« MPS研究会 | トップページ | 親湯 »

ペインクリニック

A140822_05
早速行ってみました,会社を休んで.
昨日の日記に書いたMPS研究会事務局にもなっている病院です.

なかなか立派な建物の病院です.
しかも,駐車場がだだっ広い.そしてそこに駐車してあるのは…

A140822_06 A140822_03 A140822_02
ベンツ2台はさておいても,ハマーとかキャンピングカーとか,
長大なトレーラーハウスは何モン?
106も初代エランも患者さんのクルマって感じじゃないし(驚)
 ※画像では分かりませんがエランの下にはオイル受けトレイが置いてあった.

ちょっと違う意味で怪しい病院ですが,とりあえず診察してもらってきました.


で,ほぼ全て良い意味で予想通りとなりました.
 MPSです.痛みの悪循環です.
 両脚の痛みとギックリ腰も関連大.
 自転車は大いに結構.長時間座っているのが良くない(痛くない時).

唯一新しく知ったことは,筋膜同士の癒着が起こっていてそれも痛みの原因とのこと.
具体的には大腿四頭筋のうち一番外側(前側)の大腿直筋と
その奥にある中間広筋の筋膜(筋肉の外側を束ねている膜)同士が
滑りにくくなっているとのことです.

ということで,先ずはじっとしていても押すと強い痛みが残っている箇所
(ここをトリガーポイントと言います)に麻酔を打って
痛みの悪循環を断ちましょうという治療を受けました.
トリガーポイント注射(神経ブロック注射)ですね.
麻酔薬だけでなく名前は覚えられませんでしたが
筋膜の滑りを良くする液も注入なんだそうです.

それにしても,「痛いのはココですか?」と
まっ先に押された場所は仰け反るくらい痛い点で,
そこを見ただけで一発で当てるというのはさすがプロですかね.

今日は3箇所注射を打たれました.
トリガーポイントはもっとたくさんあるのですが,
全部一度にやるわけにはいかないのでしょうし
ボク自身としてもトリガーポイント注射だけで治そうとも思ってないですからね.

さらに,無料でマッサージしてあげるというので,
その筋膜の癒着を解いていくことを狙いに軽くマッサージしてもらいました.
けど,帰路についてから揉み返しのような痛みに襲われてしまいました(~_~メ)

まぁ,それでも全体的には随分と痛みは和らいだ感じかな.
長い目でみないと分かりませんけどね.

 

おまけ画像.
C140822_02
事前にこの病院の場所をグーグル・ストリートビューで確認していたら…
2年前の画像ではロメオ147後期型が停まってました(笑)

C140822_01
さらに,100mほど手前の道路脇にはバルケッタが停まってましたが,
2年後の今日も全く同じ場所に同じ向きで,,,写真撮れなかったのが残念.

|

« MPS研究会 | トップページ | 親湯 »

コメント

106と初代エランの所有者は同一人物のお医者さんだと思います。
先日ですが、知り合いが群馬県の初代エランを所有するお医者さんに、106を納車してました。

投稿: misao | 2014-08-23 07:27

>misaoさん

なんと! 世間は狭い.
というか,狭い世間で生きているということかな?

今度機会があればそれとなく話を持ち出してみようかな?
って誰に?

投稿: JET | 2014-08-23 18:30

まぁなんというか症状に名前が付いているのは少し安心感?がね。ご慈愛ください(^^)/
ちなみに私は先ごろ156v6から147GTAに乗り換えましたw

投稿: でる8 | 2014-08-24 05:32

>でる8さん

まぁ発症すれば日常生活にも支障があるわけですが,
命に別状はないことははっきりしたわけですから
その点では安心感はありますかね.

で,147GTAですかっ.
やはりアルファのV6は良いですなぁ.
4Cもあのエンジンの方が魅力的と思えるんですけどね.

投稿: JET | 2014-08-24 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/60191299

この記事へのトラックバック一覧です: ペインクリニック:

« MPS研究会 | トップページ | 親湯 »