« ちゃんとポンと | トップページ | おもらし »

スローパンク

ここのところずーと上州空っ風=赤城颪が強い日ばかりで
なかなかバイク通勤できずにいました.
なんせ天気予報で平均5m/s(18km/h)を超える北西の風では
完全に向かい風になる帰りはなかなか前に進んでくれませんからねぇ.
ボクはどMな性格でもありませんしね(^_^;)

ところが本日はほほ無風,降水確率も低くて雨・雪の心配なし.
なのに明日からは天気下り坂.
さらに,本日はウルトラ定時退社日で帰社時の道路は大渋滞だし
電車も混んでて座れない確率高いのだけど,
バイクならストレス要らずで走れちゃう.

早朝は-3゜Cとそれなりに厳しく冷えてたけど
今日バイク通勤せずに何時するの?
ってなぐらいのバイク通勤日和です.

で・す・がっ!

通勤バイクのサーモン号ことコナ・ジェイクの後輪を押してみると
案の定ちょっとばかり柔らかいのですよ.
柔らかいとは空気圧が足りないということでして
“案の定”とは…

B150111_02
数日前にサーモン号をチェックしたら後輪の空気がほとんど抜けていたんです.

そんで,チューブを外して洗面台に張った水の中に入れて
パンク穴を探したんですけど全然見つからず,
結局そのまま組み直して空気入れて様子見というか放置していたんです.


結局,数日間かけて徐々に空気が抜けていくスローパンクチャーであることは
ほぼ確定となったわけで,
まぁこのまま会社の1往復ぐらいはなんとかなりそうな気もするし,
帰宅時に空気の抜けが気になるようなら
ちょこちょこっとポンプで継ぎ足しで加圧してやればいいし,
最悪ペッタンコになったらその時は予備のチューブに交換すればいいだけのことですが,
でもやっぱり道端の暗闇でそんなことするリスクはなるべく避けたいのも本音です.

というわけで,出勤前に新品チューブへ交換.
サーモン号に付けているタイヤは外すのも嵌めるのも結構簡単な方なので
サクサクっとものの15分くらいでチューブ交換完了.

 

てなわけで,行も帰りも無事に通勤できました.
何かドラマチックな展開を期待してた人には残念な結果ですいませんね(^_^;)

 

B150114_01 B150114_02
ところで,スローパンクしていた問題のチューブ.
このままではもちろん再使用できませんし,
かといってそのまま捨ててしまうのはもったいない.

なので,もう一度みしめてパンク穴探しをしてみました.

30分近くかけてチューブを握ったり曲げたり捻ったりしながら
じっくりと丹念に調べた結果,やっと見つけましたよ.

およそ3秒につき ほんとに小さな仁丹くらいの一泡が出てくるような
そんな小さな小さな穴でした.

穴さえ見つかれば後は簡単です.
いつものようにパッチして修理完了です.
これを予備チューブとして携帯しましょうかね.

|

« ちゃんとポンと | トップページ | おもらし »

コメント

良く見つけましたね!
私も先日まで似たような症状があったのです。
1日で10%程度抜けるので、数回のポンピングを毎日しておりました。
チューブを外して探してみましたが、泡は確認できず、目視で見てゆくと、以前のパンク修理のパッチにまた裂け目ができておりました。その裂け目を狙って泡を確認しようと試みましたが、どんなにやっても泡が確認できませんでした。
まあ、ここに違いないということで、普通無いのでしょうが、パッチの上からまたパッチしてやったところ、スローパンクチャーの症状がまったく無くなりました。
ところで、今一本のタイヤで7000キロを超えてきています。所々表面の亀裂もあるにはあるのですが、溝は未だある状態です。もう少し引っ張ってやろうかと考えていますが、JET-LOGさんは、何キロ位/どの位の期間、使いますか?それともやっぱり状態を見て判断していますか?

投稿: HATTORI | 2015-01-15 11:37

>HATTORIさん

ボクの場合は今まで7000kmなんて長距離を保ったタイヤはないですね.
その前にバーストしたり経時劣化したりで寿命になってます.
他のタイヤが良さそうだなんて浮気心で替えちゃった場合もありますし.
まぁでも定期的に余裕を持って交換するというタイプでもないので,
気に入っているタイヤは見た目でよほどヤバイことにならなければ使い続けると思いますけどね.

投稿: JET | 2015-01-15 20:57

パナのチューブ(普通のヤツ)って抜けるし、スローパンクチャしちゃうし、バルブの接着箇所も弱いと思うんですよねぇ。シュワルベのチューブにしたら、ほとんど抜けないし、1年以上スローパンクチャも無し。値段もパナより安いです(Amazon扱いあり)。

投稿: junk | 2015-01-16 07:02

>junkさん

パンクしたチューブ=ショップで最初から組まれていたチューブは
チェンシンの台湾製のもので,SUPER-THINと書かれてました.
別にブランドがどうこうとか製造国がどうこうとは言いませんが,
というか今やほとんどが台湾製ですし…
“超薄”ってのはレースするわけじゃないんだからありえへん選択ですね.
ちょっと調べても厚さは分かりませんでしたが,おそらく0.6mm以下でしょう.

パナのもレース用はそのくらいですが,耐久性重視のはもっと厚いので

シュワルベとそんなに大きな差はないのかなと思ってます.

で,交換したチューブはブリヂストンのディスタンザで0.8mm厚のです.
これはサーモン号を買った時にサービスで付けてもらった予備チューブで
あまり深く考えずにそのまま交換しちゃいました.
 
また頻繁にパンクするようなら高耐久のチューブにしないといけませんね.

投稿: JET | 2015-01-16 18:57

チューブは、私もパナだったんですよね。もう、JETさんと同じで、Amazonシュワルベ2本セット(簡易パック)を買い、スペアとして持ち歩いています。

タイヤの事、
そうですか、私の場合、交換1年で7000キロなので、経時的な劣化というより、実際乗って摩耗した分だけだとは思いますが。。。
タイヤもパナです。パナは全部ダメというわけでも無いのかな。パセラブラックス 1・ 1/3です。これはママチャリのリムで細めのタイヤを履くための唯一の選択のようなので、変えようがない(700Cに改造する位なら車体ごとロードに変えるかと)ですが、ブラックスはタイヤのサイドが強化されている分重いですけど、耐久性には貢献しているのかもしれません。

いずれにしても、手さぐりですね。いっそ1万キロ目指してみます!?

投稿: HATTORI | 2015-01-16 19:52

>HATTORIさん

やはり通勤用の自転車となると耐パンク性,耐久性,経済性とどれも妥協できないので悩み処ですね.
もちろん走行性能(軽さや乗り心地)も大切ですけどね.
 
ボクはパナに対する信頼はあるので次の機会があれば
パナの高耐久のチューブにしようかなと思ってます.
それで1万km達成できると良いんですけどね.

投稿: JET | 2015-01-16 20:04

ママチャリがパンクしたきり乗ってない挙句、「えー!?パンクって自分で直せるんですかー!!??」って言ってのけたウチの2年生看護師(男)に飲ませるんでください、JETさんの爪の垢w

投稿: とがし | 2015-01-23 21:05

>とがしさん

>>ウチの2年生看護師(男)

エェッーーー!
もうそんな立派な人になっていらっしゃるんですね.

まぁ,たとえ自転車でもパンク修理を自分でする人間は
今の日本では少数派なんでしょうね.
それが普通の,いわゆる一般的な感覚なんだと思いますよ.

投稿: JET | 2015-01-23 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/60974363

この記事へのトラックバック一覧です: スローパンク:

« ちゃんとポンと | トップページ | おもらし »