« 魔女の惨撃 | トップページ | アンシンメトリカル »

ガラスの筋肉

ぎっくり腰はほんの少し快方に向かいだしたかなという程度で
相変わらず何をするにも痛みに耐えつつ超スローで動くしかない状態です.

前日も「ぶり返し」という言葉を使いましたが,
同じ腰でも痛みの場所は最初/2回目/3回目と明確に違う部位なので
正確にはぶり返しているわけではなく「ぎっくり」連発しているということになります.

何も重い物を持ち上げようとして一瞬にして“ギックリ”となったわけではなく,
なんとなく腰が重いから“ぐぅ~”と鈍痛が押し寄せてくるようになり動けなくなる
というパターンなので,「ぎぐぅ~り腰」といいたい症状なんですよね.

どうしてこんなことになるのか…そもそも「ぎっくり腰」って何が原因なんでしょうか?


いちおう,ぎっくり腰とは急性腰痛症のことですが,
一般的にはヘルニアや内臓疾患に起因するものとは分離して
急性の筋・筋膜性腰痛,つまり腰部の筋肉が肉離れの状態,
あるいは靭帯が捻挫した状態になることのようです.
じゃぁどうして肉離れや捻挫になるのかというと,
これが正確には解明されてないんだそうです.

ただ,筋肉疲労が蓄積されていってある時その負荷の許容量を超えてしまうと
発症すると一般的には考えられているようです.
非常に重い物を持ち上げようとしたときになるぎっくり腰は
一発の負荷が大きく一気に許容量を超えるのに対し,
洗面台で屈んだりくしゃみしたりした拍子にぎっくり腰になるのは
その前までの疲労の蓄積がかなり多かったということになるんでしょうね.

そして,その疲労の蓄積にもいくつもの要因があって,
1)運動不足,2)座り姿勢が多い(デスクワークが多い),3)姿勢が悪い,
4)冷え症,5)ストレス,6)筋肉の酷使,7)筋肉の損傷
などが挙げられるそうです.
7)の筋肉の損傷は,一度肉離れなどで損傷するとしばらく治るまでは
その周囲の筋肉に負担がかかることになりそこに疲労が蓄積されることになります.

これって,ほとんど全て当てはまりますなぁ.運動不足ってのは微妙ですが.
それに7)の理屈からすれば連続ぎっくり腰ってのもあり得ることですし,
一説にはぎっくり腰などからの完全治癒は数年かかるとも言われてますから,
前回2年前のぎっくり腰もちゃんと治していなかったということなのかも知れません.

ところで,ここまで分かってくると,,,なんとなく気がつきました.
なんだか,原因不明の両脚の疼痛と似てるなぁと.
あれもこれといった大きなきっかけなしに発症するし,
ゆっくりした肉離れの症状だし,
冷え症やストレスなど血行障害と関係ありそうだし,,,

結局,両脚も腰も同じことで,ボクの身体はガラスの筋肉ってことか.
そうなってしまったのはボク自身に責任があるのかも知れないけれど…

|

« 魔女の惨撃 | トップページ | アンシンメトリカル »

コメント

マットレスの質を変えてみる、掛けている毛布や掛け布団を軽くて保温性の良い物に変えてみるのは如何でしょう。

投稿: siro | 2014-03-16 21:53

>siroさん

どうもありがとうございます.

いちおう,マットレスはかなり硬めのものを使ってます.
https://www.cainzhome-online.com/cms/preview.php?pre_no=793
敷布団もなしでコレ+ペラペラの起毛敷パッドだけです.
落ち込みもヘタリも感じず良い感じだと思ってます.

掛け布団もかなり軽いの+毛布という組み合わせなんですけどねぇ.

冷え症なのと過緊張する癖があるのがダメなんかなぁ.

投稿: JET | 2014-03-17 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/59302494

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの筋肉:

« 魔女の惨撃 | トップページ | アンシンメトリカル »