« 再販 | トップページ | パトレーバー »

取り締まり強化?

6月1日の改正道路交通法施行から10日ほど過ぎました.
6月1日前後ではニュース番組などでも取り上げられていたので
なにやら自転車に対する取り締まりが強化されたらしい
ってなことぐらいは記憶している人が多いのではないでしょうか.

早速警察官が取り締まっている映像が流れたり
実際に取り締まりを受けてしまったりした人の話やらが出ていて,
中には停止線を越えて停止したために違反取り締まりを受けたとか
停止中にスマホ見たら取り締まりを受けたとか
ちょっとやり過ぎではないかと思われるような事例も出てきちゃってるようです.

が,少なくともボクのまわり,ここ群馬県内ではそんな何かが変わった感は皆無ですね.
警察官の取り締まり現場は一度もみかけないし,やってるという噂も聞かないし,
相変わらずでたらめ自転車運転が横行してますし.

ところで,今回の改正道交法について皆さんどこまで理解されているのでしょうかねぇ.
ニュース報道やネットなどでも間違った情報が溢れていますし,
本当に実態として取り締まり強化なのかどうなのかも正直あまりはっきりしていません.
ここらでちょっと整理してみたいと思います.

 
今回の改正ポイントをひとことで言うなら,
自転車運転者講習制度」というのが新たに出来たということです.
逆に言えばただそれだけのことです.

その「自転車運転講習制度」とは自転車で「危険行為」に該当する違反
反復して行なった者に対して講習の受講を命ずることができるという制度です.

危険行為」として14項目挙げられていますが,
それらは元々交通違反として道交法に規定されている項目ですから
ここで敢えて紹介しませんし,
今回の改正道交法で新たに違反とされたものでも罰則が強化されたものでもありません.
さも以前は違反でなかったものが今回違反ということになったかのような報道や
ネット書き込みを目にしますが,それについては全くウソです.

以前より信号無視も一時停止無視も逆走(車道右側走行)も徐行しないでの歩道走行も
すべて道交法違反でありそれぞれ罰則・罰金が決められています.

ちなみに,以前より酒酔い運転・酒気帯び運転も道交法違反であり
酒酔い運転には罰則・罰金がありますが酒気帯び運転には罰金・罰則はありません.
ここも当然今回も変わっていませんので,
酒気帯びでも罰金刑になるかのような一部の報道はウソです.

 

さて,“違反” とはどういうことを意味しているのでしょうか.
あたりまえですが自己申告ではありませんし,神様が見ているというものでもありません.
当局に違反として認定され確定され記録として残ったものが違反となります.

自転車運転には免許制度はないですし,
それだけが理由ではないでしょうが交通反則通告制度の適用外なので
交通反則切符=いわゆる青切符を切られることはありません.
今回の改正道交法でもそこはなんら変わっていません.

一部に今月から「自転車にも青切符」とか「青切符的なもの」とかの表現も見られますが,
そんなものはありませんし,また通称・黄切符とかいう自治体毎の活動である
「安全指導カード」とか「警告カード」などの類のものも法的意味を持たないので
“違反”の認定・確定・記録としては取り扱われません.

なので,“違反”とは告知票=赤切符そのものになります.
あるいは人身事故などの刑事事件としての送検となります.

巷に流れている「青切符(的)」も「黄切符」もウソです.
また「自転車は車両だから赤切符となる」は今回の改正道交法で変わったことではなく
以前からもずーとそうだったのであり,だから取り締まり強化ということではないのです.
ましてや「赤切符で前科者」とか脅し文句はウソではありませんが
そんなの自動車(クルマ)の運転で30km/hオーバーで捕まっても
人身事故などを起こしてしまっても同じで前科者となりますが,
それで実際に日常生活・社会生活になんらかの影響がでるのは
せいぜい執行猶予期間に当たっている人くらいなので,
「そんなの関係ねぇ」と開き直る必要はありませんが
人生が崩壊するようなそんなにビビる話ではありません.

 

では次に“反復する”とは具体的にどういうことでしょうか.
これは道交法に明記されているわけではありませんが,
今のところ警察庁では3年間に2回以上の“違反”という基準を示しているようです.
繰り返しになりますが“違反”とは赤切符です.

 

講習の受講”とは公安委員会が指定する期日に5700円払って3時間の講習を
受けなさいということで,受けないと罰則(5万円以下の罰金)となるということです.
 
5700円はあくまでも受講料なので罰金でも反則金でもありません.
反則金ではありませんので受講料を払ったからといって
“違反”の事実が帳消しにされるわけではありません.
もともと自転車は免許制度ではなく違反点数というものもありませんから
受講料を払っても講習を受講してもチャラになるわけではありません.

逆に言えば,受講を命ぜられた時点で赤切符を2枚も貰っているわけで,
講習の受講とは別に既にそれぞれ罰金を支払っている
もしくは今後支払わなければならない可能性があるということです.

さてさて,なんだか複雑になってきましたねぇ.
実際には自転車運転者に対して赤切符を切らなければ今回の改正道交法の定めた
「自転車運転者講習制度」は意味をなさないのですが,
そもそも赤切符を切っているなら以前からの道交法でも罰金を命ずることはできるので
だったら取り締まり強化になっていないのではないか? という疑問がでてくるのです.

一体どういうことなんでしょうか?
実際にはどんな運用がなされ具体的にどんな影響がでてくるのでしょうか?
法律ってのは案外曖昧で運用の仕方によってはどうにでもなってくる側面があるから
これからどうなるのかは暫く見守るしかないとも思えますが,
もう少し考えてみましょう.

 

まず,今までも今でも自転車は車両であり交通違反=道交法違反をすれば
取り締まりの対象となりますしその際は赤切符の対象となります.
ちなみに,歩行者だって交通違反すれば赤切符の対象です.
ただ,自動車・自動二輪・原付などの免許制度のある「交通反則通告制度」のように
その場で青切符を切られても反則金を納めれば裁判もなく刑罰(罰金)もないという
便利な(?)制度対象外なので,いきなり赤切符となります.

“便利な”というのは一見我々運転者にとって便利そうですが
実は当局にとっての“便利”であって,
つまり裁判の時間と手間を省略できて反則金をホイホイと集められるからですね.

一方で自転車はいきなり赤切符なのでそういうわけにはいきませんから,
本来はひとつひとつ裁判して刑罰を決めなければなりません.
それではホイホイと取り締まれないし取り締まってもそのあとの処理が進みません.
いちおう,自転車運転で赤切符をもらったら簡易裁判所(交通裁判所)へ出頭して
「ハイハイ」と従順にしていると(笑)ほとんどの場合は起訴猶予処分となるようです.
つまり違反したのは事実であっても社会的にみて
そんな細かいことでいちいち犯罪としないで罰則もなく前科ともしない
という判断が下されるということです.
もちろん,どうみても悪質な場合や他人に危害を加えるような場合は別ですが.

この判断は取り締まる側の警察ではなく司法の側ですから
それなりに常識的というか社会通念にも照らし合わせた判断となるわけです.
ですから,停止線を少し越えてしまったとか,停車中にスマホを見たとかで
赤切符を切られたからといってその事実をもってしても刑罰の対象にはしないのです.
ただし,起訴猶予処分といっても無罪ではないですから前歴としては残ります.

じゃぁ,赤切符を切られたこと自体を不服として,
つまり違反をした事実を否認するとどうなるでしょうか?
うーん,ボクもよく分からないのですが裁判で争うことになるんでしょうねぇ.
そうなるとどっちも(運転者も警察も)面倒くさくなりますねぇ.
停止線を少しオーバーしたとか停止中にスマホみたとかで裁判で争っても
客観的証拠はほとんどないでしょうし
例え警察が勝ってもどのみち起訴猶予処分ですからねぇ.
だからおそらく警察はそのまま放置でしょう.
(そんなケースが増えればみせしめ的に一部は裁判に持ち込むのかも)

ということはですよ,
今回の「自転車運転者講習制度」ってのは取り締まりを強化しますよ~というアピールと
赤切符を切っても起訴猶予処分で実質なんのお咎めがない人に対して
講習を受けさせることができる,
つまりなんだか面倒くさいなと思わせることが狙いということなんでしょうね.

ここは定かではありませんが,
赤切符を切られてもそれを不服として否認していれば
おそらく“違反”は確定していないからカウントされないので
3年間に2回以上でも講習の受講は命じられないはずです.
取り締まりのための取り締まり,見せしめ的な理不尽な取り締まり,
こんな場合は赤切符を不服として認めないのもひとつの手かもね.

ただ,逆走自転車,歩道暴走自転車は徹底的に赤切符でよろしい.
そういう意味で今回の取り締まり強化(?)の動きは基本的には賛成の立場ですよ.

|

« 再販 | トップページ | パトレーバー »

コメント

その通りですね。
赤キップが気に入らないと否認すると、自動的に検察から呼び出されます。
そこで争わないと、普通に処分のコース。
争うと訴訟になるか、不起訴になるか。
でも、今までもそうですが裁判所から無罪判決がでても違反切符の場合は行政処分ですから、撤回されない可能性もあります。その場合は撤回しろ!という訴訟を起こさねばなりません。
前科=刑事裁判、反則金、点数=行政処分。
ここらを考えないといけないのが、超面倒ですね。

という自分はゴールドホルダーです。

投稿: 並さん | 2015-06-10 13:58

>並さん

ボクはブルーです.

ゴールドだったのは遥か太古(^_^;)

投稿: JET | 2015-06-10 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/61718113

この記事へのトラックバック一覧です: 取り締まり強化?:

« 再販 | トップページ | パトレーバー »