« 技術戦略 | トップページ | 焼きそば祭り »

日光そば祭り

A141123_03 A141123_07 A141123_42
最近「そば祭り」とかなんとか麺食いイベント荒らし(?)づいているので
本日も日光までモタックス(ヤマハ WR250X)で行ってきました.

紅葉狩りの季節の三連休中日しかも天気は上々とくれば日光周辺は大渋滞…
なのでモタックスで来て正解でした.
渋滞すり抜け出来るし,会場の駐車場には停められるわで助かりましたよ.

ちなみに左の画像は「神橋」ですね.

ちなみに ちなみに,右の画像は“W”と“X”の比較展示の図(笑)
帰り側にこんなになってただけなんですけどね.

 

A141123_09
んで,この「そば祭り」.今までの中では一番スケールがデカいかな.
会場も幾つにも分かれていて…ここには蕎麦はありませんでした.
蕎麦を食べられるのは国道を高架橋で渡った向かいの「第二会場」でしたorz

A141123_13 A141123_14 A141123_15
ともかく,先ずド初っ端は日光市の蕎麦から食べてみましょうということで
「手打ちそば 日光の庄」という出店を目指します.
それなりに並んで・待って,一食目をゲット.
もりを¥500なり.

中太ですが丁寧に打たれて切られた感じの漂う至極真面目な蕎麦ってな雰囲気です.
実際に食べてみても実直な感じが伝わってきてとっても美味しかったです.
特にそば汁の香りとじわじわと味わえる出汁の旨味が印象的でしたね.

A141123_17 A141123_18 A141123_20
次は「浅野屋 茂兵衛」でこれまた¥500.
つなぎに布海苔を使ったヘギ蕎麦.
っててっきり新潟からの出店だと思い込んでいたけど,
実際には小山市からの出店でしたorz

普通のへぎ蕎麦より布海苔増量とのことで
確かに通常の蕎麦とは全く異なるツルツル・キレキレの食感の蕎麦でした.
ただ蕎麦らしくない感じもしますね.
まっ,こんな人混みの中で忙しなく食べるものに「蕎麦らしい」も何も無いですけど(汗)

A141123_22 A141123_25 A141123_26 A141123_28
そして三軒目の「信州 ぼくち蕎麦 石田屋一徹」.
もりそばは無かったので「ぶっかけ」(¥500)にしました.

つなぎに「オヤマボクチ」という植物の葉の繊維質を使っているとのことで,
「鉄腕!DASH」にも紹介されたらしく,
それ故か否かかなりの待ち列となってしまってました.

とってもコシが強くそれでいて香りも味も蕎麦らしさが際立っていて
とっても美味しいお蕎麦でした.
ただ,ぶっかけの汁は市販の汁みたく凡庸でそれだけが残念でしたね
そば湯がとってもまったり美味しかったのでチャラですけど…

A141123_32 A141123_35 A141123_36
既にお腹いっぱいな状態でしたが,
最後にオマケで麺ではないものに手を出してしまいました.

「玄屋 いし川」となっていますが実態は
「COULIS ROUGE」(クーリ・ルージュ)という
宇都宮のフレンチレストラン提供の「そば粉のガレット」(¥500).

ハムとチーズをそば粉ベースのクレープで包み焼きしたものですね.
ちょっぴり蕎麦の苦みを感じさせつつカリッと焼いた蕎麦クレープと
濃厚なチーズ&ハムの旨味の組み合わせは案外とイケます.

A141123_39
と,そんなわけで,(どんなわけ?)
紅葉狩りも含めてお腹も気分ももう十分堪能させていただきました.
ご馳走様です(*^。^*)

|

« 技術戦略 | トップページ | 焼きそば祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/60672711

この記事へのトラックバック一覧です: 日光そば祭り:

« 技術戦略 | トップページ | 焼きそば祭り »