« 備えあれば | トップページ | 辛党? »

二本線

路側帯,ってのは歩道のない道路の端に引いてある線の外側の部分のことですが,
実はその路側帯って3種類あるんですよね.

1つは一番よくある一本の白い実線が引いてあるだけの何の変哲もない路側帯.
路側帯は車両の通行は禁止されてますが,駐停車はOKです.
 ※ただし,左側に0.75m以上の空間を空ける必要があるので実質難しいですが
また,自転車などの軽車両は通行することが許可されてます.
 しかも,なんと相方向通行可! 道路右側の路側帯も通行できちゃいます.
 というのはこのブログでも何度か紹介してますが,
 それは危険だし,誤解の元だし,ということでもうすぐ法改正されて,
 自転車など軽車両は左側の路側帯しか走れなくなります.
 (2013年12月1日より改正道交法が施行され,路側帯も右側通行禁止となりました)

2つめは,一本の白い実線の外側に白い破線がもう一本引かれている路側帯です.
これは「駐停車禁止路側帯」と言われるもので,
文字通り車両の駐停車ができない路側帯です.
この道路が駐停車禁止なのではなく,
路側帯部分に入って駐停車してはいけないという意味です.
自転車など軽車両はこの路側帯内を通行することは許されてますが,
(おそらく)自転車でもこの路側帯内に駐停車することはできないと解釈されます.

3つめは,これが本日のお題ですが,
二本の白い実線が引かれている路側帯です.
これは「歩行者専用路側帯」と言われるもので,
文字通り歩行者以外は通行・進入できない路側帯です.
なので,駐停車禁止だし,軽車両も通行できません.

でも,こういう二本線の路側帯があることは知識として知っていましたが,
実際に意識して目撃したことが今までなかったです.
そもそも,どこでも自歩道(自転車通行可の歩道)にしちゃって
とにかく自転車は車道よりも歩道を走らせようとする意図が見え見えの群馬県にあって,
自転車を車道しか走れなくする歩行者専用路側帯を設置するなんて
想像すらしたことのないものです.

がっ,しかし!

なんと自転車通勤ルートの途中にありました!

A130909_01
いや~感動です(笑)

にしても,ここを歩行者専用路側帯にした意図はなんなのでしょうかねぇ.
全く想像ができません.
まさか,たまたま二本引いちゃったとか,
引きなおすときに前の消さなかったとかじゃないよね.
と訝しく思いながらもいつもこの路肩には入らないように
自転車で車道を走ってます(^_^;)

A130909_02
この人,けっこう微妙なところを走っていますが,
一般的な解釈では白線上は路側帯扱いですから
立派な道路交通法違反の犯罪者ですね(笑)

|

« 備えあれば | トップページ | 辛党? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83269/58092461

この記事へのトラックバック一覧です: 二本線:

« 備えあれば | トップページ | 辛党? »