーモン号こと KONA JAKE ですが,
以前話題にしたように どうもサイクルコンピュータの作動が安定しません.

この時は車輪速センサーのクリアランスを詰めて改善を試みて
ちょっとは改善したような感じを持っていたのですが,
それでも時々作動状況が怪しくなってます.

不思議なことに朝・出勤時はほぼ100%問題なしなのに
夜・帰宅時はたまにおかしくなるようですが,
夜間はサイコンの表示も見えないので正確な状況は把握できていません.
ただ,定時退社日などで夕暮れに帰宅するような状態では
明らかにサイコンがとち狂う状況を目の当たりにすることも多いです.

なんだろうなぁと思っていたのですが…
ある帰宅時に途中から薄暗くなってきたので最強LED(当時)を点灯させたら
途端にサイコンが怪しい表示になったのに気づきました.
もしや,LEDライトが電磁波放射していてサイコンが電磁波障害受けてるのか?

B150516_01

 
なーんだ,そういうことだったのね.

サーモン号に付けているサイコンはワイヤレスのものです.
確かにこの手のものはパソコンや液晶テレビなどの脇に置いただけで
暴走表示したり反応しなくなったりとおかしくなることは経験済みですし,
LEDライトもパルス変調による調光とかしていれば
それ相応の電磁波ノイズを発しているはずですから,
このような症状がでるのは不思議なことでもなんでもないですね.

臭いも雑音もそして電磁波ノイズも元から断つのが原則なんでしょうけど
LEDライトの回路を弄ってノイズ発生を抑えるなんてのは
ボクには完全お手上げな作業なので,
もっと簡単な対応策を考えてみましょう.

LEDライトとサイコンとの取り付け位置を変更して
その間の距離を離しましょうというだけです.
つまり,どらちもやや外側にづらして取り付けましょうということですね.

ただ,ライトは路面を照らすだけでなく対向車などからの視認性としても重要で,
それを考えると車体に対して左側に大きくオフセットするのは避けた方が良さそうなので
思い切ってサイコンとライトの位置関係を左右入れ替えて
右にライト,左にサイコンとすることに.

実は初めからそうしたかったのですが,購入時に
ショップで勝手にサイコンを右側に取り付けられちゃっていたので
面倒だしこのままでいいかと放置していたんですよね.

サイコン本体を左側に移すと同時に車速センサーも
フロントフォークの右側から左側に移設します.
が,ここで思わぬ落とし穴が…
サーモン号はディスクブレーキ採用ということもあって
フォーク内面からホイールスポークまでの隙間が左右同一ではなく
ディスクブレーキが付いている左側の方が大きいんですね.
なので,センサーとフォークとの間にさらにゴム板スペーサーを追加して
この余分な隙間を詰めなければなりませんでした.
(だから,ショップは右側に取り付けたのね)

B150516_02
という面倒もありましたが,
サイコンはバーテープの端まで左に寄せて取り付け,
ライトは気持ち右に寄せて取り付けてこんな感じにしました.

とりあえず,これで誤作動しなくなったようです.
ダメなら遮蔽版とかまで考えなきゃと思っていたけど
ともかく良かった良かった(^^)v

|

« たまご | トップページ | ハイパーローラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/61617000

この記事へのトラックバック一覧です: 電磁波障害:

« たまご | トップページ | ハイパーローラー »