« 青しそ塩らー | トップページ | 道路横断 »

通行帯違反

道路交通法 第20条の3にはこのように定められています.

車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項若しくは第34条第1項から第5項までの規定により道路の左側端、中央若しくは右側端に寄るとき、第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

他の条文もいっぱい出てきてそれらも参照しないとよーわからんでしょうけど,
最後のアンダーラインを付けた部分だけでも読んでもらえればと思います.
 

車両通行帯とは要するに車線のことで片側2車線以上ある道路のことを
「車両通行帯のある道路」といいます.
つまり,片側2車線以上ある道路で追い越しをする時は
ひとつ右側の車線に変更して追い越しをせよと決められているということです.

自動二輪車も自転車も車両ですし追い抜きする側もされる側も車両ですから
この法律に従わなければなりません.
ということで,片側2車線以上の道路で車道走行をしている自転車を追い越す場合も
たとえそのまま自転車の右脇のスペースが空いているからといっても
いちいち右側車線に車線変更をして追い越しをしなければ道交法違反になるわけです.

 

ついでに言うと,車両通行帯のある道路=片側2車線以上ある道路(区間)では
自転車は原則として第1通行帯=一番左側の車線しか走行してはいけません.
たとえ交差点直進したいのに手前が左折専用車線となっていたとしても
一番左側の左折専用車線を走って交差点を直進しなければなりません.
自転車の場合はそうしなければならず,そうしても違反になりません.

さらに,第1通行帯しか走ってはいけないけれども
第1通行帯の中なら左端に寄る必要はなく
真ん中でも右端でもどこでも走って良いことになっています.
自転車は道路の左端に寄って走るというのは
あくまでも車両通行帯のない道路=片側1車線以下の道路での規則ですからね.

なので,左折専用車線から直進する時は左折車(四輪車など)に巻き込まれないように
左折専用車線の中央から右寄りを走るのが正しく安全な方法となります.
もっとも左折専用車線が2車線以上あるとどうしようもなくなりますが.

 

こういうことは意外と多くの人が理解していないんですよね.
こういうことというのは,片側2車線以上の道路では
1)追い越しは必ず右側車線に車線変更して行なわなければならない.
2)自転車は左側車線内ならどこを走ってもよい.(左端に寄る必要はない)

という2点です.

まぁ現実的にボクがバイク(自転車)に乗る時でも
交差点手前の左折専用車線とか以外の片側2車線以上ある区間では
四輪車の邪魔になるようにわざと左側車線の真ん中を走るようなことはしませんし
四輪車が右側に車線変更せずに追い越しをしてもこちらに危険感さえなければ
目くじら立ててどうこうするつもりは毛頭ありませんが…

ただねぇ,警察関係車両が堂々と道交法違反をするのもどうかと思うわけですよ.

この場合,追越方法違反ではなく通行帯違反ということになり
普通自動車なら交通違反1点,反則金6千円です.

わざとこの警察関係車両の前で第1通行帯のど真ん中を
走ってみたらどうなるでしょうかねぇ.
ついこのあいだまで自転車で車道を走っていると拡声器で
「そこの自転車,歩道を走りなさい」なんて叫んでいた群馬県警ですから
かなり面白いというか面倒なことになりそうですけどね(爆)

ちなみに,停止車両に対しては追い越しということにはならないので,
信号待ちで停車している四輪車に対して
右からでも左からでも空いたスペースを通って自転車もしくは自動二輪車が
前に進むことはなんら問題ありませんからね.

|

« 青しそ塩らー | トップページ | 道路横断 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/61727506

この記事へのトラックバック一覧です: 通行帯違反:

« 青しそ塩らー | トップページ | 道路横断 »