« 粉鮭が届いた! | トップページ | サーモン号 »

暫定対策

新しい通勤用自転車が届きましたが,
実践投入にはいま暫く時間がかかりますし,
もともとコメットさんも併用するつもりでいますので,
先日破断したコメットさんのシートクランプのボルトを暫定対策しました.

B140125_03
手元にあった汎用のボルト&ナットで使えそうなのを見繕ってみました.

ただ,このままではサドルがいつの間にか徐々に下がる症状は改善されず,
それを少しでもマシにするために力まかせに締め上げるだけでは
またボルトの破断を招いてしまう可能性が高いので,
そちらの方の改善も試みてみました.

といっても,単にシートポストを一度引き抜いて
シートポスト外側とシートチューブ内側を清掃&脱脂しただけですけど.
一度シートポストをマッドブラックに塗装したこともあり
その塗料が悪さをしていることも考えられますからね.
さらに,シートチューブの上端のバリ取りの意味で軽くヤスリ掛けもしました.
本当はシートチューブの内面の真円度を出すために
専用のリーマー掛けすると良いらしいのですが,
さすがにそれは面倒&高額なので諦めました.

B140125_04_2
こんな感じでボルトが長過ぎですが,
暫くはこれで様子をみようと思います.

これでサドルのずり下がりが再発しなければ,
ボルトの長さを短く切り詰めるなりなんなりして恒久対策としますが,
再発するようなら別の方法で根本対策をしなくてはならないですね.

 

ただ,この固定方法だとボルトには回り止めがないので
ボルト頭をアーレンキーで押さえつつナットをスパナ等を回さないといけないので,
今の車載工具では途中で調整することが出来ないんですよね.
なので,どのみち何か良い恒久対策を講じた方が良いってことなんですねぇ.

|

« 粉鮭が届いた! | トップページ | サーモン号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/59007314

この記事へのトラックバック一覧です: 暫定対策:

« 粉鮭が届いた! | トップページ | サーモン号 »